対処と原因@クリリン

こんばんは木村です。
 
 
5月27日の土曜日のこと…
 
 
営業終了後、お客様のI様から連絡があり、知り合いがトリガーポイント施術を受けてみたい!と言ってたので紹介しました!
 
 
ここまでは至って普通の会話レベルです。
 
 
しかし…どんな人が施術者なのか?話題になったそうで…
 
 
思わず…
 
 
I様 : 「五木ひろし」に似てるよって言いましたー♪
 
 
僕  : え??
 
 
………………………
 
 
………………………。
 
 

どんな紹介やねーーん。。。笑
 
 
先入観を持たず、イメージを膨らませず、来店してほしいと説に願うばかりです。
 
 
 
 
28日は月末の日曜日にもかかわらず、お休みをいただきました。
 
 
初めて参加したセミナーでしたが、黄昏れてはおりませんw
 
 

そのセミナーでも言われ、改めて考えさせられた言葉。
 
 
「先入観を持って施術してはいけない、答えは一つではない」
 
 
最近、多いムクミに例えると、リフレクソロジーの施術をうけるが、次の日にはすぐに戻るし、痛いくらい流されたのに何故か次の日にまた足が辛くなる。
 
 
よく聞く話です。
 
 
年に10回、風邪をひく人に風邪を引くたびに薬を出すことと、同じであり、対処療法ですね。
 
 
僕が目指してるのは「どうして10回も風邪を引くのか?」 「なぜ浮腫むのか?」そんな部分にフォーカスすることであり、転んで膝を擦りむいたから絆創膏を貼るのではなく、なぜ転んだのか?障害物があったのか?滑りやすい路面だったのか?を調べ繰り返さないようにすること。
 
 
今回のセミナーに参加し、本質的原因を調べ、そして確実に対処することの重要性を再確認しましたね。
 
 
スーパ-サイヤ人的な講師のもと、自分が納得できるまで学びたいと思います。
 
 
ちなみにチームCBSで僕は「クリリン」程度ですかねw