Y1000 (ヤクルト1000)
 
 
世間ではヤクルト1000の話題でもちきりで、コンビニでも売り切れになるらしいです。
 
日経トレンディによると、なんとヤクルト1000は、現在1日120万本も売り上げているそう。。。
 
売上が前年より497%アップ…凄い。
 
このブームを機に久しぶりにヤクルトを飲んだという人も多いのではないでしょうか?
 
想像以上に甘くてビックリしたというお話も聞きました。
 
そこで今回は、ヤクルト1000の成分にフォーカスしてみようと思います。
 
公式サイトには・・・乳酸菌シロタ株という優秀な乳酸菌が1000億個入っている
 
※乳酸菌シロタ株:乳酸菌の中でもよく働く優秀な菌らしいです。
 
《継続して飲むことで睡眠の質向上、ストレスを和らげる、腸内環境の改善の効果がある》という理由でヒットしているようです。
 
 
 
しかし何事も2面性があると常々思うのは、職業柄でしょうか。
 
やはり糖類の多さも気になるところ・・・
 
 

 
 
砂糖(国内製造)、脱脂粉乳、ぶどう糖果糖液糖、高果糖液糖/安定剤(大豆多糖類)、香料
 
※ぶどう糖果糖液糖、高果糖液糖はクセ者です。
 
ヤクルト1000の糖質は炭水化物と表記されています。
 
 

 
 
100㎖あたり14.1g
 
数字だけ聞くといまいちピンときませんね。
 
そこで甘い飲み物代表ともいえる東の横綱コカ・コーラに挑む。
 
 
 
その結果が…
 
・コカ・コーラ  :100㎖あたり11.3g(ステックシュガー3.7本分)
・ヤクルト1000  :100㎖あたり14.1g(ステックシュガー4.7本分)
・Y1000   :100㎖あたり15.7g(ステックシュガー5.7本分)
 
※ステックシュガー1本3g  
 
 
ヤクルト軍団が圧勝です。
 
 
特に店頭販売モデルの「Y1000」は、1本飲むだけでステックシュガー5.7本分を秒殺で補給できるほどの最強の刺客
 
飲料界に大横綱の白鵬あらわる。笑
 
「ヤクルトはジュースよりも身体に良さそうだし気にせず飲んでも大丈夫」と考えている人はご注意くださいませ。
 
 
ヤクルト1000は想像以上に糖質が高いということが分かりました。
 
では糖質を摂りすぎると体内では、どんな生理学的な反応が起こるのか?
 
 
 
シンプルにお伝えすると・・・・・・・・・
 
 
 
太ります。
 
 
 
もう少し詳しくお伝えすると・・・・・・・・・
 
 
 
代謝が落ちます。
 
 
 
さらに深掘りしていくと・・・・・・・・・・・
 
 
 
糖質の過剰摂取は腸内環境が悪化します。
 
 
 
なぜ悪化するんでしょうか?
 
それは、カンジダ菌が増えすぎるんですね。
 
もちろんカンジダ菌は、健康な人の腸にも存在する常在菌の一つですが糖が大好物。
 
腸内環境が崩れてカンジダ菌が過剰に増えると、「アセトアルデヒド」を作り出します。
 
二日酔いの原因ともいわれ、頭痛や慢性的な疲労や抑うつ、パニックなどの様々な症状の原因となります。
 
ヤクルト1000だけが悪いわけではなく、食事やおやつをなど様々なモノから現代人は、糖質を取り過ぎている人が多いんじゃなのかと、思ったり。
 
乳酸菌シロタ株は優秀かもしれませんが、炭水化物(糖質)の量がコカ・コーラより多いって・・・
 
 
ヤクルトの謳い文句である、「継続して飲むことで睡眠の質が向上」を木村流で考察してみます。
 
①ヤクルト1000飲む→血糖値が急上昇
②血糖値を下げるためインスリン分泌
③急激に血糖値が下がるため睡魔が襲う
④パタンと寝れる
 
満腹の後と同じ原理です。
 
※ヤクルトが嫌いなわけではありません。
 
TVやSNS、メディアに惑わされることなく、本質的な内容を今後もお伝えできればと思います。

7月のお休み🐈
 

 
 
