HSP
  先日は、【HSPって何?】をテーマに、ぽてとの会でお話会を開催しました。                 明るいところが苦手     騒がしいところにいると疲れる     匂いや香りが気になるな〜     疲れやすい     朝起きれないetc…         振り返ると自分自身がHSPで、当時に理解していれば、もっと楽に過ごせたのに…     そんな経験と現在はHSPをケアする立場として、繊細な心と身体について、“食事、カラダ、発達”という面からお話しさせていただきました。     真剣にメモをとっている方もおり、逆に私が緊張しそうになったり…(笑)             HSPについては、本やネットでもたくさん情報があります。     例えば…     ・過剰な刺激を受けないようにする。     ・心を休ませる時間を十分に設ける。     ・簡単に否定したり、叱ったりせず受け入れて、その子の自己肯定感を高めることを意識して苦手なことはペースに合わせてあげる。         HSPって、こ~だよね~ あ~だよね~。     優しくふんわり否定せず、見守りながら、時には休んで…     確かに意味はわかるし、大切な考え方だと思います。           事件は会議室で起きてるんじゃない。現場(身体)で起きてるんだ!と言いたい。笑       人は、危険や強い刺激を感じるとアドレナリン(やる気ホルモン)をだして緊張モードに切り替わります。     でも、安全だと理解するとリラックスモードに切り替わり、身体の緊張もゆるむ。     この切り替えがHSPは上手くないので、ずっと緊張が抜けにくいので疲れやすい。     こういった緊張&リラックス、涙や汗も自律神経の働きによるもの。     悲しい・嬉しいときも涙を流して感情を表現するように、ココロと体は繋がっています。             緊張を緩めるためのエクササイズもして、身体の変化を実感していただきました✨         ひとつの方向から見るより、色んな視点で「全部まるごとみる」って考え方が広まることを願っていながら9月のぽてとの会ワークショップに向けて、また頑張ります!           【参加された方々の感想を一部、ご紹介】     ・歳を重ねる度に、また母親になる度にいろんなことに気付かされることが多く、今日木村さんのお話で、また色々学びました〜。     ・食事の話も、常に早寝なのに疲れがとれないうちのパパは、もしかして毎日の職場の添加物弁当のせいなのかな?     ・木村さんのお話を聞いて、困った時に駆け込める場所ができ、お守りをもらったような気分です♡     ・食事の重要性を認識して子供の食事に気を付けるようになりました。         第一回目、最後は皆さん笑顔で安心しました♪     HSPについてのご相談・お問合せはトーク公式専用の公式LINEをご利用ください。    
こんにちは 新潟CBS整体 木村です。     昨日は、ぽてとの会ミーティングに参加。     発達の支援、地域の子育て支援について、阿賀野市の現状など・・・     保育という目線からご意見を伺いました。         グレーゾーンや凸凹さんのご家族の声、県・市など行政支援では届かない部分、私たちができる事についても話し合いました。     その中でも食育やHSP(繊細さん)って? どんなことに関係する?      発達支援エクササイズに興味をもったお母さんたちの要望がきっかけでスタートしたこのミーティング     8月には、「子どもの発達と食事の関係」のワークショップを行うことが決まりました。     行政支援とは別の角度から「食と身体そしてココロのつながり」を楽しみながら、お伝え出来ればと考えています。         #新潟CBS整体#新潟#整体#どこへ行っても改善しない#hsp#新潟HSP#繊細さん#発達#発達凸凹
「頭蓋骨から全身を感じてみる」セミナーを始めましたって話。   セミナー自体は、5年ほど前から開催していたが頭蓋骨はお初。   公に募集はしませんでしたが、有難いことに満員御礼にぺこり。             頭蓋骨は、クラニオといい正式には「クラニオ・セイクラル」と呼ばれたり。   歴史もながく、100年くらい前からスタートして世界135カ国にも普及している。   色々なやり方があるが、実際のところ全て習得するには、途方もない時間と労力が必要になり終わりも見えない。   参加者の方々にすべての知識と技術が必要か?否か…   第一回は、優しくスマイリーな内容に変更して、「触れることの大切さ」を伝えてみた。             たまに本だけで学ぼうとする方もいるが、私はお勧めしない。   人には、「視・聴・嗅・味・触」の五感があり、本や映像だけの学習だと「視覚と聴覚」しか刺激できない。   現実のセミナーでは、「味覚」以外の感覚すべてをつかい「経験値」という貴重なモノを手に入れることができる。             前説が長くなったが、1回目を終え「非常に面白かった」と嬉しい感想をいただき、まずは一安心。   私自身も色々なセミナーに参加した中で、ようやく自分らしいセミナーが何となく形になってきたような気がする。   「花屋さん、販売職、セラピスト、医療関係者」まで様々な方が参加してくださるのは嬉しいが反面、コンテンツ作りに苦労する(笑)             何度もくり返して練習をすると、不思議なことに感じれないモノが感じれるようになる。   感覚が研ぎ澄まされていくと、「わぁ~身体がゆるんだっ!」目を丸くして驚いたり、楽しむ姿を見て…   次回、難易度を少し上げて私の愛情を表現したいと思う。
