体は、痛みや不快感でメッセージを発していることがあります。     「痛みを何とかしたい・症状がなくなればいい」と思う気持ち、、、わかります。     しかし、その症状は心からのSOSだったとしたら?     今まで出会ったケースだと「咳がとまらない」意外とあります。     痛みや症状を薬などで一時的に抑え込んでしまうと、次に症状が出た時にはさらにひどい状態になってるかもしれません。     色々な検査や薬を試しても回復の兆しがみえてこない時、病気というハード面ではなく、感情ストレスのようなソフト面から見てみると糸口が見えたりするもの。     しかし、身体の構造的(筋肉・骨格)な部分、ホルモンや神経系の作用など最低限の知っておく必要があると思います。     感情ストレスってB1Fで入口。     本当の原因は、B5Fにあることは珍しくありません。     「飲み込めないこと、納得できないこと、吐き出したいことありませんか?」     悩みのことを、頭痛の種といいます。   バカバカしいことを、片腹痛いといいます。   ひどく心配することを、胸を痛めるといいます。     体のどこかに症状が見られた時には、どうしてその場所に症状が出たのかを考えてみると、その本当の原因が分かることがあります。     その他にも、腰痛は何かを支えきれないとか、膝の痛みなら一歩踏み出せないとか、自己免疫性疾患の人は強く自己否定してたりとか、奥深くに潜んでいる意味が存在する。(解釈は、たくさんあります)     今の医学では、心の奥の病気になる意味を考えることはなく、あくまで肉体レベルでの原因を探ることしかしないのですが、全く違う考え方をすると本当の原因が見えてきて、根本的な解決ができる可能性が出てきます。     体と心は密接に関係しており、なかなか治らない、繰り返す時は、心の奥底にある本当の原因にも目を向けてみると回復したり。     体からのサインがどんなメッセージを持っているのか、私は入口のひとつとして大切と考えます。
先日、嬉しい口コミをいただきました。     そのメッセージ中に「当日がぐったり寝れて、翌日はコルセットも外して仕事ができた」     ここまでは、良かったんですが、、、                 次の日が寝れなかったとコメントあり、この件について私の推測。     けっして悪いことでは、ありませんが自律神経系に刺激が入りすぎたのかもしれません。     自律神経系は、大まかに’’交感神経系’’と’’副交感神経系’’にわかれる     アクティブ=交感神経     リラックス=副交感神経     本当は、迷走神経が入るが’’ややこしく’’なるので書きまへん。     春先にアレルギーが増えるのは、自律神経の作用もあり免疫系も絡む。     春は、副交感神経が優位になり免疫系が過剰に反応することでアレルギー反応がおこる。     で、今回の眠れない件について…     人間は、けっこう全自動で何でもこなす生き物。     傷・ケガでも放置プレイしたって自己治癒力で治るのも自律神経が関わる。     色々なとこで働くね自律神経くん。     風邪の発熱は、体内でウイルスをとっ捕まえて戦い身を守るために発熱します。     戦う=オラオラ系でボコるので交感神経が優位                 このことからも身体が回復に向け活動している時は、交感神経が優位になる。     とはいえ眠れないのは、少し不安にもなりますが一時的な好転反応なんじゃないかと。     これが私の見解です。    
年末年始のお休みと来年1月より休業日が変更となり、お知らせいたします。     12月30日まで元気に通常営業     令和元年12月31日より~令和2年1月3日まで休業となります。     1月4日(土)より通常営業     令和2年より、誠に勝手ながら定休日が変更となります。     毎週【火曜日】が定休日となり、その他に【1月・8月】を除きまして【第2日曜日】も休業となります。     臨時休業につきましては、その都度にお伝えいたします。     ご理解のほどお願い申し上げます。     wat51 木村
