体は、痛みや不快感でメッセージを発していることがあります。
 
 
「痛みを何とかしたい・症状がなくなればいい」と思う気持ち、、、わかります。
 
 
しかし、その症状は心からのSOSだったとしたら?
 
 
今まで出会ったケースだと「咳がとまらない」意外とあります。
 
 
痛みや症状を薬などで一時的に抑え込んでしまうと、次に症状が出た時にはさらにひどい状態になってるかもしれません。
 
 
色々な検査や薬を試しても回復の兆しがみえてこない時、病気というハード面ではなく、感情ストレスのようなソフト面から見てみると糸口が見えたりするもの。
 
 
しかし、身体の構造的(筋肉・骨格)な部分、ホルモンや神経系の作用など最低限の知っておく必要があると思います。
 
 
感情ストレスってB1Fで入口。
 
 
本当の原因は、B5Fにあることは珍しくありません。
 
 
「飲み込めないこと、納得できないこと、吐き出したいことありませんか?」
 
 
悩みのことを、頭痛の種といいます。
 
バカバカしいことを、片腹痛いといいます。
 
ひどく心配することを、胸を痛めるといいます。
 
 
体のどこかに症状が見られた時には、どうしてその場所に症状が出たのかを考えてみると、その本当の原因が分かることがあります。
 
 
その他にも、腰痛は何かを支えきれないとか、膝の痛みなら一歩踏み出せないとか、自己免疫性疾患の人は強く自己否定してたりとか、奥深くに潜んでいる意味が存在する。(解釈は、たくさんあります)
 
 
今の医学では、心の奥の病気になる意味を考えることはなく、あくまで肉体レベルでの原因を探ることしかしないのですが、全く違う考え方をすると本当の原因が見えてきて、根本的な解決ができる可能性が出てきます。
 
 
体と心は密接に関係しており、なかなか治らない、繰り返す時は、心の奥底にある本当の原因にも目を向けてみると回復したり。
 
 
体からのサインがどんなメッセージを持っているのか、私は入口のひとつとして大切と考えます。

先日、嬉しい口コミをいただきました。
 
 
そのメッセージ中に「当日がぐったり寝れて、翌日はコルセットも外して仕事ができた」
 
 
ここまでは、良かったんですが、、、
 
 
 
 

 
 
 
 
次の日が寝れなかったとコメントあり、この件について私の推測。
 
 
けっして悪いことでは、ありませんが自律神経系に刺激が入りすぎたのかもしれません。
 
 
自律神経系は、大まかに’’交感神経系’’と’’副交感神経系’’にわかれる
 
 
アクティブ=交感神経
 
 
リラックス=副交感神経
 
 
本当は、迷走神経が入るが’’ややこしく’’なるので書きまへん。
 
 
春先にアレルギーが増えるのは、自律神経の作用もあり免疫系も絡む。
 
 
春は、副交感神経が優位になり免疫系が過剰に反応することでアレルギー反応がおこる。
 
 
で、今回の眠れない件について…
 
 
人間は、けっこう全自動で何でもこなす生き物。
 
 
傷・ケガでも放置プレイしたって自己治癒力で治るのも自律神経が関わる。
 
 
色々なとこで働くね自律神経くん。
 
 
風邪の発熱は、体内でウイルスをとっ捕まえて戦い身を守るために発熱します。
 
 
戦う=オラオラ系でボコるので交感神経が優位
 
 
 
 

 
 
 
 
このことからも身体が回復に向け活動している時は、交感神経が優位になる。
 
 
とはいえ眠れないのは、少し不安にもなりますが一時的な好転反応なんじゃないかと。
 
 
これが私の見解です。
 
 

