選択肢

やはり…どうしても…理解されにくいので話します。
 
今日、ご相談コースのお客様、もちろん初めてご利用いただきました。
 
腰痛の改善がメインの課題でカウンセリングが順調に進み、腰痛の原因になってる筋肉を調べ、いつものごとくアイパットで内臓疲労やストレスと筋肉の関係など簡単に説明…
 
納得していただき、特に不明な点も無しとのこと。
 
いざ施術…
 
不思議な顔されてます…
 
いや…不安な表情と言った方がが的を射ているんでしょうかね。
 
施術が進むにつれて、到るところに感じていた痛みが下がっていき、全身の筋肉の緊張が和らいだ時に確認。
意味不明に見える施術が、お客様の表情が安心と確信に変わる瞬間が好きです。
 
症状として、目に見える形で意識できる段階のものは 氷山の一角として表面に現れてきたものに過ぎません。
 
腰が痛いとき、「腰が痛い」ことが問題ではなく、 もっと掘り下げて診ると問題の背景が見えてきますよね。
 
なぜ腰が痛いのか?腰の痛みを起こす原因は何なのか?
 
それに気づいてほしいから、腰痛や症状をメッセージとして発していると僕は考えてます。
 
人間が生きている上には、様々な要因が関係しあっています。
 
食べ物、栄養バランス、構造(骨格)、人間関係、感情のバランス、電磁波、重金属の栄養、アレルギーetc…
 
全てを見ることで原因がわかりますし、施術はツールでしかありません。
 
もしご自身のご家族が原因不明な腰痛になり、日常生活でも支障がでるような状態で、病院でのあらゆる検査も全く問題ないとなった時、どこを選びますか?
 
ヘルニアや坐骨神経痛で悩まれてる方も、同じようなことが言えるのではないでしょうか。
 
癒やしを提供するサロンに腰痛改善を望むのは無理なオーダーです。笑
 
選ぶ施術によって進む方向性が違ってきますよね、ペーパードライバーとF1レーサーが違うように。
 
ブレずに邁進あるのみ。