よくあるお悩み ~骨盤の歪み編~

気にしてる方が多い話題のお話
 
 
「骨盤が歪んでいるみたいなんですけど…」
 
 
実際にカウンセリングで相談されることが多いお悩み。
 
 
見た目で「腰の高さ、左右差」など気になる方もいるでしょう…
 
 
まぁ…業界の人に睨まれるかもしれませんけど、あえて切り込みます(笑)
 
 
本当の事を言えば、、、骨盤の歪みって実は、見た目じゃ判断できません。
 
 
ビフォーアフターなんて当てにならないし、ウチがビフォーアフターを掲載しない理由もあります。
 
 
「違法」なんでやりません。
 
 
骨盤の歪みは、おおよそ2つのパターンがある。
 
 
1、靭帯や筋肉のトラブルで歪むタイプ
 
2、生まれつき背骨や骨盤が「変形・奇形」のタイプ
 
 
変形・奇形の方も実は、意外と多かったりする。
 
 
生まれつき変形・奇形の方に検査もせず、矯正を行うと悪化、または症状がひどくなるケースもあり、カモ葱にならないためには、細心の注意が必要です。
 
 

骨盤の歪みを矯正したいけど…
 
 
大切な身体ですから不安な方は、事前確認も「アリ」と思います。
 
 
骨盤って立っても座っても使う人の中心的な部分。
 
 

 
 
だから骨盤のテストも「立って行うテスト・座って行うテスト」この2種類のテストが必須。
 
 
ウチのお客様なら経験しているので「あ~あのテストね」となりますが…
 
 
この2つのテストを行って、初めて100%正確な診断が可能になる。
 
 
でも大切なのは、歪んで体が悲鳴を上げる前にメンテナンスすることが一番。
 
 
車の運転もぶつかってからハンドル回しません。
 
 
「歪むから痛くなる」 ×
 
 
「痛いから歪んでくる」 〇
 
 
この違いは、理解してほしいと思う今日この頃