customer review
先日も嬉しい口コミを頂きました!!!        
前回は、自律神経と外部ストレスに対するアンテナの感度ということを書きました。     外部ストレスにが追いつかない時、自律神経系にエラーが起こり「ダルさ、やる気が出ない、眠くなる、頭痛」などの不調が現れると…     30年前に比べたら温暖化により気温や気候、湿度等も変化、食生活や環境ストレス(電磁波を出すスマホ、PC)働き方の変化によるストレス増加、そして電化製品も目覚しく進化していますが、わたし達の肉体は進化していません。     そう言った意味で現代って、自律神経系にエラーや内臓疲労が関わる不調が起こりやすい環境なんだと思います。     食事だって、いつでも・どこでも美味しいモノが食べれる時代です。     ファミレス、コンビニ弁当、カップ麺など美味しいモノ、好きな食べ物が体に良いとは限りません。     かと言ってゼロにする必要もないし、要はいい塩梅(あんばい)にしておく。     食べたモノが体を作ると言われるように、ジャンク食ばかりたべていれば内臓だって疲労する。     特にマ〇クのポテトとか塩加減が絶妙によい塩梅…(笑)     内臓が疲労すれば、筋肉に栄養を送れなくなる。     筋肉が栄養不足になれば、そりゃあ痛みだって起こる。     痛い部分だけクローズアップで見つめてしまうと、周りが見えなくなります。                 この画像だと何だかわかりません。     俯瞰して離れて見ると、全体像がなんとなく見えてくる。                 そして点と点をつなげると一つの形になる。                 私は、いつもこんな感じで見ています…     だから患者さん?マークがつく(笑)     筋肉だけ一点見つめると筋肉しか見えません。     人って骨を筋肉が支え、内臓が筋肉に栄養を送り、自律神経が消化・吸収させて生きています。     すべては、どこかでつながる。
先日、お客様からお酒の量を飲んでないのに二日酔い?みたいになりやすい・・・     そんなお話があったので、水の重要性について。     先ず、お酒を飲めば必ず脱水になることを覚えておいてください。     あくまでセラピスト目線の考え方ですが先人の知恵なのか、和らぎ・チェイサーという、お水は何となく腑に落ちる。     日頃から水を殆ど飲まない人は、不調やトラブルを抱えてる人が多い。     たまに遭遇する方で「コーヒー、お酒しか飲まねよ」って方がいますが、死にはしないけど好調には程遠いコンディションで過ごしてるでしょうね・・・     優しさ込めてお大事に。     人間の身体は構造的に「水と膜と脂」で構成されている。     そして内臓は間膜という膜で包まれており、筋肉は皆さんご存知の筋膜、骨の周りには骨膜。     その膜と膜は、僕らが日常生活や運動することで擦れ合い、当然ながら摩擦が起きる。     その摩擦をスムーズにするため潤滑油みたいな脂があり、そのお陰で激しい運動しても膜に守られ損傷しない。     でも今日は膜よりも脂質よりも「水分」をフォーカスして。     水は生きていく上で重要なモノ。     人体の55%~65%は水分で血液が脳や内臓、そして筋肉が動くために必要不可欠な成分。     サッカー選手がコート上で足の痙攣して倒れてる姿、見たことありませんか?     いわゆる脱水状態で起こる症状で、脱水が筋肉に影響することが容易に理解できます。     そして体内に入ってくる水が少ない場合、排出するためのデトックス(解毒)も上手くいかない。     そうなれば体内に貯まる訳です老廃物。     身体に良いモノを摂取することも大切ですが、肝心の排出が上手く行ってないと効果はない。     こんな時代ですからTVやSNSに踊らされないように、ご自身も学びながら選定する必要があるのではないでしょうかね。     よくスピリチュアル系に間違われますが、人体の生理学や構造を理解していないと結果は伴いませんよね。     何度も言いますが幽霊も見えないし、感じないし、ハンドパワーもありません。     普通のオッサンですwww
