原因と対処

こんばんは木村です。
 
 
先日23日も楽しみにしているCBS横浜セミナーでした。
 
 
毎回、素晴らしい内容で治療家を志すセラピストには登竜門と呼ぶにふさわしい。
が!しかし…インプットが追いつかない。。。
 
 
自頭の悪さ…神様…恨みますww
 
 

セラピストという仕事柄、人の心身を垣間見る一つのツールとなっているカウンセリング。
 
 
先入観を持たず、イメージを膨らませず、現状を感じるって大切ですよね。
 
 
人によって 「早く治る人」 「治りづらい人」 「どこに行っても効果を感じれない人」 色々なタイプの方が存在します。
 
 
最近、僕が担当させていただくクライアントは慢性的な「腰痛」で治りづらい方が多い傾向です。
 
 
ここで骨格の歪みが原因とか、腰の筋肉が固まってて…で、終われば普通ですし、原因にフォーカスしてない。
 
 
アプローチで大切なのって対処ですか?原因ですか?って話になります。
 
 
当然ですが皆さん、「そりゃ原因じぇけのぉ」と、広島風に答える方が大半と思います。
 
 
とりわけ、その原因の中でもやっぱり多いのが「糖質過多」
 
 
甘いもが止まらない人が多数いるのも現実ですし、なんだそんな事?って思われるかもしれませが、栄養素は馬鹿にできない
理由があるからこそ、伝えます。
 
 
糖質過多になるには他の栄養素なんかも関係するんですけど、先ず割愛して。。。
 
 
例えば慢性的な腰痛があるとして、毎日ジャンクフード漬け、お菓子食べ放題の方はどんな優れた治療家でも100パー治せません。
 
 
口から入れるものは内臓に影響するのは皆さん、ご存知の通り。
 
 
内臓に影響されるは筋肉。
 
 
その筋肉が色々な症状を起こしてる場合、原因って筋肉ではないですよね?
 
 
原因を見る視点、しっかり養っていきたいですね。
 
 
僕…
ひろし並に目は細いですがしっかり判断します。
 
 
先日、お客様がウチを紹介してくださったそうです。
 
 
うちの施術を受けたいと言われる人がいたので紹介しましたとのこと。
 
 
ここまでは至って普通の会話レベルです。
 
 
しかし…どんな人が施術者なのか?話題になったそうで…
 
 
思わず…
 
 
 
 
「五木ひろしに似てる」と話ましたと…
 
 
 
 

え………
 
 
………………………
 
 
………………………。
 
 

どんな紹介やねん!!
 
 
と、そんな僕のピュアな心の叫びが、せめて「橋幸夫」にして欲しかった。
 
 
そんな思いがとどきますように…