お客様からのメッセージ@強敵だな。。。

嬉しいことに度々、相談メッセージをいただきます。
 
 
相談内容の多くが◯年も腰痛とか…首肩~背中が辛くてとか…
 
 
「どこへ行ってもダメだった」等のメッセージをいただくことは、解決できるチャンスを与えられたってこと。
 
 
実は2019年、1月に予約通知のメールが着信。
 
 
何気なくメールを開くと…………
 
 
 
 

 
 
 
 
主訴「左の首~肩~腕~手」の酷い痛みとシビレ。
 
 
読んだだけで、一筋縄ではいかない症状が伝わります。
 
 
なぜ8年も続いているのか、そもそも8年は辛すぎる。。。
 
 
メールの内容からも切迫感が伝わります。
 
 
予想より実際、原因が複雑なんてザラあるので、先入観を持ち過ぎないシュミレーションはマスト。
 
 
このケースは、筋肉トラブルや骨格の歪み、悪い姿勢が…そんなもん原因の後ずけで、そこ攻めても効果が薄し、そもそもソコに原因もとめる意味が不明。笑
 
 
少なからず、脳ストレスの反応(闘争・逃走反応)も関係してる場合も多いので見逃せませんね。
 
 
ブログ読んでくださってるセラピストさんのご参考に。https://bit.ly/2Di85up 
 
 
何しているか分からないと言われますが、こんな部分をブツブツ言いながら調べアプローチしてます。
 
 
「ストレス反応ー脳ー内臓ーホルモンー筋肉」=症状
 
 
お客様から見たら、変な人もしくは変態かも知れませんが、深く学ぶほど人間がストレスに拒絶反応をおこし、身体に影響を及ぼしているのかが理解できます。
 
 
だから僕は「胃」の機能障害や炎症反応も疑いますし、胃は身体の左側に位置していると思いませんか?
 
 
 
 

 
 
 
 
ブログ画像※僕的な炎症反応は医学的な画像診断での炎症と違います。
 
 
これは内臓反射と呼ばれ、内臓が疲労すると脳に疲れたよ!と伝達…
 
 
今度は脳から筋肉へ………………
 
 
「オイ内臓が疲れてるってさ!」と伝達ゲーム状態です。
 
 
 
 

 
 
 
 
最後に筋肉が緊張して固まり、痛みやハリ・コリ感を発生させる仕組み。
 
 
この辺の見立て方、検査方法はセラピストならマストな知識。
 
 
見立て方、検査方法が気になる方は「wat51niigata@gmail.com」まで
 
 
数日後、ご来店いただきカウンセリングで詳しく過去からの経緯を伺いました。
 
 
現在…な・な・なんと「首~肩が辛くて仰向けで寝れません」との言葉を聞き…
 
 
思わず心の中で 「キテるなぁ~」というのが正直な胸の内。
 
 
戦いの先は長いので、とりあえず今日はこの辺で。