先日、オウルザ・ベーカリーのカレーパンに恋に落ちてしまった木村です。     前回、ギックリ腰は全身性の筋疲労がピーク達した時に起こる現象で、筋疲労させる原因は内臓にある、そして水飲んでくださいね、と書きました。     1年を通して、腰痛が良くなったり悪くなったりを繰り返してる方は意外と多く、僕も地球人ですから腰痛になる時もあります。     しかし、大事に至らず過ごしているのは、木村家・家訓である2つの心掛け。                 先ずは水を飲む ※体重×0.3が目安で50キロなら1.5リットル     もう一つは、週1は自分自身の施術を行う     不調を抱えるセラピストに良い施術は出来ません。     シンプルに考えて、体内のデトックス(解毒)は「小便=腎臓・大便=小腸大腸」がメインで行い、どちらも水分が関係する。     水分摂取が少ない場合、老廃物が適切に排出されない状況が体内におこるわけです。     便秘ぎみ人は、水分とビタミンC不足でストレス過多の人も多い傾向。     スポーツでも脱水症状になると、体調不良、筋肉の痙攣などで動けない。脱水なのにコーヒーやお茶を飲む人はいないはず。                 同じことでいえ、軽い脱水症状がおこるとイオンバランスが崩れ、神経伝達や筋肉の運動に支障が出る     そのイオンバランス維持に働いているのが腎臓     その腎臓と恋人関係の筋肉は、体内で最大のインナーマッスルである大腰筋と繋がり、もはや、赤い糸で結ばれているといっても過言ではありません。                 デトックス、ギックリ腰の予防という点においても、何となくご理解いただけると幸い。     冬に浮腫みやすいのも、寒いから、トイレ面倒、のどが渇かない等の理由で、必然的に水分摂取を控える方が多い。笑     逆に考えれば水分不足で、腎臓が体内の水分を排出しないように、調整しているとも考えれるわけです。                 人の身体は、70%が水分といわれるくらい大切な存在で、災害を起こると生命維持に必要なモノって「水」が真っ先に思い浮かびます。     身体に良いとされる、オーガニックなモノを食べることも有効かもしれませんが、何を飲食しても排出できる身体の土台作りが大切。     腰痛では、笑わんねすけね。        
揉んだりほぐしたり…気持ちいいですよね。     大好き派です。     マッサージなら3時間揉まれても大丈夫なタイプですし、極力…     不調が少ない、または回復してきてるお客様には揉みます。     今日は一つの情報として真剣モード     マッサージを行うと・・・     第1段階:脳に今…気持ちいいんですけどぉ~的な電気信号が伝わります。     第2段階:脳から筋肉にYOU…ほぐれちゃいなYO的な電気信号が送られます。     第3段階:電気信号を受信した筋肉は、高倉健のように「自分…ほぐれますから」と言いつつコリが消えていく。                 実際は必ず脳が関係して、揉みほぐしたから、解れる訳ではありません。     結果として、動きづらかった部分が少し動くようになる     経験されている方も多く、皆さんがご存知の通り、直ぐに戻るんですけどね。     そして揉まれた刺激で良くなるという錯覚がまた厄介で、その場のスッキリ感と改善は別物と僕は考えてます。     年単位で、良くなったり悪くなったりを繰り返してる方は、必ず脳と筋肉の伝達回路にショートが起こってます。     この回線のショート、修復に回数が必要なときも多々あります。                 