こんばんは木村です。
 
 
リーガーキット症候群その1の方…
 
 
結果を書くことを失念しておりましたとさ、いつものことだけどこのBLOGを読んで方は一番気になる部分ですよね。
 
 
結果として「大腸・小腸・子宮」などの内臓反射で腹直筋や大腿筋膜張筋あたりは未だトラブルになりやすい傾向ですが、施術を重ねるごとに痛みのレベルも下がりやすくなって動けないような状況は皆無。
 
 
見通しも明るくなりましたが、今後もしっかりサポートしつつ、進めたいと思う今日この頃です。
 
 
 

 
 
当然ですが、今回の事例も栄養面でのサポートの重要性を感じましたね。
 
 
が、しかし…何度も言いますが何でもかんでもカラダに良いモノを摂取すればいいってもんじゃないんですよ。
 
 
現状でしっかり消化・吸収・排泄のサイクルが出来てる事が前提で、いわゆる「循環」が大切なんでね。
 
 
是非、通われてるサロンがあれば、何故ナゼ?攻撃してみてください。
 
 
どんな身体に良いと言われる食事をしても下痢してたら、、、ねぇ。。。
 
 

 
 
食べ物でも施術でも相性ってありますし、ゴリゴリ揉んで欲しいとか、その場だけスッキリしたい方にウチの施術は合わないわけですし、おすすめもしません。
 
 
僕らセラピストにも言えることですが、自分はどこを目指すのか?要は着地点ですよね。
 
 

こんばんは木村です。
 
 
わりと短いスパンでの腰痛を「何度も繰り返す」お客様がいました。
 
 
仕事に支障がでるレベルでね、、、
 
 
 
 

 
 
 
 
まぁ最初はメンタルストレス・乱れた食事や過度の飲酒・長期的なピルの服用etc…
 
 
ここまで揃えば間違いなく、内臓疲労→大腰筋緊張→腰痛かな?そう見立てました。
 
 
実際、腹部の皮膚のハリ感や肝臓はうっ滞してるレベルだし…
 
 
間違いないと思い、先ず食事を変えてもらいながら何度か施術しました。
 
 
好転反応もでるが、施術した次の日は、かなり楽になるとのご報告。
 
 
でも、また繰り返す腰痛、、、
 
 
繰り返す原因を考えますよね、施術の見立てが悪かったのか、栄養素で見落としたか?
 
 
 
 

 
 
むむむ…
 
 
何故だろう…
 
 
かと言ってすぐに戻るわけではありませんが、事あるごとに腰に痛みと違和感がでるようで…
 
 
悩みましたし、調べました。
 
 
横浜セミナーがヒントになり、ハッとしましたねぇ。
 
 
んんぉぉーーーーー!!!!!
 
 

 
 
もしや、もしやの 「リーガーキット症候群」なんじゃないかなと。
 
 
本当にザックリ説明すると、腸の粘膜に穴があいて、排除されるはずの有害物質(毒素)が体内に取り込まれる状態のことです。
 
 
腸に穴?死ぬでしょ普通?と考えますが…
 
 
いえ…
 
 
死にません、穴が小さいんでね。
 
 
腸の粘膜には目に見えない小さな穴があって、体に必要な栄養素で取り込むor有害な物質で排除するのかを見分ける作業をしてまんねん。
 
 
これが「腸は免疫器官」と言われている理由。
 
 
腸は賢い、脳はバカ…確かそんな本ありましたね。
 
 
世の常で何でも便利になるように進化?進んでるし、当然、食事っていう面おいても「安い・早い・美味い・どこでも・いつでも」そんなニーズも多い現代。
 
 
原価が安くて、日持ちして、美味しい食事…
 
 
皆さん、何を思い浮かべますか?グルテン系の食べ物が真っ先に思い浮かぶのは簿だけでしょうか。
 
 
まぁ自然・天然系の食品は日持ちしませんよね。
 
 
次回はグルテンについても少し。
 
 
是非、ググってください「グルテン 食事」