先日もアドバンスクラスのセミナーが無事終了。     10月お題は・・・     ・舌骨の機能解剖 ・歩行テスト ・排泄腔という考え方      舌骨の機能解剖・・・                 整体に舌骨なんて関係ないでしょ?なんの意味が?イカレテる?そう考えるのが普通です。     舌骨まで調整する整体なんて僕ですら、聞いたこと無い。笑     僕ら?CBS(僕が使う検査法)では、舌骨と尾骨の歪みは感情が関わることが実は多い。     人は目に見えないモノ(ストレスや電磁波、砂糖やグルテン系の内臓への炎症)を受け入れずらいんです。     学校で習った科目が数学と英語だけの場合、初心者にいきなり化学を説明するようなもの。チンプンカンプンになる。     もし、電磁波の影響を肌で感じたい人は、毎日寝るときにスマホを充電しながら頭皮ギリギリの距離に置いて就寝してみてくださいね。     2~3ヵ月も試せば、疲労が抜けない、いつも倦怠感がるetc…何らかの不調は継続して起こるでしょうけど、自己責任で。     話は戻りますが、舌骨は人間でいうジャイロシステムと言われてます。                 そのジャイロシステムと舌骨は同じ構造と捉えており人間では、姿勢や前後左右バランスを検出するシステムと考えてます。     船舶や航空機やロケットの自律航法に使用され、カーナビ、自動運転システム、慣性航法装置、ロボット、スマートフォンなどでも用いられているジャイロシステム。     姿勢を維持する基準でもあるジャイロシステムが正常に作動しないとき、飛行機はどうなるでしょうか?・・・     そう考えると非常に重要な部分と理解しやすいかも。     舌骨の位置に異常が起こると、正常な姿勢が保てなくなったり、身体のアンバランスが起こっても不思議ではない。     身体のアンバランスが起これば、身体の使い方が変わる。使い方が悪ければ筋肉や骨格に無理な負担がかかるので、最後は不調なんてことも珍しくない。     舌骨筋群は肩甲骨とも、顎関節ともつながっており、大雑把に言えば、肩こりや顎関節症といわれるような症状や歩行とも関りがあるってことです。     大切なのは切り口で、富士山も頂上から見渡せば全て見渡せる絶景。麓から見渡せば一部しか見えない。     僕らは頂上から身体全部を見渡すことが大切なんじゃないかと。     明日は、初心者向けのビギナークラスなので内臓に経絡なんてからめて、新しい世界を体験してもらう予定。
先日、嬉しい口コミをいただきました。     真っ先に目に止まったコメント…     「何してるのかわからない」     至極、正論です(笑)     他の整体と何が違うの?効果ある?怪しい系?不思議に思ってる方は多いはずです。     説明が難しいんですけど…     「木村さん信用してるし楽になれば良いです」と笑い飛ばすお客様も多いのは事実で、本当に有り難い。     技術だけではなく、信用も一緒に買って頂いてると勝手に思っています。     で、本題のどんな事してるのか…     アプライド・キネシオロジー(AK)という手技療法が軸となり、トリガーポイント療法、東洋医学(経絡)、カイロプラクティック、オステオパシー、内臓マニピュレーション、クラニオ(頭蓋仙骨療法)、分子栄養学、アロマetc     もはや意味不明ですね(笑)     身体は複雑なので幅広く学び、良いトコ取りして使わないと。     「何してるのかわからない」と言われるのは、反射療法を利用するからでしょうね。     皮膚から使い軽い刺激をおくり、反射で筋肉や内臓を変化させるんですけど、筋肉テストで上がらない足が上がるようになり腰痛が改善したりするので、ビックリされる方も多い。     もちろん反射以外も色々やってます。     ちなみにリフレクソロジーも反射療法。     なぜ、皆さんが怪しむような反射を使うのか…     人は生まれた時から反射で生きてます。     母乳を吸うことは教えていないのに、乳児が唇をこすられると、母乳を飲むような動きが吸引反射     お腹が痛かったり腰痛の時、勝手に姿勢を丸めて楽になろとする屈曲反射     お腹痛くて、腰~背中を伸ばす人はいませんよね。     浮気がバレて修羅場になり、とっさに鍋蓋で身構える条件反射まで…                 人は過剰な刺激が入ると「侵害されてる」と認識して、ゆるむどころか逆に筋肉を緊張させ血行不良を招き回復・治癒を妨げます。     そこを踏まえて余計な侵害刺激は入れないため、反射を使ってます。     グリグリの強い刺激が「効く・効果がある」ではなく、効いてる風(笑)     だからと言って、僕が全くマッサージしない訳ではなく、要望を伺い改善・治癒を見ながら、全然やってます。     マッサージだけで不調改善は無理だし、AKだけでは何されているか分からない…     どちらの要素も取り入れ、融合させた「ハイブリッドな整体」を目指しています。