7月 4日(月)
7月10日(日) 研修
7月11日(月) 研修
7月18日(月)
7月25日(月)
 
 
※7月10日は日曜日ですが、研修のため、お休みをいただきます。
ご理解のほど宜しくお願いいたします。
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

こんにちは新潟CBS整体wat51です🌱
 
 
先日、Npoはぐハグさんが主催するワークショップの講師をつとめさせていただきました。
 
 

 
 
内容として・・・
 
・五感の刺激で身体が変化する
・緊張しやすい人は神経の誤作動が起こりやすい!?
・心身を整えるエクササイズ
・質問コーナー
・栄養のお話
 
 
心と身体つながりをテーマに少しだけ本質的なお話をお伝えさせていただきました。
 
私たち人間の心と身体も本質的な部分に切り込むほど「面から点」になり、研究に近づきます。
 
複雑で分かりにくくなり、理解してもらうための工夫が必要になるので、伝える側の私たちもトライ&エラーのくり返しです。笑
 
 
 
話は戻りまして・・・
 
私たちは日々、五感を使い生きています。
 
視界からはいる映像や音を聞き、色々なものに触り、食事などで匂いや味を感じています。
 
「刺激的な味や匂い」などと言われるように、私たちは五感で様々な情報という刺激を受け取っています。
 
いわゆる五感がテレビアンテナのようなものです。
 
凸凹があったり過敏なケースは、受け取るアンテナが大きいがゆえに刺激を必要以上に感じてしまうことが少なくありません。
 
たとえ小さな音でも、受け取る側がうるさく感じれば「騒音」に感じてストレスになるでしょう。
 
生きづらさを感じる方々が、今よりもっと楽に歩んでいくために様々な方々と連携しながら、教育・療育に関わる方々に認知していただけるように、歩み続けたいと思います。
 
 
質問コーナーでは、主催者様、そして参加者さまから疑問や要望、ご相談など、貴重なお話を伺いました。
 
私たちにとっても良い学びの日となり、感謝いたします。

こんにちは新潟CBS整体です😊
 
 
この度ご縁をいただき、Npoはぐハグさま開催のワークショップに参加する運びとなりました。
 
 

 
 
以前に特別支援学校でのエクササイズ指導の経験から、講師としてご指名いただき嬉しい限り。
 
脳と神経系に働きかけるエクササイズを通じて、心と身体の調和するための一助になればと思っています。
 
パートナーや家族、子どもたちを一番身近で支える方たちケアする側の人って、実は意外と感覚バランスが取れていないことが多いんです。
 
親子、支援する方、伴走者である私たち自身にも目を向けることも大切です。
 
自分が元気じゃないと支えきれません。
 
実際に日常生活で生きにくさを感じている人たちって、たくさんいらっしゃると思います。
 
それは子どもたちに限らず、大人にも同じことが言えます。
 
そう言った方々を全力でサポートするため、施術、栄養療法、エクササイズなど通じて活動しています。
 
こころの安定と身体、脳ー神経系ー栄養など実は、全てがつながっています。
 

 
今の小学校では、落ち着きのない子どもたちは、安定させるために薬を進められること、2人のお子さんを持つお母さんから貴重なお話も伺っています。
 
これまでの医療・療育には無い、新しいカタチの私たちの活動。

 
3年後は、もっと教育・療育に関わる方々に認知していただけるように、歩み続けます。
 
 
セラピスト 木村
 
 
 
 
《 Npoはぐハグ 》
 
子どもと、子どもの育ちに寄り添う人があたたかく抱きしめられるような社会を育むという理念のもとに、さまざまな活動をされている団体です。
 
・保育・教育改革の支援
・子ども・若者・女性のキャリア形成環境の向上
・子育てを開き、共有する地域づくり
 
 
日時:6月26日 午後1時から2時30分
会場:灯心文庫 新津本町1-3-21
対象:心と身体の発達に関心のある方、保育、教育、療育関係者、発達の凸凹が気になるお子さんの保護者さま
 