1月は本格的にブログをサボりました。     そこで時系列に出来事をチラホラ。     1月上旬に行うセミナー資料を作っていました。     骨盤の筋肉を調べてたつもりが、アレレ・・・     徐々にズレていき、好きな脳科学と神経系の引き込まれ・・・     おーい、筋肉どこいった。                 心の声が問いかける。     以前から繰り返してるしね。に資料作成には難ありなワタクシ。     そんな経験ありません???     NETで調べる→最初のキーワードから徐々にフェードアウト→当初とまったく無関係なモノを検証している自分。。。     「あれっ?」なんでこんなページに?みたいな、特にAmazon(笑)     こんなことが日常茶飯事だから資料の作成が進まない。。。     まぁ無事に終えることができて、一安心                 今回は、呼吸と横隔膜~むくみや腰痛にも関係する骨盤隔膜、腰椎の機能解剖を中心に。     漢字ばっかりの理解する、ニホンゴ・ムズカシイネ。     説明してて、そう思います。     難しいけど大切な部分で、お腹って中身も連結してるんですよ。     見えないけどね、お腹の筋肉、横隔膜と骨盤隔膜みんな合体するのさ。                 見える部分はセラピストでなくとも、凝ってる?硬い?触れば痛い?中学生でもわかります。     見えない部分こそ、セラピストとして知識と技術が問われます。     恋愛に例えると、外見に理想を求めるのか?人間性の中身に幸せを見いだすのか?     そんな気がします。
一昨日、身体コミュニケーションというワークショップに参加     言葉を使わないコミュニケーションを試す時間。                 基本的にダンスは、言葉を多様せず「表情も含め身体で表現する」という感じでしょうね。     自分ひとりで表現するのは、感情やパワーを思うがまま体現すれば良いですが、相方がいる場合、思うがままにヤレば良いさ!とはいきません。     身体にも色々なコンタクトする方法があります。     叩いたり、つまんだり、触れたり、あるいはバックドロップまで・・・     今回は、自身の身体を動かしながら言葉を使わないコミュニケーションを試す時間、というフレーズにも惹かれいざ参加。     先ずは、全員でストレッチを織り交ぜながらのアップ・・・     講師の薬師寺さんが背骨を意識した呼吸法を優しく伝える。     大きく息を吸い込み、先ずは胸郭(肋骨)が広がり、肺が大きくなる。     連動して横隔膜が動き、大腰筋(インナーマッスル)が支える。     あぐらで座り、姿勢を正したり、背中を丸めたり、側屈しながら深呼吸をしても様々な骨~筋肉~内臓が連動していることを改めて実感。     何気ない呼吸という動作も「横隔膜と胸郭が縦と横に広がるイメージ」行うと呼吸の深さも変わります。     僕らは、「鼻は呼吸器・口は消化器」という表現を好んで使い1年中、鼻炎などの「いわゆる鼻が悪い人」って横隔膜~がしっかりと動いていないことが多い。     横隔膜は骨盤隔膜に繋がり深部では、下腹部の腹横筋(インナーマッスル)と関連するため、筋力低下を起こし、結果として下っ腹が出る。                 皆さんも知ってる知識ですが、効果的に身体を動かしたい時は、インナーマッスルを意識することも大切ですね。     前フリが長くなりましたが、ダンスの要素を交えながら「相手に身体を預ける」というワークも◎     しかしながら撮影の余裕なし。。。次回への反省点。笑     見渡せば、みんな小柄な女性・・・     僕だけウエイト横綱級・・・     ペアが切り替わる度に、申し訳ない気持ちでいっぱい。     終わってみれば人間は、意外と頑丈なんだと再確認。     みんな笑顔で終了。                 今後も老体にムチ打つ木村のチャレンジ日記 お楽しみに。        
