ギックリ背中@親子の絆2

実は続きがあり、次回は親子の絆編を・・・
 
で終わりました前回、そのギックリ背中のお客様、、、
 
施術の数時間後に予約をいただきました。
 
え?今日施術したのに明日の予約??
 
 
もしかして、、、、、、
 
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 
痛みがぶり返した!?
 
慌てて、予約画面を開いたら「明日は母と一緒に伺います。宜しくお願いします」とのメッセージ
 
あ、、、お母様の施術で良かった。
 
 

 
 
優しい方ですよね、親子の絆…素敵でござる!と思いつつ。
 
ちなみに、僕の母は健康に関してアドバイスしても、全開でスルー決め込んで、右の耳から左の耳へ、、、
 
まるで誰もいない海辺で、さざ波の音を聞いているがのごとく、、、
 
地蔵様かーーーいっっ!
 
 

 
 
とツッコミたくなること多々。
 
時折、膝や足が痛い…とか聞きますが、本人の中で症状とお菓子や甘いモノの「とり過ぎ」が原因のひとつであることが、結びつかないと改善は難しかったりするんですよね。
 
話は戻り、このお母様は首肩が痛いとか、腰痛etc・・・全くなし。
 
とにかく体調が優れず元気が出ない、お腹が空かない、腸が動いていない等々。
 
病気を疑い、病院で検査してお薬飲んだりエコー撮ったが、さほど異常なし、、、
 
整骨院や整体院でも結果は変わらず、現在にいたるまでの切実な気持ちを、打ち明けてくださいました。
 
非常に嬉しかったですし、サムライとして何とか役に立ちたい思いがありました。
 
 
そして前回から10日が経過した昨日、1本の糸電話が・・・
 
ルールルル・・・
 
ルールルル・・・
 
 

 
 
木村:はい、wat51でござる
 
お客様:あ、先日お世話になりました○○です・・・
 
==中略==
 
あれから体調が良くなって嬉しい、なんて言葉をいただくと嬉しくなります。
 
結論、ざっくり言えば「お砂糖のとり過ぎ」で小腸が炎症おこし、体調不良に。。。
 
 

 
 
なぜ、小腸が炎症を起こすと不調になるのか、長くなる割愛しますが、許してちょんまげ。
 
どこか痛かったり、体調が優れない日が続くと人は笑顔になれないし、体調やメンタルは日々変わる。
 
ましてや一人ひとり、全て違うわけですから、筋肉や骨格にとどまらず、栄養学、生理学、心理学のすべてを今後もしっかりと学び、高めていきたいですね。