先日、マイナスイオンを浴びる&アーシングしたくて山形へ     車で約3時間…遠いようで近く、近いようで遠い     日帰りでは少し遠く、泊まりの距離でもない     まるで中学生が片思いしているような、絶妙な距離感     やるね、玉簾の滝。     駐車場から滝壺までは、徒歩10分     ダッシュなら3分で到着するビギナーにも優しい場所     駐車場から滝壺までの道中には神社があり、なんだか良い雰囲気。                 樹齢50歳は、超えているであろう大木が目に入り…     まずは、きっと宿っているだろう木の精霊と会話を試みる                 無の境地ともいうべき、心を水面に広がる波紋のように…ゆっくりと…ゆっくりと…問いかける…     先ずは樹齢、そして性別、極めつけにスリーサイズ…     ………………………………     ………………………………     待つこと30秒………     全ての質問に無言を貫き、滝壺から水が落ちてくる轟音だけが聞こえる…     諦めるかけた、その時…     かすかな振動を肌で感じ、心拍数が高まる     母からのLINEでした。     滅多にないLINEに胸騒ぎしながら、画面をスワイプすると…     「明日、筍掘りにいってくる」     なんというタイミングで傍若無人なメッセージ     知らんがなっ!!と心の中でツッコミながら木の精霊と会話を諦める。     気を取り直し、いざ滝壺へ                 最高でんがな。     関西人でもないのに、関西弁風になってしまうほどのマイナスイオンに…                 5分ほどマイナスイオンを浴びまくった結果…     五感は研ぎ澄まされ、みなぎるパワー、そして生命エネルギーはMAXまで上昇…     だけど、なんだか寒いし着ている服はバシャバシャ     皆さん、滝壺はご注意ください。