苗名滝@ギリギリの緊張感

こんにちは木村です。
 
 
年齢を重ねると、感性って変わりますよね。まぁ個人的な見解ですけど。
 
 
例えばTDLに行って楽しく過ごすことも一つですが、神社仏閣巡りなんかも良いですし、「自然」というものになぜか惹かれます。
 
 
疲れてるんでしょうかね…(笑)
 
 
天候はイマイチだったんですが以前から「滝」に行ってみたく、先日の連休を利用しての苗名滝。
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 

ヌン!
 
 
ヌン!ヌン!
 
 
子連れ狼の主人公である、拝一刀(おがみいっとう)のよう鋭い眼差しを試みるも、大自然のマイナスイオンの前には決めポーズも無力。
 
 
途中、ワイヤーの吊橋なんかも良い雰囲気をかもし出してましたね。
 
 
喜び勇んで早歩きしたら…
 
 
揺れましたがまぁ男の子なんでね…
 
 
 
 

 
 
 
 
吊橋から頂までの道のりは険しく、一歩足を踏み外せば…
 
 
命の危険に晒されるのでは?
 
 
ギリギリの緊張感の中、背筋が凍るような感覚…
 
 
引き返すか?いや待て…
 
 
そんな葛藤の中で思い浮かんだ言葉…
 
 
この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。
 
 
………………………
 
 
………………………
 
 
バカヤロー!!
 
 
でぇい!!!自分にビンタ。
 
 
ハイキングコースのような道のりを歩き、更に進むこと10分…
 
 

 
 
ついに到着。マイナスイオンとそんな問題ではなく…
 
 
癒され感…
 
 
パネェェーーーーーーー!!!自然って本当にいいもんですね。
 
 
充電完了。