セラピストの分岐点

こんばんは木村です。
 
 
今宵は体中の細胞が格闘しているようです。
 
 
今更、、、花粉症なんでしょうか。。。
 
 
先日、施術中で合谷を触れていた時、お客様から質問されました。
 
 
 
 

 
 
 
 
「これって、今なにやってるんですか?」の質問。
 
 
ひと通り説明し、実践して痛みが無くなって納得していただきました。
 
 
医療に携わる、お客様だったので興味があったんでしょうし、不思議なんでしょうね。
 
 
触ってっるだけで痛みが無くなっていくことが。
 
 
むしろ初めての場合は不安なんだと思います。
 
 
痛い部分と関係なさそうなところを触って静止すること数十秒…
 
 
そんなこと繰り返しますので…
 
 
 
 
「オォーイ!こらっ!!そんなんで効くんかい!」
 
 
 
 

 
 
 
 
そんな心の叫びが伝わってきますw
 
 

何でもそうですが、他の人つ違うことを行うと最初は認知、理解されにくいもの。
 
 
気持ちいい施術も大切ですが僕らセラピストが「何に軸足をおくのか?」
 
 
癒やしなのか、不調改善なのか、そこで道は別れます。
 
 
両方、出来れば一番良いんですけどね。
 
 
僕は基本、お客様が訴える症状や慢性的な不調を緩和し、笑顔で感謝された時に喜びを感じます。
 
 
TVの一コマような青臭いセリフですが、これが無ければセラピストなんて辞めてますね本当に。
 
 
自分の身体も痛みますし、自分の時間を削り、次回の効果を上げるかを検討したり…
 
 
施術の効果がイマイチの時なんか…
 
 
当然ですが凹みますし。。。
 
 
ココロの底から感謝されるって、意外と難しいと思うんですよ日常で。
 
 
だからこそ、自分の立ち位置は見失わないよう、褌を締め直して邁進あるのみ。
 
 
改めて思う今日この頃。
 
 
 
 

 
 
 
 
一日一万回の正拳突きのような修行、励みたいと思います笑
 
 
BY 永遠の白帯