ムクミとふくらはぎ@内臓の関係

今日も足のムクミについて。
 
根本的な問題を無視して、むくみ対策をしても残念ながらリンパを流すだけでは、ほとんどのむくみは改善しないで終わった前回です。
 
 

 
 
ムクミにも種類があり、おおまかに分けると下の3パターンが経験上は多いと感じてます。
 
1、押しても戻りにくい皮膚感
2、パンパンに張る
3、見た目より、重ダルい
 
感じ方も十人十色で、ムクミを感じる全ての方に「グリグリ・ゴリゴリ」やったからと言って、効果が上がるわけありません。
 
 

 
 
先ず「ふくらはぎ」に違和感・痛みやダルさを感じ方が多いんじゃないですか?
 
ここ重要で、ふくらはぎは何種類もの「内臓反射」が起こるの部分なんです。
 
だから血行不良が起きて筋肉が固くなり、ムクミやすい。
 
※足をヒモで縛ったら血が止まるのと同じ原理です。
 
内臓反射…それなんぞや??って方も多いので。
 
内臓が疲れてくると体内のリンパ液をを含む体液の循環が悪くなり、部分的に皮膚や筋肉が痛くなったりする現象。
 
怪我を除き、いつも同じ部分の筋肉が痛くなる…なんて場合は内臓反射も多いですw
 
原因が見えてきましたね。
 
例えば水分不足が重なり、腎臓が疲れるてくると、寝てる時に現れるわけですヤツが…
 
 
………………………
 
 
………………………
 
 
悪魔の囁き………
 
 

 
 
ウィィィィィィ↑ッス!の次に…
 
足がツル。
 
「この~木・何の木・八代亜紀」レベルの衝撃です。
 
実際は腎臓だけじゃなく、ふくらはぎは内臓全体の影響を受けやすいので硬い人は要注意ですね。
 
普段からお風呂中に「ふくらはぎのマッサージ」してるなんて方も多いと思いますが、次回はもう一歩だけ踏み込んで。