こんにちは木村です。
 
 
47才の冬、コーヒー愛が止まりません。
 
コーヒーのカフェインは、エナジードリンクの足元にも及びませんので全く気にしていません。
 
 
コーヒーを飲むとき・・・
 
ブラック派? 砂糖派? ミルク派? 全部やっちまう系?どれでしょう・・・
 
ある元乳業メーカー経営者が乳製品の秘密を暴露していました。
 
 

 
 
「コーヒーフレッシュ」「コーヒークリーミー」などネーミングされた小さなポーション入りの大半は、
 
牛乳や牛乳が原料の生クリームではありません。
 
紛らわしいけど、全く1ミリも乳製品ではない。
 
白いけど、ただの油の液体であり植物性油脂。
 
 

 
 
基本的に本物の生クリームは、冷蔵でしか販売できません。
 
あたりまえですが、腐るので。
 
本物のバターよりマーガリンが好きとか、植物油が好きという方はコーヒーフレッシュが良いかもしれません。
 
最近は、「生クリーム入り」を売りにしたポーションも出てますが、大半は植物性油脂のようです。
 
申し訳程度にクリーム(乳製品)が入ってます。生じゃないけど。
 
好みの問題ですが、クリームじゃないものを全然フレッシュ(生)でもないのに・・・
 
いかにもクリームっぽく売る世の中・・・
 
フレッシュと名乗るほどの図々しいさに乾杯。
 
本物にこだわる方は、まずは分かりにくくても内容成分チェックしてみてくださいね。
 
現場の木村からは以上です。

こんにちはイワモトです。
 
 
先日、口の中に異変を感じて、鏡で歯茎を見てみたら腫瘍?っぽいモノができてました。
 
 
ボールのような形。。。
 
 
出勤後にこの話をしたら、すぐに歯医者へ行きなさいとの嬉しい一言。
 
 
きむら先生、、、メルシーと心の中で叫び、さっそく行ってきました。
 
 
そしたら・・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・・・
 
 
歯の神経、死んでたー!!!
 
 
なぜだー!
 
 
神経を残すという選択肢もないまま、お亡くなりに、、、
 
 
明日はお通夜です。
 
 
 
 

 
 
 
 
悲しい気持ち。
 
 
 
 
職場に戻る前に頼まれたおつかい。
 
 
先生お気に入りのコーヒー豆の専門店へ
 
 
今回は3種類・・・うん、買い過ぎですね。笑
 
 
 
 

 
 
 
 
歯の神経を1本失い落ち込んでいましたが、良いこともありました。
 
 
優しい店主さん(マスター?)が美味しいコーヒーの入れ方、教えてもらいました。
 
 
ということで、
 
 
「明日からコーヒーがもっと美味しくなる」
 
 
そんなコツをシェアしたいと思います。
 
 
 
 
ポイントは4つ
 
 
★お湯の温度は80~85度
 
★お湯を注ぐときは真ん中からチョロチョロ
 
★土手を作りながらお湯を注ぐ
 
★最後に残った泡は、いさぎよく捨ててもOK
 
 
 
 
では実践編へ
 
 
 
 
1.お湯の温度は80~85度
 
 
お湯を注ぎ終わるころには温度が下がるので、器をお湯であたためるのがおすすめだそうです。
 
 
2.お湯を少し注いで10~15秒ほど蒸らしたあと、お湯を真ん中めがけて注ぎます。
 
 

 
 
 
 
真ん中だけ泡の色が変わります。
 
 
3.真ん中の泡がしぼんだら注ぐをくり返し。泡を少しずつ広げてゆきます。
 
 
 
 

 
 
 
 
ここで泡を広げ過ぎないのがポイント!泡の周りに土手を作って、いれたお湯を逃がさない。
 
 
土手が崩壊すると、その隙間からお湯が入ってしまい、豆にしみないで”もったいない”事になるのだそう。
 
 
4.最後は一滴残らず。ではなく少し残したまま捨てて大丈夫。
 
 
最後の泡は野菜で言うアクの部分だそうで、入っても飲めるけど取り除くと、雑味がなくなるそうです。
 
 
 
 
コーヒー好きな方、ぜひお試しください。
 
 
 
 
土手づくり、難しい。笑