電磁波と電磁場

電磁波と電磁場
 
 
 
 

 
 
 
 
電磁波と電磁場 先日も電磁波について少し触れましたが、少し詳しく。
 
 
最近は、電磁波の除去と、耐性をつけることがマイ・ブームです。
 
 
このテンポこぎっ!(嘘つき)と思った方…
 
 
考えてみてください、ここ20年、LEDも含めて家電製品は、劇的な進歩を遂げています。
 
 
しかし…人間の身体は、ここ20年で進歩したでしょうか?
 
 
強いて言えば、僕も含め代謝が落ちて「わがまま」バディ(身体)になった人も多いはず。
 
 
※オデコの面積増加は、進化に含みません。
 
 
 
 

 
 
 
 
人って目に見えるモノ(足の長さ・骨盤の歪み、姿勢etc…)に目と心を奪われがち…
 
 
しかし、電磁波なんてモノは見えないし、聞こえず、音も感じられない。
 
 
そんな空気ような存在が、どんな影響?どこまでの害があるのか?半信半疑の方が多数
 
 
現在のウチは、必ずカウンセリングの時に患者さん自身のスマホを身体に当ててもらい、筋力テストを行います。
 
 
当てる前、当てた後、2パターンでテスト
 
 
もし、電磁波が身体に何も影響や害がなければ、力が抜ける感覚、または力が入らない、というような事は起こりませんよね?
 
 
影響がなければ、変化なんて起こる訳ない!!!
 
 
 
 

 
 
 
 
初めての方は、あまりの変化(自分で筋力が維持出来ない)に笑いだす人もいるくらいw
 
 
どんなに本気で、歯を食いしばり頑張っても、筋肉を定位置にキープすらできなくなる。
 
 
うちの患者さんでも、医療、介護関係の方は、院内PHSの影響をかなり受けています。
 
 
朝起きれない、寝ても疲れが取れない、起きてから2時間くらいは怠い、言葉にならない不調あるetc…
 
 
上記の方は「副腎疲労」が必ず関係し、その副腎疲労の原因の5割は電磁波が関係すると断言します。
 
 
 
 

 
 
 
 
このブログを読み、電磁波の影響を調べて、除去・耐性をつける施術ができないのに、患者さんにPC・タブレット・スマホの使い過ぎは止めましょう的なアドバイスしか、しないのは、本質的にセラピストとして無責任であり、患者さんと本気で向き合う努力、必要ですよね。
 
 
電磁波を避けるのは限界があり、だからこそ、耐性をつけることが今後、大切になります。
 
 
今までの治療院、整体で解決しなかった方、ご相談ください。
 
 
家電を含め便利な時代になり、それに伴い年々、原因不明の不調や不妊も増加していると思いませんか?
 
 
次回は、その辺も…