 
【プログラム】
①心と身体のつながり
②五感と刺激のお話
③身体のバランスのお話
④子どもたちを支える方のバランスチェック
⑤エクササイズ体験
⑥もう一度、バランスチェック
⑦質問コーナー
 
 
【お申込み】
hughug.npo@gmail.com
(担当はNpoはぐハグさまです)
お名前、ご連絡先メールアドレスをお知らせくださいませ。
 
*時間があれば栄養のお話もあります。
*駐車場は近隣パーキングをご利用ください。
 
 
 

こんにちはスタッフの岩本です。
 
 
ぜひ岩ちゃんと呼んでください^^
 
今回はわたしのことです。
 
最近、ひんぱんにお腹が痛くなる・便秘・お尻の痛みなどが続いておりました…
 
最初は、甘いモノ大好きなので、、、食事が原因かな?とも考えていました。
 
不調が続くため、先生に施術をお願いしてみました。
 
もちろん福利厚生です(笑)
 
結果は、予想外の感情ストレスが関係する不調。
 
「心配」そして「親」という言葉がキーワードでした。
 
実は、少し前から親が体調をくずして入院しています。
 
自分では意識しているつもりはなかったのですが、無意識に身体が反応していたみたいです。
 
親のこと、想いすぎていたようで身体って素直ですね。
 
無意識なので感情コントロールができるわけもなく、、、
 
個人差はあると思いますが、心配する気持ちが大きくなりすぎると身体が痛くなること、改めて心と身体のつながりを感じました。
 
 
おかげさまで今はお腹も通常モード、お尻の痛みも消えました。
 
これで安心して食べたいものを気にせず食べれます😊
 
小麦や砂糖に耐性がなくて、お腹が痛くなったり頭が重たくなったりを繰り返していた私ですが、施術を重ねていくうちに、食べても不調になりにくい身体になってきました✨
 
まだまだ知られていませんが、食べ物でも感情ストレスも一人ひとり耐性が違います。
 
たくさん食べても平気な人、少し食べても心身に違和感がでる人、みんなバラバラ。お酒と同じですね。
 
なにごともいい塩梅で過ごしたいと思います。
 
 
 
 
先日もご相談者さまから米粉パンとお菓子を頂きました。
 

 
いつも優しいお心遣いをありがとうございます✨
 
卵/乳製品/小麦/ナッツ 不使用で保存料も入っていない無添加の米粉パン。
 
お米のもちもちした触感と素材の甘みがとても美味しかったです。
 
お店の場所も、院から徒歩5分。
 
他のご相談者さまからも聞いているで、ぜひ伺いたいと思います。

6月のお休み🐈
 

 
 
6月 6日(月)
6月13日(月)
6月20日(月)
6月27日(月)
 
 
毎週月曜日がお休みとなります。
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

こんにちは木村です。
 
 
本当に突然ですが家族ができました。
 
 
お伝え?告白?するタイミングがつかめませんでした。
 
本当にプライベートな事なので、このブログに書くべきか…
 
書かないべきか、迷いました。
 
この年齢になり、なんだか少し恥ずかしいような気もしますが、やはり言うべき。
 
 
 
