日本人の平均寿命が50歳を超えたのは1947年になってからで江戸時代の平均寿命は30~40歳。   庶民より栄養状態の良い環境の将軍家ですら、生まれた子どもの半分は5歳までに死亡していました。   たとえば、12代将軍・徳川家慶   男女合わせて27人の子どもがいましたが、成人まで生き残ったのはただ1人で、のちの13代将軍である徳川家定のみです。   江戸時代、ちょっとした風邪で生命が奪われ、風邪から肺炎のパターンも多かったでしょう。   乳幼児の半分以上が死んでしまう江戸時代。   死因の主なものは感染症。風邪、肺炎、麻疹。   麻疹は「命定め」と言われており、この病気で死ななかったら大人になれる、という意味らしいです。   七五三は、5歳まで死ななかった、7歳まで死ななかったという、喜びの儀式です。   また成人では梅毒が多く、江戸内では本道(今で言う内科)の患者の半分は梅毒でした。   様々な753の諸説がありますが、僕はこの諸説が有力と考えてます。   今の世の中、何でも美化してビジネスに繋げる傾向に否定しませんが、本当の健康という意味を考えると、悪化してからでは遅いしお金を出しても買えない。   自分も親を癌で亡くしてるので人の健康に対してはわりと、タイト。   だからこそセラピストは向いてるんでしょうね。笑   生きてるだけで丸儲け…そんな言葉もありました。   自分もセラピストとして現役でいる間は「不調改善の駆け込み寺」として邁進するしょぞん。
こんにちは木村です。     いしだ壱成さん、、、尖った生き様は流石とした言いようがありません。     個人的にはツインソウル・ブーム到来して欲しいですね笑。     まぁ2つの魂って意味なんでしょうけど、僕は三つ子の魂百まで派です。     昨今健康ブームから始まり、ツインソウルもありきで、さまざまな健康補助食品からサプリメントが売られてます。                 僕もお酒が大好きですし、食事が偏る場合もあるんで日常的にマルチビタミンやプロテインを「おおよそ必要な量だけ」摂取してます。     サプリ大国と言われるアメリカは人口の半数以上がなんらかのサプリメントを摂取しているそうで健康意識が高いですよね。     ハイハイ、シカーシ・チョトマチクダサイ。                 片言風に言いましたが、単純に「カラダに良い」といわれるモノを摂取すれば健康になるわけではない…と書きました。     大切なのって、何が不足でしてて補えばいいのか?自分にとって取りすぎてるモノはなにか?不足もしてないのに摂取の必要は無いわけで…     だからこそ、栄養学を含めたカウンセリングや栄養素チェックシートが必要になるわけですよね。     僕もお客様に症状の改善に役立つであろうと判断したときはサプリをすすめてます。     日本て薬事法があり、サプリメントだと1粒で○○の成分が「○gまで」と決まってます。     しかーし、健康補助食品という名目だとグレーゾーンでOK…                 けっこう規制がユルいと記憶してます。     あくまで個人的な見解ですが日本のサプリってあんまりコスパ良くないんで、(成分と価格のバランス)だから僕は海外のサプリ派。     もちろん、色々と組み合わせてますし、マッチングなんかも重要です。     例えば、鉄分のサプリもビタミンを組み合わせると吸収力が上がるとか…     そこで今後、サプリを健康補助で試してみようか?なんて思ってる方は先ず、何が不足してるのかを知る必要があります。     ぜひ、栄養学や解剖、そして内臓の知識のある方に聞いてから始めることをおすすめします。     消化→吸収→排泄できる環境、すなわち「循環」が大切ですし、個別の部分だけでなく、丸ごと見るって言う観点が大切なんでね。     余談ですが健康意識ハンパないアメリカだけど、社会的な格差も大きく、低所得者層は朝から99セントのハンバーガーを食べているそうですw