一昨日、身体コミュニケーションというワークショップに参加     言葉を使わないコミュニケーションを試す時間。                 基本的にダンスは、言葉を多様せず「表情も含め身体で表現する」という感じでしょうね。     自分ひとりで表現するのは、感情やパワーを思うがまま体現すれば良いですが、相方がいる場合、思うがままにヤレば良いさ!とはいきません。     身体にも色々なコンタクトする方法があります。     叩いたり、つまんだり、触れたり、あるいはバックドロップまで・・・     今回は、自身の身体を動かしながら言葉を使わないコミュニケーションを試す時間、というフレーズにも惹かれいざ参加。     先ずは、全員でストレッチを織り交ぜながらのアップ・・・     講師の薬師寺さんが背骨を意識した呼吸法を優しく伝える。     大きく息を吸い込み、先ずは胸郭(肋骨)が広がり、肺が大きくなる。     連動して横隔膜が動き、大腰筋(インナーマッスル)が支える。     あぐらで座り、姿勢を正したり、背中を丸めたり、側屈しながら深呼吸をしても様々な骨~筋肉~内臓が連動していることを改めて実感。     何気ない呼吸という動作も「横隔膜と胸郭が縦と横に広がるイメージ」行うと呼吸の深さも変わります。     僕らは、「鼻は呼吸器・口は消化器」という表現を好んで使い1年中、鼻炎などの「いわゆる鼻が悪い人」って横隔膜~がしっかりと動いていないことが多い。     横隔膜は骨盤隔膜に繋がり深部では、下腹部の腹横筋(インナーマッスル)と関連するため、筋力低下を起こし、結果として下っ腹が出る。                 皆さんも知ってる知識ですが、効果的に身体を動かしたい時は、インナーマッスルを意識することも大切ですね。     前フリが長くなりましたが、ダンスの要素を交えながら「相手に身体を預ける」というワークも◎     しかしながら撮影の余裕なし。。。次回への反省点。笑     見渡せば、みんな小柄な女性・・・     僕だけウエイト横綱級・・・     ペアが切り替わる度に、申し訳ない気持ちでいっぱい。     終わってみれば人間は、意外と頑丈なんだと再確認。     みんな笑顔で終了。                 今後も老体にムチ打つ木村のチャレンジ日記 お楽しみに。