頭から体を感じるセミナーやったよって話

「頭蓋骨から全身を感じてみる」セミナーを始めましたって話。
 
セミナー自体は、5年ほど前から開催していたが頭蓋骨はお初。
 
公に募集はしませんでしたが、有難いことに満員御礼にぺこり。
 
 
 
 
 
 
頭蓋骨は、クラニオといい正式には「クラニオ・セイクラル」と呼ばれたり。
 
歴史もながく、100年くらい前からスタートして世界135カ国にも普及している。
 
色々なやり方があるが、実際のところ全て習得するには、途方もない時間と労力が必要になり終わりも見えない。
 
参加者の方々にすべての知識と技術が必要か?否か…
 
第一回は、優しくスマイリーな内容に変更して、「触れることの大切さ」を伝えてみた。
 
 
 
 
 
 
たまに本だけで学ぼうとする方もいるが、私はお勧めしない。
 
人には、「視・聴・嗅・味・触」の五感があり、本や映像だけの学習だと「視覚と聴覚」しか刺激できない。
 
現実のセミナーでは、「味覚」以外の感覚すべてをつかい「経験値」という貴重なモノを手に入れることができる。
 
 
 
 
 
 
前説が長くなったが、1回目を終え「非常に面白かった」と嬉しい感想をいただき、まずは一安心。
 
私自身も色々なセミナーに参加した中で、ようやく自分らしいセミナーが何となく形になってきたような気がする。
 
「花屋さん、販売職、セラピスト、医療関係者」まで様々な方が参加してくださるのは嬉しいが反面、コンテンツ作りに苦労する(笑)
 
 
 
 
 
 
何度もくり返して練習をすると、不思議なことに感じれないモノが感じれるようになる。
 
感覚が研ぎ澄まされていくと、「わぁ~身体がゆるんだっ!」目を丸くして驚いたり、楽しむ姿を見て…
 
次回、難易度を少し上げて私の愛情を表現したいと思う。