過ぎたる9日はterakoyaセミナーでした。   10月のテーマは「トリガーポイントと関連痛」   知識も以外にも、触る=触診技術もセラピストとしては必要不可欠な部分だったりします。   皮膚の張り、皮膚が動きにくい方向、筋肉の硬さ、痛みの感覚など、聞かずとも指先で理解する。         ヒーハーって言われるまで触らないと、理解できない場合は必殺技・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         みんなで触診する。   どこが痛いのか?誰が触っているのか?誰がどこ状態が完成し、脳が判断不能に。笑   年内のterakoyaセミナーも残すところ2回。   11月はトリガーポイントの関連痛とアナトミートレイン(筋膜のつながり)の関係   そして12月は内臓ー筋反射、5大栄養素etc…   骨格、筋肉を作るは内臓、その内臓に必要な栄養は食事であり、全てがリンクする。   そんなことを1年かけて伝えてます。   てんこ盛りの内容で、毎回のことですが3時間を過ぎた頃には・・・   脳内疲労からか、生徒の表情から笑顔が消えてくる感じ・・・         好きです。   セラピストやってる人生の時間(還暦まではやらない。笑)は限られているし、「いずれやる、予定が合えば参加してみたい、出来るなら学びたい」が口癖の人ってほとんど行動しない。   そんな方々を僕は口頭派と呼んでいるし、常に自分自身にも言い聞かせながらね。   行動=アクションを起こすから結果が変わるように、生徒たちには常に行動派になって欲しいと願っています。   自分の未来は今の行動が元になり、作られていきますよね。   僕自身、キネシオロジー(今の不思議と言われる整体=CBS)という世界に飛び込み、手技療法の世界観が180℃変わりました。   ひとつの行動から人生が変わった瞬間であり、いつかCBSを伝えれるセラピストを目指しています。