先日、調子ブッこいて今季初セミナーやりました。   実は試験的に昨年からスタートして、どのように進めれば良いのか…   手探りですよね。   昨年はワークショップ形式が初めてだったので、思うように伝わらず、受講生も消化不良な時もあったようです。   では何故に、消化不良だったか…   僕が伝えたい内容ボリュームと受講生の受け取れるキャパの差…   そこまで気が回りませんでした。。。   実際、自分の感覚で応用的な内容を伝えてしまい、そこは問題だったのかなぁと反省しながら、受講生の要望をふまえ、今期は内容をリニューアルしてバージョンDOWN?で基礎からスタート   第一弾は「骨って…」から始まり、各部の名称、関節運動、背骨の動き、肋骨・肩甲骨の動き、骨盤etc…   まずはカラダの見立て方         僕が担当した腰痛、坐骨神経痛、足の長さ調整しますのウソと本当など、小ネタを挟みつつ、笑いあり、恋バナあり…         もちろん、恋バナは僕の失恋ストーリーっていうオチ。笑   現役セラピストの他、セラピストを目指す受講生も加わり、無事に迎えられたこと、ご縁と感謝しかありありませんね。         足元に雑巾が写ってるのはご愛嬌でw   つい先日、新潟市外にもかかわらずトリガーポイント整体に興味を持ち、施術を受けに来られた方が、新しい受講生として5月から参加も決まり、嬉しいかぎり。   内容を作り直した甲斐がありましたてぇ…寝不足になったしね。笑   人に理解しやすく伝えるって難しいですが、自分自身も勉強になり、今後に活きてくると。   全く話は変わりますが今日、1年ぶりにご来店されたお客様から、整体業界アルアルを聞きました。   内容が面白くて、思わず相槌を打ちまくりだったので、そのうち書きます。   業界の嫌われ者になりそう。笑
こんばんは木村です。   今日は月イチ開催のwat51寺子屋セミナーでした。   あいにく、体調不良により参加できなかったセラピストの方もおりましたが、いつものごとく、楽しく、真剣に伝えられたのではないかと。   2017年度の受講生の方も残すところ1回となり、来月の3月は総集編的なまとめにまると思います。   今日もヒアリングして感じたこと…   自分が伝えたい事がしっかり伝えきれていない。ちょっと僕が伝えたいベクトルが上過ぎたようで反省です。   いくら美味しい食べ物でも、満腹になったら食べれないし、一年を通して、もっと基礎から伝える必要性を感じました。   4月から始まるwat51寺子屋セミナーは残席2名となります。   ぜひ、セラピストとしてステップアップして基礎から学びたい方、お気軽にご連絡くださいませ。   一年を通して、筋骨格系から始まり、内臓系~栄養学まで幅広い内容で、現在の新潟にはない技術と知識を楽しく、優しく確実に伝えます。   今日は腰痛に対してのアプローチからはじまり、先ずは検査から…         でもってボクだけ記念撮影…笑         頑張って発表中。         で、まぁまぁ今日も笑いありプライベート暴露ありで楽しく無事終了。
こんばんは木村です。     今日は月1回の新米セラピストのためのワークショップ形式の勉強会。     残すところ3回を切り、しっかりと伝えるため、ねじり鉢巻ビバノンノン。     新潟って閉鎖的なのか、ワークショップも含め、学ぶ環境が整ってないように思います。     環境が整ってなければ、やる気、才能、センスがある人いるにも関わらず、埋もれている現状。     今、学びに来ている方の中で以前は別の整体?なのかよく分かりませんが習っていたそうです。     参考資料もなく、ホワイトボードも使わず、自前のノートに全力で書きこみながら、揉む・ほぐす・を習得されていたそうです…     センセーショナルな答えに…     ちょ…     ちょ…     どんだけーーーー。         エステ・リラクゼーション・整体を含め、この業界って適性試験も資格も必要なくグレーゾーンな業界だからこそ、国家資格を持つ方にも引けを取らないくらい、学ぶ必要があるんじゃないでしょうかね。     で、実際に学ぶとなった時、学ぶ環境が整っていなんですよね実はこの業界。     だから理想と現実の違いに戸惑い、ドロップアウトする人も多い反面、次々と夢と希望を抱く新人さんが入ってくる。     いわゆる人の新陳代謝ですね。     僕の知る範囲で県内にしっかりした内容で気軽に学べるワークショップ形式のセミナー環境って無いんですよ。     ま、、、だから毎月、横浜行ってるんですけど。     僕自身も横浜で学ぶようになり、情報は「生物」と教えていただきました。     医療、モノづくり、IT、そして僕らの仕事でも情報って日々、更新されるから進歩するわけで、1年前の情報は間違いではないが最新ではない。     常に自分自身が学び、学んだことは人に伝えることで生きるよと…     初めて9ヶ月間ワークショップを行ってみて感じたこと…     自分が伝えたい内容と受講者の目線?落差?が大きくて難し過ぎたようなので来年4月から始めるワークショップは内容を一新して、理解しやすい内容のカリキュラムを作り直してます。なう。     新米の方、もっと勉強したい方、本格志向なセラピストになりたい方、やる気があれば異業種でも伝えますし、ウェルカムです。         うーむ、僕自身もがんばらネバダ州。