年末年始のお休みと来年1月より休業日が変更となり、お知らせいたします。
 
 
12月30日まで元気に通常営業
 
 
令和元年12月31日より~令和2年1月3日まで休業となります。
 
 
1月4日(土)より通常営業
 
 
令和2年より、誠に勝手ながら定休日が変更となります。
 
 
毎週【火曜日】が定休日となり、その他に【1月・8月】を除きまして【第2日曜日】も休業となります。
 
 
臨時休業につきましては、その都度にお伝えいたします。
 
 
ご理解のほどお願い申し上げます。
 
 
wat51 木村

職業病

先日パティシエの方を2回目の施術終了。

日常生活に困るほどの症状ではないが、年中無休で身体の一部に違和感がある。

マッサージ、カイロ、整体etc…色々試したが改善が見られず白羽の矢。

他所で改善しなかった方は、身体の真実に気付いて欲しいのいでウェルカムです。

身体の真実って何?そう思われた方もいるでしょう。

人間の身体は筋肉と骨格だけで生きているわではない。この辺は皆さんご存知の通り。

プロテイン(蛋白質)を飲み、ジムに通いムキムキに鍛えてる方、最近多いですよね。

蛋白質を多く摂取→筋トレ→筋肉肥大・・・身体に良いことしてるので、この図式が成り立ちます。

筋肉は肥大すると当然「代謝」は上がります。

という事は、蛋白質という栄養が内臓に吸収され筋肉に作用する事実を確認。

では、身体に悪い栄養素(アルコール・砂糖・添加物)を多く取り込んでも筋肉に対して影響は、出ないんでしょうか?

答えはNO、何を食べても内臓は吸収し筋肉に影響します。

ということは、栄養素を抜きにしても内臓が疲れちゃば筋肉に影響が出ることご理解いただけると幸いです。

そして各臓器には必ず結びつけが深い筋肉も存在します。

絶対ではありませんが胃がつかれてる方は左首~肩~腰に出やすい傾向。

左首だけよく寝違える方は怪しい。

人間の身体、精神も含めて食べたモノで出来ていると言われます。

お菓子ばっかり食べてると鬱っぽくなってふさぎ込んだり、普通にありますから。。。

これを判断すには、先ず知識が必要。

セラピストは知識・技術・根性が必要です。

常に学び、治療で結果が出なくてもチャレンジ&トライの折れない心は必要だし、優しい言葉で寄り添うだけでは、患者さんは救えない。

パティシエの方は日常的に嫌でも砂糖の摂取量がふえるので、不調の方が多い。

テストで導き出した結果を受け入れられるか?そこで変わると思います。

僕自身はクライアントと深く関わりたいと常に思ってます。

その人の人生を変えるくらい。

そしてセミナーで伝えることも全力で走る。

時間は有限。

毎月行っているアドバンスセミナー

9月も無事に終了。

今回は、アプライドキネシオロジーのPRYTテクニックを中心に、原始反射を抑制するスイッチングテクニック、徒手筋力検査法など、てんこ盛りの内容に伝える僕も学ぶ生徒も充実した内容だったと。

原始反射については、また別で書きたいと思います。

毎月、資料を作りながら思うこと・・・

理解しにくく、習得に苦労する技術とこれでもかっ!ってくらいの知識を理解しやすく噛み砕いて伝えること。

ここは、いつも悩みながら何度も資料を作り変えたりなんて当たり前で、3歩進んで2歩下がる的な。。。

でも、苦労しながら少しずつ前進して行く生徒を見ていると、たまらなく応援したくなる。

生徒が本当に苦労しているのは、セミナー終了後の疲労感が溢れた表情からも伝わります。

仕方ない、お手当て勉強してる訳じゃないんだから。

でも、その苦労に見合う価値ある内容を伝えているつもりです。

患者さんの施術が終わってから「いや~理解できない」そんな会話もよくあります。

でも最近は、理解できなくて当然なのかな?という考えに変わりました。

車の整備士に例えると「ガソリンスタンド」と「ディーラーのメカニック」くらい違うと思います。

患者さん目線で言えば、オイル交換くらいは作業を理解できるかもしれません。

いざエンジン内部の整備となったら、何をどうしているのか?全く理解できないと思います。

専門職になるほど一般の方が思いもつかない角度、知識、技術があるからこそ「プロフェッショナル」という言葉がる。

僕は、この仕事を専門職と捉えています。

 

