無様と生き様

こんばんは木村です。
 
 
現代のサムライを気取る僕には敏感になる言葉です。
 
 
ぶざま【無様・不様】
 
 
体裁が悪いこと。みっともないこと。
 
 
先日の新年会で尊敬する経営者の方に言われた言葉…
 
 
「泥水をすすれ」
 
 
本来は違うんですが、僕的に言えばカッコつけず目標を達成するために耐え忍べ。そんな意味でしょうか。
 
 
深い言葉ですね。
 
 
思い返せば、確かに物事は一瞬では勝敗がつかないし、目の前の事にこだわり、囚われ過ぎるなってことなんでしょうね。
 
 
たとえ無様なようでも、カッコ悪くとも一つの事をやり抜く気持ちを持つって、僕らの仕事でも相通ずるものがありますね。
 
 
「ダサくてもカッコ悪くてもいいから、ダウンしても必ず立つ。立ち上がれば、無様じゃなくてそれが生き様に変わる」
 
  
僕が大好きなアーティストで、元BOOWY「氷室京介」の言葉。
 
 
まさに、この言葉は全ての事柄に相通ずると思います。
 
 
最近までカッコつけてたんで、フンドシ締め直したいと思います。