人の身体は施術したからといって、その場でガラリと変わるわけではなく、時間も必要です。     身体を知れば知る程、施術後に残ってる症状の違和感だけでは判断できないんです。     痛み全てが悪いモノではなく、日々、知らず知らずの内にカラダに溜め込んでしまっているシグナルであり、身体からのメッセージ     まず「知る」ことで解決策は見えてきます。     原因は意外とシンプルであり、今日中に治る風邪薬よりも…                 何を摂るか?よりも何を摂らないか?そして一番大切なのは「何を食べても排出できる力を身につけること」     そして、これは本来誰もが持っている自然に備わった力なので難しいことではありません。     本当に身体のコンデイションを整えたい方と、単純にリラックスしたいかで選ぶ基準が違います。     これから整体を受けようかな?なんて考えてる方にも選ぶ上で参考になるかと思います。
バランスとタイミング   人生の大先輩から教えてもらった、僕の座右の銘的な言葉。   身体でも同じで腰痛に襲われ、とりあえず今日、我慢すれば明日は楽になるんじゃないか・・・   実際は次の日、動けなくなったとかアルアルですよね、まぁ経験者です。笑   先月のこと、初の小学生の施術。   1ヶ月間前から首の痛みがあったそうで、整形外科、整骨院などにも行ったらしいのですが理由は判らず・・・   通常の記入するカウンセリングはスッ飛ばし、お話しながら触診。   お菓子やジュースは毎日飲むし食べる?なんて聞きながら、ふくらはぎ、胸筋、腕、触るとこすべて痛い?と聞くと全てうなずく少女・・・   首が痛いからといって、いきなり痛い部分の筋肉や骨格を施術するなんて激ナンセンス。   僕の中では内臓疲労が関係する首の痛みかなぁ?なーんて考えて、いざ施術へ。   スタートは内臓疲労とばかり考えていた、僕にセンセーショナルな衝撃が走りましたよね。   ちなみに筋肉、骨の歪み、内臓疲労、ストレスの開放を「筋肉反応テスト」を使い、スタートの順番を決めています。   スタートからストレスの開放が出る…   え?………    きっと俺が間違えたと思いきや、何度テストしてもストレスの開放からスタート。   ーーーー中略ーーーー   ストレスの開放が終わり、小学生の首の痛みと身体中の圧痛を確認して、ハイOK。   この辺がサイババみたい、と言われる部分なんでしょうかね。笑   トラブルが起きている筋肉の8割は弱くなってるので、痛みや違和感などの障害がでる。   だから、強くしなきゃいけない。ここ本当に重要です。特にセラピストを名乗る人はこの部分がわからないと、ずーーーーっと「お手当て」のままですよねw   中途半端が一番ダメなんで、ウチの生徒にはお手当てレベル・・・許しません。   きっと読んでると思うので♪ 19日はシゴきます。ドSなんで。笑   単純に揉んだりほぐしたりしても強くなりませんし、気持ち良い揉みほぐしと不調改善やパフォーマンスUPは別物ですw   ある日、いきなり筋肉が痛くなるなんてこと無いし、痛みや違和感は疲れてる自分へのサイン。   身体と向き合い、先を見据えた健康を考える方を施術したと常々、思ってます。   詳細は語りませんが、感情と身体が関係する症状って意外と多いんです。   そこを気付いて欲しくて、来てる訳ですからね。   18日、月曜はお休みを利用して、滝に行って己を浄化してきます。笑