しかし、整体業界はアマチュアからプロフェッショナルまで様々な人が一つの鍋に入ってます。

傍から見れば、同じ鍋でごった煮。

いざ食べると、見た目は似ていても味が違う。

旨いとっ!唸らせる知識と技術が詰まった出汁を取るには、ひと手間もふた手間も必要なんです。

唸る出汁を取りたい方、お気軽にご相談くださいませ。

※日本海間瀬サーキットを走るために草レーシングカーをエンジンから作った経験あり。

車のご相談もお気軽に。笑

先日、お客様からお酒の量を飲んでないのに二日酔い?みたいになりやすい・・・

そんなお話があったので、水の重要性について。

先ず、お酒を飲めば必ず脱水になることを覚えておいてください。

あくまでセラピスト目線の考え方ですが先人の知恵なのか、和らぎ・チェイサーという、お水は何となく腑に落ちる。

日頃から水を殆ど飲まない人は、不調やトラブルを抱えてる人が多い。

たまに遭遇する方で「コーヒー、お酒しか飲まねよ」って方がいますが、死にはしないけど好調には程遠いコンディションで過ごしてるでしょうね・・・

優しさ込めてお大事に

人間の身体は構造的に「水と膜と脂」で構成されている。

そして内臓は間膜という膜で包まれており、筋肉は皆さんご存知の筋膜、骨の周りには骨膜。

その膜と膜は、僕らが日常生活や運動することで擦れ合い、当然ながら摩擦が起きる。

その摩擦をスムーズにするため潤滑油みたいな脂があり、そのお陰で激しい運動しても膜に守られ損傷しない。

でも今日は膜よりも脂質よりも「水分」をフォーカスして。

水は生きていく上で重要なモノ。

人体の55%~65%は水分で血液が脳や内臓、そして筋肉が動くために必要不可欠な成分。

サッカー選手がコート上で足の痙攣して倒れてる姿、見たことありませんか?

いわゆる脱水状態で起こる症状で、脱水が筋肉に影響することが容易に理解できます。

そして体内に入ってくる水が少ない場合、排出するためのデトックス(解毒)も上手くいかない。

そうなれば体内に貯まる訳です老廃物。

身体に良いモノを摂取することも大切ですが、肝心の排出が上手く行ってないと効果はない。

こんな時代ですからTVやSNSに踊らされないように、ご自身も学びながら選定する必要があるのではないかと考えます。

よくスピリチュアル系に間違われますが、人体の生理学や構造を理解していないと結果は伴いません。

 

人は神経伝達により、自由に動き、会話して、生きています。

先日、ギックリ腰のお客様を担当
 
 
うちに来られる朝に腰痛発症・・・
 
 

 
 
なんというタイムリーな物語で、ありがたい事に嬉しい口コミもいただきまして感無量。
 
 
次に日には、回復されたようで一安心しましたが今回のケースは「一発で改善」的な流れですが、そこには理由がある。
 
 
筋肉性の腰痛は、まず炎症性とけいれん性の2種類に別けて考える必要あり、数年も続くような慢性腰痛は脳の認知が絡むので、もう少しややこしい。
 
 
全部一緒に考えてるセラピスト、いないと思うけど危険です。。。
 
 
けいれん性の腰痛なら一発でいけることは、確かにある。
 
 
しかし炎症性の腰痛は、その場で「あれ?もう大丈夫」なんて不可能に近い。
 
 
理由として、人の肌にもターンオーバーがあるように、筋肉や内臓全てにターンオーバーがあり細胞が少しづつ入れ替わる。
 
 
 
 

 
 
 
 
そこで徐々に炎症が治まり、痛みが引いていくのが人間の生理学的なメカニズム。
 
 
一回で改善しました!なんてのは、たまたま痙攣性の腰痛だった場合が多いのが真実。
 
 
僕も以前は、「何とか1回で」と頑張っていた時期もあったが無知ほど無敵なものはナシw
 
 
振り返ると、ほんねショシですてっ!(本当に恥ずかしいの意味)
 
 
人の身体は進化してないが解剖学の分野もAIと同じように常に研究され、新しい情報がアップデートされる。
 
 
だからこそ常に学ぶ必要があり、今回の口コミでも「捻るわけでもなく、揉むわけでも、さするわけでもなく」頭の中に???と書き込みあったので少し説明を。
 
 
首都高って人間と似ていて、悪天候や事故、道路も多く複雑で渋滞が起きやすい。
 
 
 
 

 
 
 
 
