よく腰痛のご相談メッセージをいただます。     つい先日も・・・                 何がどうなって腰痛を起こしているのか、原因がわからなければ、当たり前ですが改善できません。     体を動かすことさえ辛いという場合には、痛みで通常の検査ができる状態ではない。                 カウンセリングと出来る範囲での検査が中心になる。     この作業の中でどれだけ「腰痛の原因」を絞り込めるかもキーポイント。腰痛にかぎらず。     ほとんどの場合、単純に腰の筋肉(1こ)だけが原因なんてことはなく、複数の筋肉が痛みを誘発する。     人の体で、1つの筋肉が単独で動くことなんて先ずないし、できたら変態です。     姿勢が悪いからでしょうか?という質問もよくありますが、姿勢が悪いから腰痛になるのではなく、姿勢が悪くなる原因が骨以外にあるわけです。     腰が曲がった、お年寄りは全員が腰痛ではないはず。     この辺は、少しややこしいですが重要な考え方で、セラピストなら理解してないとあかんやつ。     年中、お腹痛いって人が姿勢良く生活できません。                 そもそも、先にお腹(内臓)の問題を先に処理しないとダメなんじゃないかと。     腰痛でも首肩痛でも、同じ事が言えるのではないでしょうか。     何でもかんでも筋肉が緩めば何とかなるとか、1発改善に期待してる人も少なからずいる。。。     特に生活に支障が出るような辛い場合、気持ちは十分に理解できますが炎症が一発で消えることはない。     もし炎症を一発で消せるのなら、医学の学会で発表もの。                 人間をパズルに例えると、脳があり、神経、内臓そして血管、リンパ、骨、筋肉、皮膚、ホルモン、感情、環境…     おおよそ10ピース ※本当は代謝とか色々と関わるけど…     この10ピースはどこかで影響しあい、作用しながら生きているわけですから、どれか1ピース欠けても健康というパズルが出来上がらない。     だから10ピーズ全てを診ないと改善なんてできないし、勝手に姿勢が悪くなったり、腰痛になんてなりませんからね。     どれか1つやれば何とかなる、なんて事はなく姿勢だけが重要ではない。     全部やるから何とかなる。全部やるから意味不明と言われるんですけどね、皮肉なことにww     本日の一句…     原因は1つじゃないよ腰痛は
《腰痛と感情とストレス》     滝好きな43歳の春…で終わった前回の続き     つぶやきはコレくらいにして2回目の施術が終わり、椅子からの立ち上がり腰痛はだいぶ良い感じらしい。     今回は、感情ストレスというスパイスを入れた事が、良い方向に向かったのかも知れない。     僕も毎回、全力で脳フル回転で対応してますが、全ての方が順調に治癒していくわけではないし、治りづらい人、治りやすい人がいるのは確か。     ストレスや感情をクローズアップして書くと、スピ系の整体と勘違いされそうだが、僕はストレスとも関連する「焼かない」ホルモンの方が好き。                 人間は、ストレスを感じると脳がストレスに対抗するホルモンを特定の内臓に作れと司令を出す。     しかし、ストレスが長く強烈な場合、ホルモンを作り続ける内臓だって疲れるし、脳からの命令信号の誤作動も起きやすくなるので不調が長引き治まらない。     そして二次的な別の不調が始まり、夜中に何度も目覚めたり、抜けない疲労感、足がツリやすい、ふくらはぎが重い、浮腫が取れない等の症状もストレス性の内臓疲労、脳疲労が関係することがセラピストの中でもあまり知られていない。     また、衝撃的なストレスは脳内にポートレート写真のように残ると言われており、アフガンやイラク戦争から帰還したアメリカ兵の多くが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)となり、うつや自殺をふくめ社会復帰すら叶わない人が多いのも事実。                 一般的にストレスも電磁波も軽視されるが、特にセラピストは無知ほど怖いものはない。     生きていく中で様々な「環境」があり、カラダという「構造」の中で「生化学」という代謝が起こり「精神」という心のバランスを保ちながら生きてる。     様々な視点で向き合いながら、学ぶべしと自戒をこめて。     ちなみにブログを週1も書いていないと、指摘を受けた今日この頃…。