最近、マジ卍な投稿が続いてる木村です。   去る17日の夜、群馬県の高崎市に乗り込みました。         そして高崎ナイト(お酒)を満喫しつつ、気づけば深夜2時を過ぎ…   あ…飲み過ぎたね。我に帰るの巻。   楽しく呑んだ記憶が、走馬灯のように過ぎ行く…         いわゆるヒムロック流の刹那ですね。     で何を目的に群馬で行ったのか、恋にもにた感覚…   もはや、恋がどんなモノなのか理解できなくなりそうな、お年頃ですがw   本気こいて、会いにいきました。   脊柱管狭窄症と診断され、背骨(胸椎=仙椎まで)をワイヤー固定の手術を受けられた御婦人に。   術後の背中と腰の痛み、パンパンになる足のムクミ、すんなり寝返りも打てない、服用薬も多めな感じ…   当然ですが、ワイヤー固定手術を受けたため、腰椎の動きは制限され、足元のモノを自分の手でつかめないくらい、日常生活に支障をきたしています。   そんな方に新潟に来てください、なんて言えませんよねセラピストとして。   自分の母を診て欲しいと、ご家族の方にご相談いただき、実現した群馬に遠征。   で、問診と検査を終え、体のアチコチ痛いし、ふくらはぎなんてパンパンな訳わけです。   昨日、リハ行ってマッサージしてもらったんだけどねぇ…なんて会話しつつ…   ご家族の方2名に見守られながら、いざ…     え?大丈夫なの?何してんのこの人?的な眼差し…が、しかーし!いつもの事なんで、慣れてます自分。笑   病歴期間や症状を考えると、張り切ってやり過ぎると好転反応がキツくなる予感がしたので、30分ほどで切り上げました。   施術後の腰は少し楽になり、ふくらはぎはフニャフニャを確認して御婦人にウインクして終了。   とりあえず今の自分で出来る範囲は行なえたかと。   肌にターンオーバーがあるように、内臓や筋肉もその場で楽になる人もいれば、2~3日かけて変わっていく人も多い。   ご家族の方にセルフケアなどお伝えして、無事終了し、ちょうどお昼だったんですね。   群馬名物の「鳥めし」をいただきました。         厚かましいと思ったんですけど…お茶と味噌汁までお出してもらい、食しました。笑   鳥めし美味いし、群馬いいとこですね。   感謝されて、最後のお見送りまでしていただき、行って良かったと思います。   笑顔を見れる、そこ大切にしていきたいし、お呼びが掛かれば、また行きたいですね。
今日から「浮腫み」について数回にわたり書いていこうかと。   ある程度、学んだセラピストであれば、人間の筋肉・内臓の働き・環境の影響など生理学が理解できると、浮腫みでも小顔もそんな難しくないですよね。   頭蓋骨を調整したり、筋膜をユルめれば小顔になる。   でも僕…小顔に興味ないのでメニューにしてませんが、施術後に顔がシャープに小さくなった♪とかお客様は喜びますが…   意識してまでやろうとは思いません。何故この世界に足を踏み入れたのか?を考えると答えは一つ。   痛みで困ってる方の役に立つ。顔が大きくなっても痛くないし、生きていく上で支障はない。   あくまでトリガーポイント整体の副産物にか過ぎないし、ちゃんとカラダ内部の循環を正常に戻して上げれば、小さくなりますよね。   小顔の施術なんて習ってないし、今後も習うこともないですが、軽くで良いからやって欲しい♪の…ような場合はお申し付けくださいませ。   トリガーポイント整体に組み込みます。笑   話は戻りますが、一般的に多い浮腫み施術って「表皮や浅い筋肉のリンパを流すやり方」が多い気がします。   痛気持ちいいけど、すぐに戻っちゃう感じでしょうね。うなずいてる方は少なからず、居るはずw   朝から脚が重い、夕方には足パンパンで辛い…靴下履いてゴムの線もくっきり…脚が太いせいで太って見られる…   色々なむくみ対策をしてきたけど、効果を感じない、失敗を繰り返してる…   根本的な改善を無視して、むくみ対策をしても残念ながらリンパを流すだけでは、ほとんどのむくみは改善しないんです。   キリが良いので、今日はここまで。
