身体の違和感@くすぐったい、マッサージ苦手は・・・

こんにちは新潟CBS整体wat51です。
 
 
 
今回は、身体の違和感について。
 
 
マッサージがくすぐったいから苦手、人に触られると気持ち悪いなど・・・
 
 
こう言った場合、大人になっても生きにくさを感じている人に多いのかな?と感じています。
 
 
HSP 繊細
 
 
他人に触られて、くすぐったい・気持ち悪い場合・・・
 
 
厳密にいえば「くすぐったい」という感覚は、痛いの次というポジション。
 
 
① 痛い(問題あり)
② くすぐったい(少し問題あり)
③ 心地よいor触られている
④ 何も感じない(問題山積み)
 
 
日常生活で、ものすごく困るわけではないと思いますが、不便な時があるのも事実。
 
 
実は感受性の強い人は、感覚のセンサー(脳ー神経)の誤作動が起こりやすい傾向です。
 
 
良くも悪くも外部刺激に反応しやすい。
 
 
オーバーリアクション(出川てっちゃん)みたいに思われるかも知れませんが、こう言ったケースは本人が一番つらい。
 
 
何とも言えない感覚的な悩みですから、なぜそれが起こっているのか?理解してくれる人は少ないかもしれませんね。
 
 
背中のムズムズ感、くすぐったい感覚のリセット(消失)はリンパを流す、マッサージ、アロマケアなど一般的な方法では、消失しません。
 
 

 
 
なぜ消えないのか・・・
 
 
それは局所(くすぐったい部分)に問題がないからです。
 
 
間違えても叩いたり、つねったりして痛めつけないでください(笑)
 
 
発達支援の分野でも感覚を統合するという考え方があります。
 
 
 
 
例えばドーナツ(FOFO donut OWL the Bakery
 
 
オールザベーカリー
 
 
 
 
私たちは、常に五感からたくさんの情報を得て生きています。
 
 
目から入る色彩、耳から入る作る音、触った感触、味や匂い、みんなバラバラに情報が入ってきます。
 
 
一瞬で五感の情報が脳に伝わり、整理するから美味しいと感じる。
 
 
感覚統合って簡単に言えば、五感から入る様々な情報を整理する脳の働きです。
 
 
私たちの脳って、もの凄い仕事するスーパーコンピューターなんですよ。
 
 
Windowsみたいなものです(笑)
 
 
でもPCですらデータを整理せず、ゴチャゴチャにしているとフリーズします。
 
 
人間だって同じでスムーズに身体を動かすことができない、とか感覚がズレることもあるんです。
 
 
鈍感、敏感になったり。(個人差あり)
 
 
必ずしも全員が同じ刺激の感覚情報を、受け取るわけではありません。
 
 
 
 
HSP 繊細
 
 
 
 
感受性が強かったり、凸凹があると、わずかな刺激でも日常生活に、支障がでるほどの苦痛を感じる方もいる。
 
 
これは痛みだけではなく、身体の違和感を感じやすい、触られるとくすぐったいなど様々です。
 
 
感覚の統合やリセットが気になる方、生きずらさを感じているetc
 
 
お気軽にご相談ください。