先日、嬉しい口コミをいただきました。     真っ先に目に止まったコメント…     「何してるのかわからない」     至極、正論です(笑)     他の整体と何が違うの?効果ある?怪しい系?不思議に思ってる方は多いはずです。     説明が難しいんですけど…     「木村さん信用してるし楽になれば良いです」と笑い飛ばすお客様も多いのは事実で、本当に有り難い。     技術だけではなく、信用も一緒に買って頂いてると勝手に思っています。     で、本題のどんな事してるのか…     アプライド・キネシオロジー(AK)という手技療法が軸となり、トリガーポイント療法、東洋医学(経絡)、カイロプラクティック、オステオパシー、内臓マニピュレーション、クラニオ(頭蓋仙骨療法)、分子栄養学、アロマetc     もはや意味不明ですね(笑)     身体は複雑なので幅広く学び、良いトコ取りして使わないと。     「何してるのかわからない」と言われるのは、反射療法を利用するからでしょうね。     皮膚から使い軽い刺激をおくり、反射で筋肉や内臓を変化させるんですけど、筋肉テストで上がらない足が上がるようになり腰痛が改善したりするので、ビックリされる方も多い。     もちろん反射以外も色々やってます。     ちなみにリフレクソロジーも反射療法。     なぜ、皆さんが怪しむような反射を使うのか…     人は生まれた時から反射で生きてます。     母乳を吸うことは教えていないのに、乳児が唇をこすられると、母乳を飲むような動きが吸引反射     お腹が痛かったり腰痛の時、勝手に姿勢を丸めて楽になろとする屈曲反射     お腹痛くて、腰~背中を伸ばす人はいませんよね。     浮気がバレて修羅場になり、とっさに鍋蓋で身構える条件反射まで…                 人は過剰な刺激が入ると「侵害されてる」と認識して、ゆるむどころか逆に筋肉を緊張させ血行不良を招き回復・治癒を妨げます。     そこを踏まえて余計な侵害刺激は入れないため、反射を使ってます。     グリグリの強い刺激が「効く・効果がある」ではなく、効いてる風(笑)     だからと言って、僕が全くマッサージしない訳ではなく、要望を伺い改善・治癒を見ながら、全然やってます。     マッサージだけで不調改善は無理だし、AKだけでは何されているか分からない…     どちらの要素も取り入れ、融合させた「ハイブリッドな整体」を目指しています。