悪天候や事故が感情であり、路線と渋滞状況が身体と捉えると・・・
 
 
事故が起これば大渋滞で痛みや違和感という不調に。
 
 
首都高の交通状況を把握しながら、事故処理と交通誘導、そして最後に事故防止の措置を同時に行うので、必然的に手技も複雑になり結果として?が付く。
 
 
筋膜、骨格、内臓、神経、感情、環境・・・全部揃って元気に活動できるわけで、1ピース欠けてもダメなんです。
 
 
僕が目指すところは、お客様が自分らしい笑顔と健康を手に入れること。
 
 
先ずは口コミに感謝しながら寝ます。笑

脳は最後の言葉を強く認識するそうです。
 
 
コンチクショーで終わらず、最後はポジティブな言葉でしめるのが良し。
 
 
「ま・・・いっか」そんなくらいが、程よいらしい。
 
 
イライラすると、交感神経が優位になり、アドレナリンという神経伝達物質が分泌され心臓はコレでもか!
 
 
ってくらい血液を送り込み、血圧上昇と共に目が小さい僕でも大きくなり、一時的な幸福感を味うことが可能に。
 
 
アイプチより凄いけど、身体には悪い。
 
 
そう・・・
 
 
忘れもしない中3の夏休み・・・
 
 
気になるクラスメートの子とばったり・・・
 
 
3秒間だけ、視線が合っただけなのに・・・
 
 
脈拍数が増え、ドキドキした記憶あり。
 
 
いわゆる交感神経スイッチON。
 
 
今では皆無、、、スレたな俺。
 
 
 
 

 
 
 
 
今では・・・職業病とも言える解剖学的な目線で考えてしまうアンチクショウに成り下がる。
 
 
それでも・・恋は・・・恋  そんなオジサンの歌もありましたね。
 
 
交感神経が常に優位に働くと当然ながら眠れなかったり、消化不良や便秘になりやすかったり、様々な弊害がおこる。
 
 
実際は、優位に働くのが悪いのではなく「上手く切り替わらない」ことが問題。
 
 
交感神経が優位のまま生活していると、間違いなく「胃の不調」に出くわす。
 
 

 
 
なんせ副交感神経がしっかり働いてこそ、消化液がしっかりと出て消化を助けるのでね。
 
 
よく咀嚼(かむ)することが前提の内容になりますけど。
 
 
だから食事中はイライラする事は考えないほうがよい。笑
 
 
昔から食事中にケンカしたり、問題が起こると「食事が不味くなる」なんて言葉もあるのは、あながち的を獲ているのかも知れませんね。
 
 
何でもかんでも自律神経を犯人に仕立てる人も多い業界ですから、そこは負のループに巻き込まれないようお客様自身もある程度は学ぶって必要かなと。
 
 
不確定な情報があふれる時代ですから。
 
 
ちなみに胃の不調をみるなら、入口(噴門)なのか全体の(胃体)?それとも出口(幽門)なのか?
 
 
全て部位を個別に交感神経が優位なのか?副交感神経が優位なのか? 
 
 
手のひら一つ、30秒あれば確認できるので胃の不調を感じる方、お気軽にご相談くださいませ。

つい先日・・・
 
 
初めてのお客様でした。
 
 
半年以上も続く、痛みと違和感があり改善を希望されており、カウンセリングでも細かく説明し、問題なく施術へ移行。
 
 
開始から30分ほど過ぎた時・・・
 
 
思いがけない言葉が・・・
 
 
「指圧系と思っていたので、もう大丈夫です」 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・はい、かしこまりました。
 
 
 
 

 
 
 
 
後ろ髪を引かれる思いでしたが、そこはお客様が決めること。
 
 
最後は、お詫びをお伝えしながらのお見送り。
 
 
捉え方、考え方の相違があったにしろ、お客様にとっても大切な時間を使わせてしまったことに反省と自戒をこめて。
 
 
NET社会となり、情報量が多すぎて何を信じてよいのか判らない、そんな声も多く聞いてきました。
 
 
今後、整体を探すお客様が失敗しないためのガイドライン的な指標になればと思い、あえて書きます。
 
 
そこでポイントになる事が「どうなりたいのか?」
 
 
揉みほぐされてスッキリしたい人と、身体の中から原因を調べて不調を改善したい人、良いコンディションをキープしたい人…
 
 
求めるモノ同じではないはずです。
 
 
改善や痛みの緩和という「結果」が必要なのか?
 