先日、お客様からブログ頻度が少ない!と愛のあるご指摘をうけ、今PCに向き合ってます。(笑)     そこで「なうでヤング」な腰痛ネタを少し。     先日もウチの生徒さんからのご紹介で、初めてましてのクライアントを担当。     3人で談話しながら…     生徒:やはり、今回もどんな施術なのか?上手く説明ができませんでした…。     木村:仕方ないですよ。笑     クライアント:腰痛歴4年、全身アチコチ悪く、ありとあらゆる施術を受けてきたので、「どんな施術なのか?」非常に気になります…         そんな流れもあり説明が難しい、うまく伝えられない!と多くの方にいわれるため、改めてご説明。     初めましての方には、必ずお伝えすることがあります。     1、波動の説明(心臓が動けば音の波が出て、それを音波と呼びます。超音波エコーや電磁波などが一般的に認知されてますが、全てが波動であり物理と科学。     2、身体の60%は水分と言われており、水は電子に反応する。だから心電図も同じ仕組み。(筋肉を動かせば電子信号が脳に届きます)     3、自身に筋肉反応テストを実際に体感してもらい、なぜ反応するのか、正確な情報を引き出せるのかを科学・物理学含めて優しく説明。     そこから検査や様々なテストを行い、やっとこ施術がスタート     苦手な食べ物や嫌いなモノをイメージするだけで筋力は、正常に働かなくなり負の感情ストレスは、脳にインプットされると筋肉や内臓が正常に働かないため、結果として腰痛になるだけ。     人間って思ってる以上に繊細で精巧な生き物です。     今回のクライアントも蓄積した感情ストレスが原因での不調だったので、今まで気づかれなかったのかなぁと。     見えない部分は、施術する側が見落としやすい面もありますが、そこは見落としたくない。     この辺は私の強みであり、今後も更に磨きをかけながら尖って行ければと。     次回もご予約いただき、有言実行あるのみですね。     先ずはご縁に感謝。
なぜ、涙が流れるのか。     涙の意味、考えたことありますか・・・     その涙は、3種類にわける事ができます。     1、目の保護や酸素供給するために分泌される涙     2、煙やゴミが目に入ったとき、玉ねぎを切った時に出る刺激性の涙     3、情動の起伏により出る感情性の涙     では、3タイプとも味は、同じなんだろうか・・・     人は外界から何らかメッセージを受けとったとき、脳で「好き・嫌い」「快・不快」といった感情に基づき自律神経を通じて体が反応します。     ※私は、自律神経とかそんな小さな括りではなく、いかに脳に認知させるかを一番大切にしています。     涙は、交感神経と深く関係しており、感情により交感神経が優位になると涙腺が刺激され、涙が流れる。     悔しさや怒りの感情で流れる涙は、ナトリウムを多く含んでおり、塩分が多いのでしょっぱく感じる。     一方、悲しいときの涙やうれし涙は、水っぽく甘い感じがします。     感情により涙が流れると、「ノルアドレナリン、アドレナリン」といったストレスホルモンも涙と一緒に体外に実は流れ出ている。     感情がたかぶり流れる涙には、ストレスの原因となる物質を排出する大切な役割がある。     悲しい時、悔しい時に思いっきり泣くことは理にかなっていると言えます。     目にゴミが入り涙が出てもストレス物質は流れませんよ。。。     涙は、ストレス物質を排出し、苦痛を緩和する優れたシステムを私たちは、持ってるわけです。     そのストレス物質であるアドレナリンは、ストレス反応の中心的役割を果たしています。     あるNETでは、アドレナリンを上手に利用して「代謝が上がる」など、あほっぽい記事を目にしましたが、よくまぁ書けたものだなと逆に関心。笑     年中無休で激ストレスを感じれば、溢れんばかりにアドレナリンが放出されるでしょうね。     必ず不調になるけど・・・     実際にアドレナリンは、身体にとって猛毒であり、いくらストレス反応で必要なホルモンでも過ぎたるは及ばざるが如し。     悲しい、苦しい、怒りなど様々な感情の起伏がある時は、泣くことで感情と共にアドレナリンまで流しましょう。     クライアントの施術中にいきなり涙が出ることもありますが、あれは感情解放しているるだけでありOK牧場。     薄っぺらい知識と技術や行動分析で当てはめる感情解放は、副反応が起こり逆に体調不良になりかねませんので気をつけてください。     ストレス耐性って個人差がありますが、そもそもなぜ個人差ができるか不思議ですよね。     実は、自分が耐えれる容量って幼少期で決まるようです。     そのへんは別の機会に。        
