久しぶりに書きます。   つい先日も無事に終わった9月のterakoyaセミナー         ここ3ヶ月は内臓やホルモンの働きから関連性なんかを、少し掘り下げて伝えてました。   何事も「基礎」が大切ですし眠くなるけど、いずれ必ず役に立つ         資料を作りながら、僕自身も忘れていた部分を再発見できたり、まさに成長期です。   わんぱくです。   思春期です。   言い過ぎました。   今が思春期なら…   とっちゃん坊やです。   でもね、生徒さんがお腹いっぱいになるセミナーにしてますので、まぁ良しとて。   整体が溢れかえる現代で、猫も杓子も少し習えば、整体師やセラピストでございます!   と名乗れる今って、ある意味、乱れた腸内環境と似ています。         腰痛でも首肩コリや背中のハリ、違和感etc…   どこ行っても効果が感じれない、すぐに痛みがぶり返す、病院で検査してるけど、何もでない!でも調子が悪い…   なんて方は間違いなく、腸内環境も怪しいですね。   少なくみても6割は上記の症状に、腸内環境も関係しています。   それは何故、腸内環境と筋肉(症状)が関係するのか?     カラダに悪いモノをたくさん取る     ↓ 腸で栄養を吸収する     ↓ その栄養を筋肉に送る     ↓ 毒素が筋肉に回る     ↓ 筋肉は疲れやすくなる、回復出来なくなる     ↓  トラブル発生           「内臓と筋肉の関係性」 何となく、ご理解いただければ幸いです。   セラピストでは当たり前だのクラッカー的な知識ですが、お客様は専門家ではないので、わからない。   だからこそ、しっかりお伝えする必要があります。   wat51のお客様は僕が責任をもって対応しますが、かかりつけがあれば一度、聞いてみるの良いかと。   筋肉や骨ばっかり追いかけても、回復の兆しが見えない方は「実際数」多いですからね。   次回は最近、担当させていただいた症例を書こうと思います。