 
それとも、揉みほぐす「方法」が必要なのか?
 
 
上記の2点と、症状や悩みなど考慮しながら探すと、きっと自分に合う店に出会える確率は、上がるかと。
 
 
 
 

 
 
 
 
大概は得意分野があったり、広告とブログ等で書いてることが一致しているのか?とか確認しても良いかもしれません。
 
 
例えばWEBでは不調改善ゆうてるけど、ブログで薄い内容しか書いてなかったりってよーくありますので、目を凝らして読んでみてくださいね。
 
 
身体って複雑ですから専門的な知識や技術を学ぶほど、様々な不調に対応できるプラス面がある。
 
 
しかし、施術を受ける側は何をやられているのか?理解しずらいマイナス面も同時に産まれる。
 
 
身体に限れば「筋肉・骨の歪み・リンパ・内臓」どれか一つやれば改善するなんて事は、ほとんど無い。
 
 
だから言葉にして表現するって、難しいと日々感じています。
 
 
僕自身は、お一人ひとりのお客様が自分らしい健康と笑顔で日常を送るためのサポートという軸を大切にしていまする。
 
 
最後に僕の施術は、揉みほぐしやマッサージと混同しないでくださいね。

つい先日、「告白」されました。
 
 
本当にドキドキ。
 
 
事の始まりは、そう・・・
 
 
2ヶ月ほど前に、ご家族の紹介からスタート。
 
 
その日は、3回目の対面だったが軽い緊張が表情から伝わる。
 
 
この緊張感を例えるなら、中学生が交際してるけど、2人きりで会うには、恥ずかしのでいつもグループで遊んでいた。
 
 
彼女とキスをしたい男の子は、ある日ポッキーゲームを思いつき駄菓子屋へ走る。
 
 
 
 

 
 
 
 
普通のポッキーか、いちごポッキーかで悩むこと数分…
 
 
駄菓子屋のおばちゃんが「買う?買わない?」と言わんばかりの鋭い視線を、視界ギリギリから感じてる緊張感くらい。
 
 
いわゆる青春ジレンマ。
 
 
 
 

 
 
 
 
話をもどし、意を決したように・・・
 
 
お客様:あの、実は・・・もみほぐし系の整体に行きました。
 
 
木村:そうなんですね、リラックスできるし目的が一致すれば良いと思いますよ。
 
 
お客様:骨盤の歪みがあると指摘され、不調の原因は骨盤の歪みだと言われました。
 
 
木村:うーん…?足の長さとか、足底のアーチ計測しました?
 
 
お客様:いえ…
 
 
こんな会話があり、正直に別の整体に行ったことを、あえて告白する勇気に乾杯。
 
 
ここからは、独り言のような備忘録。
 
 
先ず「骨盤の歪み」は、事故や外傷もない限りビックリするほど歪むこともない。
 
 
ただし骨盤は、足の足底アーチ(足裏)や骨盤内の臓器やホルモンの影響も受けやすい。
 
 
特に恥骨結合靭帯は、出産までにリラキシンというホルモンの影響で正常値で5ミリ~1センチほど靭帯は緩む。
 
 
骨盤の歪みを計測するうえで、恥骨の歪みは重要。
 
 
テストを行えば、どちらにズレて変位しているのか?答えを出すのに30秒もいらない。
 
 
 
 

 
 
 
 
当然、靭帯が伸びた場合、周りの筋肉伸びて対応する。
 
 
ということは、ホルモンの影響で靭帯・筋肉が伸びる=内臓の機能低下やホルモンバランスで骨盤を支える靭帯や筋肉は影響されると言うこと。
 
 
大概は、骨盤を矯正すると・・・今、貴方が抱えている問題や症状が軽減される触れ込みが多い。
 
 
変わり者扱いは、馴れたものだが「なぜ歪むのか?」と先に考える方が自然な流れ。
 
 
症状と歪みを結びつけたがる人も多いが、骨盤もストレートネックもそこに至る経緯と原因がある。
 
 
何に困っているのか?何を解決したいのか?ここが重要。
 
 
改めて、考える今日このごろ。