先日、久しぶりに包丁を握りました。     たとえジャングルに投げ出されようと、戦場というサバイバルに生き抜くため・・・     平成のサムライたるもの自炊も出来んとなれば、おけまる!とは言えませぬ。     という事で、初めてタイ料理の「カオマンガイ」を作りました。     カオ=ご飯     マン=油     ガイ=鶏肉     いわゆる「蒸し鶏のっけご飯」                 写真は2017年に行ったタイのチャトチャック・ウィークエンドマーケットにて・・・     ずば抜けて↑↑美味しかったカオマンガイ     いわゆるタイのソウルフード的存在で、素朴でシンプルですが美味い。     タイ国内でもカオマンガイ専門屋台が多数あるくらい、タイには根付いてる料理で日本人旅行者の間でも人気の定番メニューです。     今回は気がノリましたので、骨付き肉(もも)で出汁をとってから仕込みましたが、時短するなら炊飯器で材料と調味料を全てブチ込んでOK牧場     簡単に作れますので、初めて場合でも失敗はしないと思いますので、ぜひお試しくださいませ。     僕の力作は写真を撮り忘れました。。。
こんばんは木村です。     「しつこい」ようですが第三弾いきます。     まずはチャトチャックパーク(ウィークエンドマーケット)に到着。                 朝の爽やかな一枚。     輝く日差し、色とりどりに咲く花、チャトチャック赤い看板と歴史を刻む列車の車輪。     そして…     青いタオル……………………     ………………………………………………     ………………………………………………。     なぜ、青いタオルを持ってんだーーー     オレ。。。         気を取り直し、マーケット内での食堂チックな場所で朝食。     トムヤムクンと名前を知らないんですけどオムライス的な飯。                 屋台にちかい感じが異国情緒をかもしだしますよね。食べかけでごめんなさいw     赤い物体は唐辛子で通常はここまでかけないそうで、お店に人にも笑顔で「Good!」いただきました。                 暑さ+辛さ+人混み+熱気が醸し出すハーモニーで、汗という情熱の雫がほとばしるため、午前10時と言えど、水分補給は必然です。         お次の昼飯は日本のタイ料理屋さんでも、お馴染みのカオマンガイ。                 「カオ」は鶏のダシ汁を使って炊いたご飯、「ガイ」は茹でた鶏肉…     絶品にて思わず…     「ご飯と肉の出会い鶏や~」と、きむ麿呂節を吐く!     僕の歓喜の声とは裏腹に冷めた視線、、、意外と刺さるよね心に。     タイに行かれる方、このチャトチャックでタイ食文化のルーツを是非。     本来はこんな「唐辛子」はのってませんし、振り返ると、食レポしかしてませんね、、、        
こんばんは木村です。     今日は今年初のセラピスト向けトリガーポイント講座のスタート日だったんです。     で、その内容を800文字ほど書いて、PCの前から離れて数分…     ブログが…     え?・・・     今…     NOW…     現在…     消え…         オーマイガッ!!!!!!         なので、今日は先日のバンコク珍道中に気分とともに気分切り替えますw     タイにいったら当然のごとく老舗から新鋭までマッサージ屋さん巡りの敢行はマストであり、仕事であり、刺激注入、闘魂までも注…     それはないな。         毎日、120分のマッサージを受けながら、ほほぅこんなテクニック使うんだな。などと考えてるんで…     意外と癒やされないww     アンテナ張ってると、意外とリラックスできない。。。         テクニックも大事だが、何より気持ちを感じるのが1番です。     今日からセミナーを受講されてるセラピストの方は     「気持ちを受け取り、伝えられるセラピスト」になってください。と言いたいですね。     珍道中はまだまだ続きます笑
こんばんんは木村です!     24日の夕方より29日まで研修にてバンコクに行ってまいりました。         下の画像が物語るようにマスク姿は施術さながら。あくまでも研修です。って皆さん肌で感じてくれますねw         バンコクで、どんな事をしてたのか?とりあえず置いときまして別日に書きます。     でもって、「ストレスと身体の変化」について。     よく、巷に「心とカラダは繋がってる」そんな風に言われてます。     以前はかく言う僕も単なるリラグゼーションマッサージの宣伝文句くらいにしか思ってませんでした。     心とカラダの繋がりをしっかりと納得いくような説明を受けた事がなかった。。。     その根底って、自律神経などが関わる部分も大きいのかな。     緊張して、お腹痛くなるのもストレス性の自律神経反射なわけで僕自身、日本に居る時はカラダの違和感なんか、度々でます。     右利きで右腕を良く使うし、施術の姿勢のクセとか、お酒、、、ストレスなんかも少なからず関係してるのではないかと。     今、タイに滞在してるとストレスはほぼゼロ。当然ですが毎日ランチビールも有りな感じ笑     でもカラダは……………………………………………     楽なんです。     首の筋肉の緊張もお腹の横隔膜のハリなんかも緩くなってるのが自分で触った感覚、首を動かした時の感覚が違うんですよね、、、     まだ、タイ古式マッサージすら受けてないのにww     やっぱり、そこには自律神経とカラダの繋がりが深いんだなぁと思ってしまいます。     お客様にとって僕がタイに変わるサードプレイスのような存在になれば…     なんて考えつつ、またお客様との向き合い方、考えさせられます。     空港に着いた瞬間から感じる独特な香り、雑多な文化、雰囲気、料理、そしてゆるい感じは好きなんですよねタイ。移住しよかなって思うくらい。     だから個人的に好きです。珍道中はまた後日に。     高速道路のパーキングエリアで食えと言われた珍味を皆さまに、おすそ分け