 
ねこ飼ってます。
 
 
2週間前にお迎えしました。
 
 
きっかけは、何気なくNETで犬・猫などを閲覧したら動物愛護センターのサイトにたどり着きました。
 
保護されている犬や猫の写真がたくさん載っている中で、一匹の黒猫が目に留まりました。
 
保護センターのサイトには、猫ちゃんをプッシュする「押し猫」という動画もありました。
 
個人的な推測ですが人間慣れして飼いやすいのかな?とも思いました。
 
しかし、目に留まった黒猫は、なぜか押し猫ではない。
 
かわいいのに…はて???何故だろう。もはや一休さんのようにトンチです。
 
次の日、思い立ったが吉日とばかり保護センターの黒猫に会いにいきました。
 
我ながら、行動力の早さにびっくり。
 
ケージの隅っこに隠れて声も出さず、怯えているようでした。
 
ニャのひと言もありません。おじさん寂しいw
 
なんとなくですが、不思議と私と似ているところを感じました。
 
長居せず後日にまた連絡しますと、お伝えして保護センターを後に。
 
帰宅後も頭の中は猫でいっぱい。
 
離れませんね、、、まるで中学生の初恋です。
 
好いておるのだと確信すると、保護センターに縁組のラブコール。
 
さっそくお迎え日が1週間後にきまり、ケージ、トイレなど急ピッチで準備。
 
アマゾンプライムが最強をここで立証。ありがとうございました。
 
そして当日、長岡の動物愛護センターへお迎え。
 

 
非常に怖がりらしく保護センターの方から色々とお話を聞き、車での移動も何ごともなく無事に帰宅。
 
やっと聞けた鳴き声は「ヴヴー」
 
犬かっっwww
 
警戒心MAXで毎日、近づくと威嚇していました。
 
1歳になるまで、与えられた食べ物も少なく、半野生化して人間との楽しい思い出がなかったそうです。
 
 
2週間たった今、ようやく「ニャーン」とかわいく鳴くようになり、表情も変わってきました。
 
人に慣れるまで、まだ時間がかかりそうですが、愛情を注いで一緒にすごしたいと思います。
 
 
カメラを向けると怖がるので、写真はこうご期待(笑)
 
 
ちなみに…院の傘立ても猫モデルを採用。
 

 
もったいなくて傘を置けないなんて言われましたが、バシバシ使ってください。
 
ク・ロ・ネ・コ・最高。
 
これからも定期的に黒猫シリーズが増えそうです。笑
 
猫を飼っているかた、情報求む。

「突然の右手痺れ」
 
 
こんにちは新潟CBS整体 木村です。
 
先日、グーグルマップに嬉しい口コミいただきました。
 
 

 
 
 
※Googleのロゴも変わったことを今さら気づきました。。。
 
 
口コミを頂いて嬉しいことが二つあります。
 
一つ目は、ご相談さまの笑顔が見れること。
 
二つ目は、その方の家族も笑顔になること。
 
 
えが
 
 
今回のご相談者さまは数年ぶりでご来院されたときは辛い状態が続いているとおっしゃってました。
 
以前とは違い、表情も険しめで声のトーンも元気がない。
 
調べた結果、原因のひとつに食生活もありましたが、ストレスも大きく関わっていました。
 
ストレスの影響ってそんなに身体にくるの!?
 
いやいや、みんなストレス抱えるって!
 
と思う人が大半だと思います。
 
多くの方は、ストレスと身体の不調が結びつくイメージが湧かないから脳内で??マークが付くんだと思います。
 
 
ストレス反応も実は、順序があります。もちろんイレギュラーも。
 
 
例えば・・・人間がストレスを感じるとノルアドレナリンなどのホルモンが分泌され、ストレスに耐えられる精神状態になります。
 
しかし、長期のストレス状態が続くとノルアドレナリンが過剰に分泌され、怒り・恐怖・不安などの反応が強くおこります。
 
これが本能的に心身を興奮状態にするスイッチとなり、他にも痛覚が過敏のおまけ付き。
 
本来は少しだけ痛いのに、過剰に痛みを感じるようになる方も経験上で少なくありません。
 
こういった順序を理解すると心と身体ってつながってるんだなと感じれるようになります。
 
怒りや悲しみのネガティブな感情で腰が痛くなることもあれば、家族を大切に想うがゆえにお腹の調子が悪くなることだってあります。
 
なにごとも「いい塩梅」といいますが、まさにその通りだと私たちも考えます。
 
私の好きな言葉・・・何事もバランスとタイミング
 
今回はよいタイミングだったんでしょうね。
 
ご相談者さまの痺れも2回目で落ち着き、帰り際の明るい表情に安心しました。
 
 
でもきっと・・・
 
何やってんの???なんでこんな事させるの?と思っていたはずです。笑
 
だれでもイメージや予想できる範囲のことを行っていれば、予想外の結果は残せません。
 
数年たっても当院を思い出して頂けたことに感謝しつつ、これからも笑顔で過ごせるようサポートして行きたいと思います。
 
 
 
