昨日25日は横浜にてCBSベーシックセミナーに参加。   テンセグリティという概念。         姿勢や重心チェック、体幹や胸郭、そして脚長差の検査法など、深く学びました。         端っこに、かろうじて写るの巻、、、     業界用語で「脚長差」という、言葉があります。   平たく言えば「脚の長さの差」のことで左右の脚(下肢)の長さが違う状態ってことですね。   人間は工場で作られている訳ではないので、左右が違うなんて、よくあることで脚の長さを測っても、まったく同じという人の方が少ないと思います。   足を骨折した場合なんかでも、骨の長さは変わるし、生まれつきや成長不全で左右の大きさ、長さも違ったりするもの。   整体やマッサージで「足の長さが違うので調整しますね」そんな経験アルアルーーな方も多いはず…         脚長差がある場合、本当に施術が必要なのか?   本当に・本当に・本当に・本当に必要なのか?5回言いました。     広末涼子さんのとっても大好きダーリン6回には叶いませんが、、、   結論、、、   施術が必要になるのは、「不快感を伴う・5ミリ以上の」脚長差です。   日常生活に支障がない程度であれば、神経質になることなんてないし、問題なし。   足の長さが違う→骨盤の歪み→そこから不調に直結する訳ではない。   仮に脚長差や骨盤の歪みがあっても、ナゼ長さが違うのか?歪みが起こるのか?原因のほうが重要ですよね。   パッと見で、足首をちょこっと引っ張って「脚の長さの差」違いますね…   そんなん誰でも言えるわぁぁーーーー!と思われないよう、しっかり検査・施術することが大切ですね。     ボーダー柄から名字までカブってるミラクルww           今後もCBSセミナーで学んだ内容をしっかりとお客様にフィードバックできればと思います。