セラピストの腰痛@業界あるある

つい先日、以前に生徒だったセラピストさんが腰痛にてSOS
 
 
業界アルアルですねw
 
 
3ヶ月も腰痛をガマンしながら、仕事を頑張ってきたらしいです…
 
 
もはや、座ってるだけでも痛むらしく、ヘタレな僕には真似でき…
 
 
いや、無理っっす!!!
 
 
 
 

 
 
 
 
やってる人(施術する人)が腰痛になることは珍しい事ではないし、でも世の中的にセラピストが腰痛はどうなの?みたいな流れはあると思います。
 
 
まぁ、、、腰痛の人に腰痛を何とかしたいと、相談しずらいし、五厘刈りの人に髪型は相談しずらいの同じレベルかも知れません。
 
 
日頃から、ある程度はコンディショニングをしなければ、良い施術なんて出来ませんが、個人手的な意見としては腰痛の経験があるセラピストって大切なのかな、なんて思います。
 
 
辛い気持ちが分かるし、施術やセルフケア、気をつけてほしいこと等をお客様と同じ目線で、計画を考える。
 
 
同じ間違いや過ちを起こした人同士って、なんとなく共感しあう時、あると思うし、感覚的に似ていると思います。
 
 
犯罪以外でね。
 
 
 
 

 
 
 
 
僕もお客様から、腰痛とか不調になりませんか?とか何度となく聞かれましたが、アプライド・キネシオロジー(CBS)を初めて、もうすぐ2年
 
 
日々の小さな体調変化でも感じれるようになり、月2は調整するので、辛いような腰痛にはなりません。
 
 
自分自身で調整できるって便利ですし、他店では絶対に分からないような原因まで探せるんですよ!?でも施術で何をやってるの?意味が分からない、、、という視線よく遭遇します。
 
 
久しぶりのセラピストさんも、目が釘付けになっていたようですが、心が躍っていたかはわかりませんw
 
 
また次回に続きを
 
 
あ…ちなみに逮捕されない犯罪はハート泥棒くらいなもんです。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして僕はルパンではなく、「五右衛門派」です。