先日、お客様からブログ頻度が少ない!と愛のあるご指摘をうけ、今PCに向き合ってます。(笑)     そこで「なうでヤング」な腰痛ネタを少し。     先日もウチの生徒さんからのご紹介で、初めてましてのクライアントを担当。     3人で談話しながら…     生徒:やはり、今回もどんな施術なのか?上手く説明ができませんでした…。     木村:仕方ないですよ。笑     クライアント:腰痛歴4年、全身アチコチ悪く、ありとあらゆる施術を受けてきたので、「どんな施術なのか?」非常に気になります…         そんな流れもあり説明が難しい、うまく伝えられない!と多くの方にいわれるため、改めてご説明。     初めましての方には、必ずお伝えすることがあります。     1、波動の説明(心臓が動けば音の波が出て、それを音波と呼びます。超音波エコーや電磁波などが一般的に認知されてますが、全てが波動であり物理と科学。     2、身体の60%は水分と言われており、水は電子に反応する。だから心電図も同じ仕組み。(筋肉を動かせば電子信号が脳に届きます)     3、自身に筋肉反応テストを実際に体感してもらい、なぜ反応するのか、正確な情報を引き出せるのかを科学・物理学含めて優しく説明。     そこから検査や様々なテストを行い、やっとこ施術がスタート     苦手な食べ物や嫌いなモノをイメージするだけで筋力は、正常に働かなくなり負の感情ストレスは、脳にインプットされると筋肉や内臓が正常に働かないため、結果として腰痛になるだけ。     人間って思ってる以上に繊細で精巧な生き物です。     今回のクライアントも蓄積した感情ストレスが原因での不調だったので、今まで気づかれなかったのかなぁと。     見えない部分は、施術する側が見落としやすい面もありますが、そこは見落としたくない。     この辺は私の強みであり、今後も更に磨きをかけながら尖って行ければと。     次回もご予約いただき、有言実行あるのみですね。     先ずはご縁に感謝。