先日、オウルザ・ベーカリーのカレーパンに恋に落ちてしまった木村です。     前回、ギックリ腰は全身性の筋疲労がピーク達した時に起こる現象で、筋疲労させる原因は内臓にある、そして水飲んでくださいね、と書きました。     1年を通して、腰痛が良くなったり悪くなったりを繰り返してる方は意外と多く、僕も地球人ですから腰痛になる時もあります。     しかし、大事に至らず過ごしているのは、木村家・家訓である2つの心掛け。                 先ずは水を飲む ※体重×0.3が目安で50キロなら1.5リットル     もう一つは、週1は自分自身の施術を行う     不調を抱えるセラピストに良い施術は出来ません。     シンプルに考えて、体内のデトックス(解毒)は「小便=腎臓・大便=小腸大腸」がメインで行い、どちらも水分が関係する。     水分摂取が少ない場合、老廃物が適切に排出されない状況が体内におこるわけです。     便秘ぎみ人は、水分とビタミンC不足でストレス過多の人も多い傾向。     スポーツでも脱水症状になると、体調不良、筋肉の痙攣などで動けない。脱水なのにコーヒーやお茶を飲む人はいないはず。                 同じことでいえ、軽い脱水症状がおこるとイオンバランスが崩れ、神経伝達や筋肉の運動に支障が出る     そのイオンバランス維持に働いているのが腎臓     その腎臓と恋人関係の筋肉は、体内で最大のインナーマッスルである大腰筋と繋がり、もはや、赤い糸で結ばれているといっても過言ではありません。                 デトックス、ギックリ腰の予防という点においても、何となくご理解いただけると幸い。     冬に浮腫みやすいのも、寒いから、トイレ面倒、のどが渇かない等の理由で、必然的に水分摂取を控える方が多い。笑     逆に考えれば水分不足で、腎臓が体内の水分を排出しないように、調整しているとも考えれるわけです。                 人の身体は、70%が水分といわれるくらい大切な存在で、災害を起こると生命維持に必要なモノって「水」が真っ先に思い浮かびます。     身体に良いとされる、オーガニックなモノを食べることも有効かもしれませんが、何を飲食しても排出できる身体の土台作りが大切。     腰痛では、笑わんねすけね。        
えーと7月に重金属アレルギーその壱を書きました。   今更感が満載ではありますが、、、   その弐でございます。笑   ====以下は歯科医院のHPから抜粋==== アマルガムは、銀・スズ・銅・亜鉛、水銀などが含まれる合金です。水銀が高濃度に含まれています。 アマルガムはお口の中で劣化し、腐食しやすい傾向があるため・・・ ======================   で終わった前回…   腐食しやすいモノ、歯に使うんかーーぁい!!とツッコミたくなります。   歯科は「歯の専門家」であり、身体のスペシャリストではありません。フッ素もしかりですね。   フッ素は別の機会に書きます。   で…話は戻りますが、水銀は身体の中にあり、溶けだして良い訳が無いのは誰もが知るところ。   種類は違いますが水俣病も水銀中毒ですね。魚を食べて…少量の水銀ですけど…   日々、知らず知らずの内にカラダに溜め込んでしまっている重金属ですが、まず「知る」ことで解決策は見えてきます。   「何を摂るか」よりも「何を摂らないか」そして一番大切なのは「何を食べても排出できる力を身につけること」   これは本来、誰もが持っている自然に備わった力なので難しいことではありません。   日々、カラダの声を聞きながら、寄り添ってあげましょう。   今日食べ過ぎたのなら明日は軽めにする、体調が悪ければ食事量を減らす、たっぷりの睡眠をとる。   冷えたら、温める。少し体調がおかしいと感じたらリセットする。   カラダは正直ですし、日々の心がけで変わります。   原因がわからない湿疹、かぶれ、痒み、肌荒れ、不調などありましたら、ご相談くださいませ。