こんばんは木村です。   書きたい事は多いんですが今日はアレルギーや花粉症とか少し。   僕自身は花粉症とは無縁で感じませんが、2月ごろから花粉の影響話もチラホラ聞こえてきますね。   身内に花粉症がおり、腸と免疫の話もしますが身内がゆえ…聞く耳を持たん的なw   かといって生死に関わる訳でもないので、つらい時期だけ薬で対処しているようで。   花粉症を含んだアレルギーは現代人の国民病と言われており、最近では子供でも発症して、約4人に1人が花粉症なんていわれてます…   右肩上がりは成績で会社の業績で例えれば…毎年、昇進で、家庭ではお小遣いUP&発泡酒→ビールに変更くらいな勢い。   バカ殿で例えれば、帰宅と同時に研ナオコ扮する奥様が「貴方」おかえりなさいませ。   ご飯にしますか?   お風呂にしますか?   それともア・タ・シ…   …………………………………………   …………………………………………             はい、という訳でお腹いっぱい。方向修正して。   50年前と違い、環境とライフスタイルが大きく変化した現在。   家電はここ50年でゴイスー進化してますが人の免疫力は進化してない。   体質変化や免疫力低下が関係して、アレルギーが増えたのは皆さまご存知のとおり。         花粉症や「一般的なアレルギー」ニキビ・吹き出物は表面的なトラブルじゃなくて身体の中から。   じゃ薬で対処すれば何とかなるかと言えば、花粉症なんかは完治しない方が多い。   だからこそ、薬いらずな身体になることが大切で本来は同じような成分は体の中で作られてる訳です。   身体を整えて、その成分がちゃんと出るようにすることが大切!外部から摂取するよりも、内部から分泌した方が、自分の体が作っている物なんだから副作用もないですよね。   僕も飲んでますけど、オメガ3(魚油)のサプリを飲み始めて初めての冬…   いつもの乾燥肌…かなり改善されたし、けっこうな抗炎症作用あるのでアレルギーや吹き出物、アトピーの方にも良いかと。   ※栄養学やサプリに知識ないと効果は薄いと思います。個人差、組み合わせは必ずあるので気になる場合、ご相談くださいませ。   今日の格言…内部からの分泌は施術でもある程度は可能です。
こんばんは木村です。   今日は呼吸について。   呼吸でも色々と呼び名?があり、例えば…   口呼吸、鼻呼吸、エラ呼吸、そしてビビった時の口呼吸。         実はこの呼吸、正しい呼吸が出来ていないと首肩コリや腰痛、女性が気にするポッコリお腹にも関係したりしますよね。   呼吸には「口呼吸と鼻呼吸」があり、人の身体は鼻で呼吸をするように解剖生理学上でも証明済。   鼻から呼吸する場合、普段はウザい鼻毛や粘膜が細菌やウイルスの侵入を防ぐ防御機能を備えてます。    かたや口はモノを食べる・声を出す・腹話術がメインとなり、口には粘膜や毛などがないため、細菌やウイルスが侵入しやすいんですよね。    こういった衛生的な面、エンターテイメント性からも鼻呼吸が大切とご理解いただけると。   肩に手を当て、口を開けて口から大きく息を吸ってください。   おそらく、肩が上がって首まわりに力が入ります。    逆にアイマスクも利用し、口をしっかりと閉じて鼻から大きく息を吸ってください。         この場合、肩や首まわりには力が入らず、お腹が膨らんだはずです。   口呼吸と鼻呼吸では筋肉の使い方が異なり、口呼吸では肩が凝りやすい状況になることは何となくご理解いただけると幸いです。   ・口呼吸→肩や首の筋肉が働きやすい   ・鼻呼吸→お腹の筋肉が働きやすい    口呼吸で使う肩や首まわりの筋肉はアウターマッスルと言われる身体の表面の筋肉。    鼻呼吸で使うお腹の筋肉とは、横隔膜と言われる筋肉であり、身体の深部に位置する、いわゆるインナーマッスル。         体幹トレーニング、ダイエットは体幹から…聞いたことがるフレーズですよね。    スポーツや運動においても、このインナーマッスル(体幹筋)がしっかりと働いた状態であればあるほどパフォーマンスは上がります。   パーソナルトレーナーの方や運動を指導する方は、常識の範中だと思うんですよね。   必要最低限な知識としてセラピストは知ってて、当たり前だのクラッカー。   また次回書きますw