腸内環境と俺日記

去る6月24日は楽しみにいしていた、横浜CBSセミナーでした。
 
今回のテーマは「十二指腸~小腸~腸内細菌バランス」
 
腸内細菌においては2~3年後くらいに一般的に広まるであろう、SIBO(シーボ)小腸内細菌増殖症の内容もあり、目からウロコ。
 
 

 
 
かなり先進的な内容に、ご満悦のワシでした。
 
この辺を学ぶと、不調改善というカテゴリーの中で、点と点だと理解しにくい症状でも、線につながる事が多いんですよね。
 
セミナーの中で、少し面白い観点のお話がありました。
 
現代医学の中で人の技術って、そこまで進歩していないっていう話…
 
進歩しているのは医療の機材みたいで、大腸癌のカメラetc
 
昔は全てを診れなかったみたいですね。 
 
家電や車、様々な機械はすごい速さで進歩していることを考えれば、当然なのかなぁと。
 
人間の肉体は間違いなく、ここ50年…進化していませんよね、逆にアトピーやアレルギー体質のお子さんが増えている現状もあり、免疫に関係する腸にスポットがあたってますよね。
 
NHKためしてガッテンでも腸内フローラ特集が放映されたり、メディア腸内環境が話題になったのも、ここ最近です。
 
ちまたでも美腸○○コース、腸活ダイエット、免疫力アップとか色々と目に入ります…効果は別として。
 
本来は炎症など複雑に絡み合うので、腸に限らず内臓は色々な不調に関係するんですが、多くの人は筋肉・骨格などの目に見える部分にとらわれる傾向…
 
だから目に見えない内臓は症状に関係するなんて、一般的に考えないわけです。
 
クライアントと同じレベルの考えや視点、情報量ならセラピストじゃないし、痛い部分を揉めば何とかなる、姿勢が悪いから不調になる…そんなの日本昔ばなしレベルです。笑
 
ちまたに一般アルアルですが、腸に良いと思い、発酵食品やヨーグルト、納豆を食べるけど…
 
なんら効果は感じず、下痢するし、お腹の調子がよくならない、そして過敏性腸症候群である…
 
などの85%がSIBO(シーボ) 小腸内細菌増殖症が関係すると現在は言われてます。
 
安易に腸内細菌を増やすのではなく増殖を疑う余地あり、ですね。
 
何事もバランスとタイミングが大切で、カラダの中から元気になりたい方、生き急いる方もお気軽にご相談ください。
 
ちなみに人生相談は有料です。
 
 

 
 
僕も生き急いるので。笑