「THE・サ・シ・ノ・ミ」@思い込み

こんばんは木村です。
 
 
昨夜は新たな一歩を踏み出す「THE・サ・シ・ノ・ミ」ところが…待ち合わせ時間に送れる失態。。。
 
 
スイマセンと誤りつつの乾杯。
 
 

 
 
遅れた理由も聞かれませんでした。心の広い先輩で良かったです笑
 
サムライなら切腹ものっ!笑
 
 
だいたいのことは後に理由を聞けば、納得する。
 
 
僕も過去に、待ち合わせ相手が約束の時間に来ないとき、遅れた理由も聞かず、「思い込み」で約束の時間に来なかったことに腹を立てた経験があります。
 
 
その思い込みで人は気分が良くなったり、嫌な気持ちになったりしますよね。
 
 
待ち合わせ時間に遅れた=結果であり、遅れた理由の背景を考えること、大切ですよね。
 
 
 
 
例えば、新幹線に乗ったところ、まだ小さなお子さんが左右の窓から見える景色を見てハシャいでます。新幹線の乗客は半数くらい。他の乗客も少し迷惑そうな眼差し…
 
そのお子さんの近くには父親がいますが、物静かに時より注意する程度。
 
 
ここまで読んで、もし自分が乗客だったら、お子さんや父親にどんな印象や感情を持ちますか?
 
 

子供が騒ぐのが収まりそうにないので、その男性に「お子さんが少し騒がしいようなので注意してもらえませんか?」と伝えました。
 
その男性は「すみません…実は妻が亡くなり、これから妻の実家に行く途中で、この子はまだそんなことも分からずに無邪気にはしゃいでいるので、不憫で…
 
 
そう言われ、黙って席に戻りました。
 
 
ここまで読んで、お子さんや父親にどんな印象や感情を持ちましたか?
 
 
ほとんどが最初とは違う印象や感情を持ったと思います。
 
 
相手の行動には背景があり、背景が変われば、意味も変わります。
 
 
10年前の僕は相手の背景を考えず、自分が勝手に感じた印象で、よし悪しを決めてましたね恥ずかしながら。。。
 
 
さすがに今は理解するよう心がけてますし、相手にちゃんと聞けば理解できる事ってすごく多いんじゃないですかね。
 
 
僕らの仕事も同じことで相手の背景を考え、接することが「本当の手あて」なんでしょうね。
そんな意味でセラピストって自分の心が施術に反映されると感じてます。
 
 
改めて、1日1ミリは必ず進むことを心がけてる今日このごろ。
 
 
1ミリ…少くなっっ!!って思った方。
 
 

広い心を持ちましょう笑