愛着システム
先日、うれしい口コミを頂きました。     言うなれば「他人に理解されずらい」感情系のトラブルもある方でした。     幼少期からの感情ストレスがあるケースは、少なくないと感じています。     何か行動する時、基本的には感情が伴います。     毎朝ベッドから起きる行動も「仕事に行かなきゃ!」とか、もう朝が来たなぁ~とか、人により感じる感情は様々でしょうし、腰痛ならば痛みを感じ、何だよ…またかよ。。。なんて情動で起きたりする事もあるでしょう。     感情って目と耳が主にアンテナとなり、瞬時に脳に情報が届き自律神経が働き悲しければ、泣き涙が出ます。     たとえ涙が出なくともショックが大きい場合、記憶として脳に残ると言われてます。     心的外傷(トラウマ)は、外的内的要因による肉体的、また精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態を指します。     米軍のアフガン、イラク派兵の現実を描いた「帰還兵はなぜ自殺するのか」によると、派兵された200万人のうち50万人にPTSDの症状があり自殺者は、毎年240人以上・・・     アメリカでは、国をあげて治療プログラムや予防などの対策に乗り出しているそうです。     日本でも2015年の政府答弁で、陸上自衛隊の中でイラクやインド洋に派遣経験のある56人が、在職中に自殺したことが明らかになり、その中で精神疾患を原因としたものは14人。     何が言いたいかというと感情系のトラブルは、身近にあるんだよってこと。     当然、僕らも含みますが、受け入れ態勢が整ってないよねジャパン。     症状と痛い、辛い部分(筋肉、骨格)をフォーカスし過ぎると見えてこないし、もひとつ言えばストレス耐性は個々に違うのは何故か?     そこには、社会脳といわれる部分だったり愛着システム(愛着障害)というを私たちが理解する必要があると考えます。     自律神経が・・・なんて小さなくくりは、プロが言うフレーズではありませんね。     何事も土台作りが肝心、受け入れ体制を整える意味で社会脳と愛着システムは、学んでいる最中ですが膨大な量と難解過ぎ。         愛着システム         けっこう辛くてNOーーー!(脳)と叫びたくなる今日この頃。     個々のストレス耐性については、また書きたいと思います。
つい先日のご相談。     「姿勢が悪くて困っています。普通に立つと傾いているようです。最近は体調不良が続き、腰が痛くなることもあり改善したいのでよろしくお願いします。」     このメッセージだけを読むと、体調不良が続き腰痛もあり姿勢が悪くなっているのかなと。     しかし、実際に伺うと数ケ月前から喘息も始まり、眠ねれない日々で睡眠薬も服用するも眠りが浅く、いつも疲労感が抜けないとのこと。     椅子に座っていると、腰痛と何とも言えない表現しがたい苦しい感覚にも見舞われ、首~肩は触られるだけで「くすぐったいような違和感」も発見。     足や背中を触られると、くすぐったい人は、原始反射のいたずらで意外と多いケース。     いつもは、やれ内臓~神経~ホルモンなんちゃらって説明することが多いワタクシ。     人間を360°見渡すと筋肉や骨だけで生きてません。                 例えば喘息・・・感情的なモノを咳により吐き出したいんじゃないか?     座っていると腰痛なる・・・居ても立っても居られないような状況に置かれているのでは?     感情が全てが当てはまる訳ではありませんし、ストレスになる理由を僕に話したからと言って、不調が改善するわけでもない。     