最近はセミナーの資料作りに追われる日々・・・     伝えれる喜び、噛みしめてます。     資料作りが一番、骨が折れる作業であり、いかに理解しやすい内容にするか、いつも悩みます。     内容スカスカでも駄目、詰め込みすぎても消化不良     何事も経験が身を結ぶ、改めて理解できます。     先ずはセラピスト育成セミナーでのデモのワンシーン     感情系(ストレス)の問題で、調子の悪かった生徒がモデルとなり、頚椎のわずかな歪みを修正                 ちなみに、ゴキゴキ・ポキポキするやり方はデンジャラス過ぎて真似できません。     モーパル(頚椎の検査)も無しで行うなんて危険すぎて・・・     デモで結果が出なければ、信用されませんから真剣勝負。     からの、楽しみ過ぎじゃね?と思うくらいシャクレ顔MAX!!                 個人情報保護法は守ります。笑     僕の持論ですが、セミナーって楽しくなければ続かないし、生徒の学ぶ意欲を掻き立てるくらいの内容が必要だと考えます。     少し難しいけど、真剣に楽しむ感覚     そして日付が変わり、初めての試みだった「キネシセミナー」最終回のワンシーン                 これはセラピスト育成と全く無関係で、お客様のご要望から作ったセミナーでした。     自分との相性が良いアロマオイルを選んだり、体に合わない食品を調べたり、身体のバランスが整う脳科学の基づいたエクササイズを行ったりと楽しい3回でした。     参加した方々の驚く表情が、印象深くリクエストがあれば開催したいと思います。     年齢性別をとわずアロマオイルや食品って、身近なものだからこそ、相性が大切になります。     相性については、またブログに書きます。
で、本題の腰痛の原因は掘り下げて掘り下げて…     「強迫行動ー習慣」というストレスの影響が一番大きく関係。     とにかく、仕事頑張らなきゃっ!そんな習慣的な強い思い込みが知らず知らずストレスに変化します。     人間はストレス耐性があり、徐々に蝕まれる痛みやストレスに慣れて行き、日々こんなもんか?で過ごすので感覚が鈍くなる。     病気と同じで不調も、目に見えない部分が一番怖いし、ギックリ腰なんていきなり現れるので、後悔先に立たず。。。                 でもって、過度のストレスが続けば、必ず血糖値が上がります。     長期に渡りストレス過多の状態が続けば、血糖値が上がり、血糖値を下げるため内分泌系のホルモン(インスリン)が出続ける。     当然ですが、内分泌系の臓器(副腎)が疲労し、関係する筋肉が弱くなり、「結果として腰痛になる」     ドヤ顔で言いますけど、腰痛はあくまでも結果です。                 色々なモノを吸収しながら学んでいけば、筋肉、骨格だけじゃなく、内臓や皮膚、メンタル、栄養面まで幅広く学ぶ必要性が理解できます。     1年前と同じ施術しているセラピストさん、見つめ直す時期かも知れませんね。                 あ、肝心の腰痛はどうなったのか…8割くらい楽になり、座位での痛みもなし。なんで一安心。     補足として、栄養面~内臓機能で問題が多い場合は特に、時間と回数が必要になる場合が多いです。     「しっかり改善したい、体の中からコンディショニングしたい、運動している」という方、ご相談お待ちしております。