どこへ行っても治らないとき、気持ちも落ち込みますよね。
 
そんなときはお力になれるかもしれません。
 
まだ出来ることがあります。

2021年5月11日に亀田へ移転。
 
早いもので1年が経ちました。
 
以前の女池から変わらずご来院くださるご相談者さま、新しいご縁も沢山ありました。
 
日々皆さまに支えられていることに感謝しています。
 
 
当日、お花を届けてくださったご相談者さまや友人
 
ワンちゃんのお散歩の前に、わざわざ院に立寄ってくださった方、
 
私たちを気にかけ、旅行のお土産をくださる方、
 
たくさんのお祝いやサプライズまで本当にありがとうございました。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
今後も、ご相談者さまとの信頼関係を大切に、周りから理解されづらいお悩み・生きづらさを抱える大人から子どもまで、おひとり一人としっかり向き合いながら歩んでまいります。
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

最近、お子さんとハグしていますか?
 
大切なひとと触れ合っていますか?
 
肌と肌が触れ合うと温かく感じてマッサージや背中をさすってもらうと気持ちが良い。
 
なぜでしょう?
 
人の安心や安全という感情は「皮膚」からも生み出されるとも言われています。
 
実は肌と肌が触れ合うことはとても大切です。
 
海外のある部族の調査では・・・
 
・赤ちゃんのときから肌を密着させる→非常に穏やかで、争いごとが少なく育つ
・肌を密着させない放任スタイル  →攻撃的で争いごとが好きな傾向になる
 
という調査結果もあるほど・・
 
 
スキンシップ=肌の触れ合いを「やる・やらない」で大きく変わることがわかります。
 
 
人肌に触れると、なんだか幸せな気持ちになったり・・・
満足感や充実感を感じたり・・・
犬や猫と触れ合ったり・・・
 
モフモフしたぬいぐるみを抱きしめても気持ちが良いですよね。
 
温かいスキンシップをすることで脳内では、オキシトシンというホルモンが作られます。
 
このオキシトシンが分泌されると、私たちは心がやすらぎ、幸福感を感じます。
 
親子の関係では、きずなが深まり安心感が生まれます。
 
 

 
 
このオキシトシンは幸せホルモンと言われるセロトニンを活性化して「不安・恐れ」を調節して心を安定させてくれます。
 
幼少期に親からのスキンシップが多い人は、オキシトシンやセロトニンが出やすく穏やかに成長しやすいと言われています。
 
 
大人になりストレスからのダメージ修復が早い人と、引きずる人の差はこの部分も関係があるのかもしれません。
 
 
今の時代は多くの家庭が共働きであり、スキンシップが減少している家庭もあると思います。
 
いろいろ事情があり、心の余裕がないと、そこまでの気遣いができないことあるでしょう。
 
そんな時は、短い時間の中でも触れ合うこと大切にしたいですね。
 
いつの頃からか「抱きぐせ」というネガティブな言葉がありますが、抱っこされたいという欲求は本能的なものです。
 
幼いころに抱かれたりなかったり、ネガティブ言葉をずっと聞いて育った場合、将来的にも心が不安定になりやすい傾向があるので深刻です。
 
 

 
 
生物のなかでも哺乳類はスキンシップが多いと言われています。
 
動物は、生後間もない赤ちゃんを舌で舐めるのは全身に刺激を与え、毛づくろいはコミュニケーションの手段とも言われます。
 
私たち人間も抱っこすることで赤ちゃんの心を安定させたり、実は脳の発達も促しています。
 
こういった部分が愛着システムやオキシトシン・システムに関係します。
 
日常生活で不安を感じやすい、パニックになりやすい、過剰な緊張、取れない疲労感、環境の変化に敏感という方も大丈夫。まだ出来ることがここにあります。
 
 

 
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、心身のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えている、HSP、お子さまのお悩み、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