カウンセリングでは、感情開放が難しいが色々な角度で柔軟に対応することは大切。     感情面においてトラウマの情動処理は、副反応(土足で踏み込んでくるな!的な)が出やすく、逆にクライアントが不調になる場合があります。     私も修行中ですが、社会脳の概念、ポリベェーガル理論を学ぶことでようやく愛着システムを理解し、ストレスホルモンが身体にどう影響するのかを学ぶことで、可能性は広がると感じています。                 何となく、いつも脳・脳・脳と言っている理由が少しご理解いただけたかと。     当然、食事面からの掘り下げだったり、姿勢の悪さも検査を行うことで初めて「どの部分」が弱いのか?緊張しすぎてるのか?     見つけながら改善の糸口を掴む必要はあるでしょうね。原因も糸口も一つとは限らない。     一回目としては、腰痛も体感できるほど痛みが減り、首~肩のくすぐったい違和感もゼロ。     まぁ、良かったのかなと思いますが本番はここから。     痛みの緩和やスッキリ感は、重要ではありません。     クライアントがいかに毎日、笑顔で過ごせるかが大切。
4日は、CBSスキルアップセミナーを受講するため福島へ。     セミナー前日に気合が入り、少しお酒が過ぎたようで朝は倦怠感とランデブー     ※お酒を飲むと体内では、脱水を感じ道中に水をグイグイ飲みました。     しかし、飲みすぎたせいか福島西ICを降りた頃には、膀胱に赤ランプが灯り、やむなくコンビニに不時着。     何かの活動中と思われる団体さまがトイレの順番待ちしてる、悪夢のような光景に「一瞬」この世の終わりを肌で感じる。     まったく笑顔など作れない状況、神はまだ俺を見捨てなかったが、10分ほど遅刻するという失態を演じてみた。     抜群のスマイルと手土産のどら焼きで相殺。西盛屋サンキュー     爽やかな笑顔で迎えてくだった講師の寺田先生、「大丈夫ですよ、ゆっくり準備してください」との優しい言葉に、朝から俺のハートを鷲づかみされ勝手に運命を感じる。     先ずは、自分たちが行うキネシオロジーの筋肉反応テストやオステオパシー(アメリカの整体)、クラニアル(頭蓋仙骨療法)で何を行うのか、量子物理学を交えながら科学的にエビデンスを教えていただき、納得しながらのスタート。     私たちが行う筋肉反応テストは、筋肉を媒介とするため「スピ系」「訳が分からない」と言われることが多いが、量子力学や生物学に目を向けると理解しやすいです。     意外かも知れませんが、皆さんが日頃から使うPC、スマホなどは、量子力学の応用で開発されていますので気になる方、調べてみてください。     セミナーで何を学んだのか・・・     まず、基本的な身体の動きの制限及び重心チェック。                     チェックしないと施術後に、何がどう変わったのか自分すら理解していないのは、ナシ。     お次は、「ストレス抵抗性の個人差はなんで生まれるのか」ストレスを感じやすい人、感じにくい人がなぜいるのか?     そこには愛着システム(愛着障害)と脳の成長のしかたが関係しているって内容。     素晴らし過ぎて、全てを理解できませんでしたが、自分が向かう道も再確認できた目からウロコ、超絶満足のセミナーでした。     流石に講師をモデルに実践形式で施術するのは、さすがに緊張しましたが変化が出せて一安心。                 ウキウキしながら新潟に帰ったのは言うまでもなく。     先日も嬉しい口コミをいただきましたが、何をやってるのか分からないと、しっかり書いてありました。笑