つい先日、以前に生徒だったセラピストさんが腰痛にてSOS     業界アルアルですねw     3ヶ月も腰痛をガマンしながら、仕事を頑張ってきたらしいです…     もはや、座ってるだけでも痛むらしく、ヘタレな僕には真似でき…     いや、無理っっす!!!                 やってる人(施術する人)が腰痛になることは珍しい事ではないし、でも世の中的にセラピストが腰痛はどうなの?みたいな流れはあると思います。     まぁ、、、腰痛の人に腰痛を何とかしたいと、相談しずらいし、五厘刈りの人に髪型は相談しずらいの同じレベルかも知れません。     日頃から、ある程度はコンディショニングをしなければ、良い施術なんて出来ませんが、個人手的な意見としては腰痛の経験があるセラピストって大切なのかな、なんて思います。     辛い気持ちが分かるし、施術やセルフケア、気をつけてほしいこと等をお客様と同じ目線で、計画を考える。     同じ間違いや過ちを起こした人同士って、なんとなく共感しあう時、あると思うし、感覚的に似ていると思います。     犯罪以外でね。                 僕もお客様から、腰痛とか不調になりませんか?とか何度となく聞かれましたが、アプライド・キネシオロジー(CBS)を初めて、もうすぐ2年     日々の小さな体調変化でも感じれるようになり、月2は調整するので、辛いような腰痛にはなりません。     自分自身で調整できるって便利ですし、他店では絶対に分からないような原因まで探せるんですよ!?でも施術で何をやってるの?意味が分からない、、、という視線よく遭遇します。     久しぶりのセラピストさんも、目が釘付けになっていたようですが、心が躍っていたかはわかりませんw     また次回に続きを     あ…ちなみに逮捕されない犯罪はハート泥棒くらいなもんです。                 そして僕はルパンではなく、「五右衛門派」です。
先日も無事に8月のterakoyaセミナー内蔵編   気合入れすぎて…   空回りてきな備忘録         いわゆるセミナー内容が大きくなり過ぎて時間オーバーしても終わらないっていうww   年間のカリキュラムはあるんですが、いざ資料を作るときに新潟ではなく、日本で旬な内容を伝えたいと思うと…   膨大な量に…   しかし「生徒のため」には…なっていると思います(笑)         生徒さんの真剣な眼差しをみていると、ますます膨大な量を提供したくなるドSな性格な自分。   性格が悪いんでしょうねw   至らない僕に着いてきてくれてる生徒に精一杯、今後も伝えていきたいですね。
こんばんは木村です。     怒涛の3連休を何とかやり過ごし、一息ついた今日。     お客様からの差し入れ。         ありがたいですね本当。     ちなみに…カスタードクリームのような恋がしてみたい…     ………………………………………………     ………………………………………………     どんなやねん!!っていう一人ノリ突っ込みというオチwww     肝心要の「リポDスーパー」について明日、効果を臨床実験したいと思います。         で、たまには真面目に書きます。。。         「知ってる」 と「出来る」の違い         例えば腰痛で来られたお客様。     改善度というバロメーターで納得いただけなかった場合、なぜ結果が出なかったのか?自分の考え方、やり方、方向性が間違ってる可能性も含め、考えねばなりません。     改善度と言う尺度だけで言えば、食事・環境・年齢も大いに関係する訳ですし、その中で回復が遅い方なんかも当然いるわけです。     食事に例えると、よく噛むか、噛まないかで改善度は左右される場合も多々あるし、「胃の影響」も大きいんですよね腰痛は。         そういう部分って自分の考えをお客様に当てはめ、押し付けるのではなく、見る・聞く・触る・感性なんかは個人的には重要なんじゃないかと思ったります。     さすがに味覚と嗅覚は…ね笑。     症状を判断するためには常に学ぶ必要もある訳で、そして学んだこと、考えた事を実践しなければ何の意味もないし、「知ってる」と「出来る」、そして「実践できる」は全く異質の結果のように思います。     腰痛に例えると…     1.知っている どんな場合に、どんな人が腰痛になりやすいのかを知っている。     2.理解している 腰痛に関連する筋肉(筋肉のつながり)を知っている。     3.実践できる 腰痛の痛みを引き起こしてる筋肉、そしてその筋肉が繰り返し損傷する原因に筋強化も含めアプローチできる。     こんな図式になるんでしょうね。     来月から1年を通して「エステシャン・セラピスト」向けのワークショップを始めるにあたり、自分自身が引き締まりますし、しっかりした内容を伝えていきたいですね。     ムクミなんかは本質を知ると流しませんしね、、、大切なのは対処よりも、いかに短時間で原因にアプローチできるか。そこが理解できると効果も必然。     残席あと2名、【info@wat51.com】まで気軽にメッセージください。