以前からプロアスリートのメンテナンスを担当させてもらってます。
 
 

 
 
骨格を支える筋肉、神経、栄養を運ぶ血管、そして皮ふに至るまで人は食べたモノが栄養となり心身を作ります。
 
 
アスリートが100%のパフォーマンスを発揮するためには、日々のトレーニングや食事にも気を配っている方が多いと思います。
 
 
私が担当しているプロアスリートの方は、「水分補給=水」ではなく水分補給の中身まで気を使っているそう・・・さすがです。
 
 
ちなみにアスリート整体コースは、様々なテストや検査をくり返し行い、大腰筋などの重要なインナーマッスルの筋バランスを細かく調節します。
 
 
もちろん骨の歪みをミリ単位で修正もするし、筋肉のケイレン痛も止めます。
 
 
筋力に左右差があったり、片側だけ痛い状態ではパフォーマンス低下が否めません。
 
 
マッサージほど「やられた感」はありませんが、大切なことは「やられた感」ではなく、パフォーマンスを取り戻すこと。
 
 
不調の人に置き換えるなら、日常を自分らしい健康と笑顔で過ごすことになるでしょうかね。
 
 
食事にも気を使い、トレーニングで鍛えていますが、ちょっとしたキッカケで筋肉や骨格のバランスは崩れるものです。
 
 
 
 
アスリートは、競争するために肉体だけではなくメンタルが大切ともいわれており、最近はメディアでもオリンピック選手がよくインタビューされています。
 
 
スランプに陥ると「やる気が起きない」なんてことは、誰しも一度は経験します。
 
 
常に絶好調をキープなんて厳しい。
 
 
だからこそ、落ちないように、落ちても酷くならないようにリカバリーする必要があります。
 
 
それはアスリートだけでなく、不調になりやすい、くり返しやすい、ストレスを感じやすい方にも言えること。
 
 
特にHSPの方に伝えたい。
 
 
わりと心身ともに辛くなってから来られる方が多い。
 
 
ボロボロになってからのリカバリー(修復)と、そこまで辛くない状態でのリカバリー、どちらが回復が早いでしょう?
 
 
何事も早めの対応が結果につながると考えます。
 
 
 
 
 
 
プロアスリートの足と私の足を比べてみた・・・
 
 
 
 
アルビレックス新潟
 
 
か細く見える自分の足。。。
 
 
ズボン脱がなくて良かったw

こんにちは 木村です!
 
 
気づけばもう12月
 
 
あっという間に2020年が終わろうとしていますが12月のお休みをお知らせいたします。
 
 

 
 
春から始まったコロナ・コロナ・コロナ…
 
 
少しウンザリしてますが、メディアの情報の踊らされないよう、現時点での正しい知識を元に行動したいですね!
 
 
怖いという感情が大きくなり過ぎると、自律神経系の不具合が起こり、その後にホルモンバランスの乱れ・・・
 
 
そんでもって最後に「不調な症状」の順番ですよ~(笑)
 
 
こういった意味で「心身一如」などと言われる由縁です。
 
 
身体がダメになれば、心は疲弊する。
 
 
心が疲弊すると、身体にも影響を及ぼす。
 
 
感情ストレスなんて関係ない金属の機械だって摩耗するんです。
 
 
2021年に向けて良いスタートを切るためのメンテナンスしてあげてくださいね。