職業病     先日パティシエの方を2回目の施術終了。     日常生活に困るほどの症状ではないが、年中無休で身体の一部に違和感がある。     マッサージ、カイロ、整体etc…色々試したが改善が見られず白羽の矢。     他所で改善しなかった方は、身体の真実に気付いて欲しいのいでウェルカムです。     身体の真実って何?そう思われた方もいるでしょうね。     人間の身体は筋肉と骨格だけで生きているわではない。この辺は皆さんご存知の通り。     プロテイン(蛋白質)を飲み、ジムに通いムキムキに鍛えてる方、最近多いですよね。     蛋白質を多く摂取→筋トレ→筋肉肥大・・・身体に良いことしてるので、この図式が成り立ちます。     筋肉は肥大すると当然「代謝」は上がります。     ※遅筋(インナーマッスル)・速筋(アウターマッスル)は置いといてw     という事は、蛋白質という栄養が内臓に吸収され筋肉に作用する事実を確認。     では、身体に悪い栄養素(アルコール・砂糖・添加物)を多く取り込んでも筋肉に対して影響は、出ないんでしょうか?     答えはNO、何を食べても内臓は吸収し筋肉に影響します。     ということは、栄養素を抜きにしても内臓が疲れちゃば筋肉に影響が出ることご理解いただけると幸いです。     そして各臓器には必ず結びつけが深い筋肉も存在します。     絶対ではありませんが胃がつかれてる方は左首~肩~腰に出やすい傾向。     左首だけよく寝違える方は怪しい。     人間の身体、精神も含めて食べたモノで出来ていると言われます。     お菓子ばっかり食べてると鬱っぽくなってふさぎ込んだり、普通にありますから。。。     これを判断すには、先ず知識が必要。     セラピストは知識・技術・根性が必要です。     常に学び、治療で結果が出なくてもチャレンジ&トライ!折れない心は必要だし、優しい言葉で寄り添うだけでは、患者さんは救えない。     パティシエの方は日常的に嫌でも砂糖の摂取量がふえるので、不調の方が多いノンフィクション劇場。     筋肉反応テストで導き出した結果を受け入れられるか?そこで変わると思います。     僕自身はクライアントと深く関わりたいと常に思ってます。     その人の人生を変えるくらい。     治療もそしてセミナーで伝えることも全力で走る。     時間は有限。
毎月行っているterakoyaアドバンスセミナー     9月も無事に終了。     今回は、アプライドキネシオロジーのPRYTテクニックを中心に、原始反射を抑制するスイッチングテクニック、徒手筋力検査法など、てんこ盛りの内容に伝える僕も学ぶ生徒も充実した内容だったかなと。                 原始反射については、また別で書きたいと思います。     毎月、資料を作りながら思うこと・・・     理解しにくく、習得に苦労する技術とこれでもかっ!ってくらいの知識を理解しやすく噛み砕いて伝えること。     ここは、いつも悩みながら何度も資料を作り変えたりなんて当たり前で、3歩進んで2歩下がる的な。。。     でも、苦労しながら少しずつ前進して行く生徒を見ていると、たまらなく応援したくなる。                 生徒が本当に苦労しているのは、セミナー終了後の疲労感が溢れた表情からも伝わります。     仕方ない、お手当て勉強してる訳じゃないんだから。     でもその苦労に見合う価値ある内容を作ってるつもりなんでね。     理解しずらい繋がりで、ついでに書きますが施術が終わってから「いや~理解できない」そんなご意見もよく耳にします。     でも最近は、理解できなくて当然なのかな?という考えに変わりました。     車の整備士に例えると「ガソリンスタンドの整備士」と「レーシングカーのメカニック」くらい違うと思います。     お客様目線で言えば、車検整備はなんとなく理解できる範囲。     いざレーシングカーの整備となったら見ている細かさが違うので、それ意味ある?そんな作業が数多くある。     専門職になるほど一般の方が思いもつかない角度、知識、技術があるからこそ「プロフェッショナル」という言葉がる。     僕は、この仕事を専門職と捉えており、アマチュアからプロフェッショナルまで様々な人が整体という一つの鍋に入ってます。     傍から見れば、同じ鍋でごった煮状態。     いざ食べると、見た目は似ていても味が違う。     旨いとっ!唸らせる知識と技術が詰まった出汁を取るには、ひと手間もふた手間も必要なんです。     唸る出汁を取りたい方、お気軽にご相談くださいませ。     ※日本海間瀬サーキットを走るために草レーシングカーをエンジンから作った経験あり。     車のご相談もお気軽に。笑