今日は疲労について…     日常的に疲労感が抜けいない、起床時から2~3時間経たないとダルさが消えない、ずっと倦怠感がある、睡眠の質が悪いetc…                 上記の理由が当てはまる方は、少なからず副腎疲労が起こっています。     疲労感の原因が副腎の場合、マッサージ系の施術を受けても、2~3日?で倦怠感がカンバックすること多く、見極めが重要になります。     単純に肉体的な疲労で、リラックスしたい場合は、マッサージも◎ですね。     僕は、疲労をカテゴリー別けしていて、施術に反映させることで効果が変わることを昨年に知りました。     1000円カットで技術系の美容室と同じ仕上がりを求めたりしないはずです。     どの業界でも専門分野があるわけですから、やはり質って大切にしたい部分です。     餅屋は餅屋でね。     では、ここで副腎疲労のコンディションチェックです。     3段の本棚をイメージしてください。                 上から2段目に 青い本が2冊 下から 3段目に 赤い本が1冊 下から 1段目に 黄色い本が 3冊     ※上記の内容を、よーく覚えておいてくださいね♪     僕らの脳は、ストレス(闘争or逃走反応)を継続的に感じると、脳のワーキングメモリの能力が低下します。     ※ワーキングメモリ= 集中して、記憶を使い事柄を処理する脳のシステム     ※闘争or逃走反応=戦うか逃げるかの反応であり、脳がストレス反応を起こしてる状態                 副腎疲労の人は 、体が闘争or逃走反応に対応しているため 、集中できず ぼーっとしてしまい 「あ…忘れてたっ!」とか、何か覚えておかなきゃ!と思っていたのに 何かを思い出せない事が多数あります。     記憶力だけの問題ではないんですね。     子供であれば 学習のトラブル、大人であれば 仕事の質や効率が下がり 、クリエイティブな作業が難しく感じてしまったり…     では、最初にイメージしていただいた本棚ですが、「上から3段目に 何色の本が 何冊」あったでしょうか。     ………………………………………………………………     ………………………………………………………………     思い出せなくても、おーーーーーけぇーーーーぃ!                 思い出せたら 凄い(笑)     疲労回復コースで副腎・ 脳も整え 素敵な2019年にしていきましょ。     ちなみにストレスは、脳が一番先に感じとり処理して、次に内臓が影響を受け、ホルモン分泌→筋肉・骨格のトラブルがわりとセオリーです。
そこで過去の怪我、事故など聞いたところ、右大腿骨骨折あり。。。     ある・ある・ある・ここに長さの原因があるある探検隊で終わりました前回…     人間の生理学上で、骨折すると「骨が伸びます」     結果として足は長くなるので、過去の怪我、事故歴なんかも大切な情報なんです。     仮に足の長さは5ミリくらい違っても、さほど問題にならず不調の原因には、なりにくい。     人には順応性があり、腰の曲がったお婆ちゃんが全員、腰痛で動けなくなることもないですよね。     ある日、突然に歪むことはなく、内臓疲労やストレスが関係して筋肉トラブルがおこり、少しずつ姿勢が悪くなり結果として骨格が歪む。     骨盤歪みサギに、ご注意くださいませ。笑     今回の原因は「副腎疲労」が関係する腰痛と慢性疲労でした。                 この副腎という臓器はストレスに対抗するホルモンを作る場所で、ストレス過多の現代社会は疲弊している人が多いのも事実     しかし西洋医学では、この副腎疲労に対してまだ、明確なガイドラインが出来ておらず、見逃されやすく、Dr.も診断しにくいらしいです。     MRIやCT、レントゲンなどの画像診断は腫瘍・骨折などは的確に見つけられるが、内蔵疲労は判断できない部分。     この辺は、医療とは別角度で見る、僕らの出番ですね。     あ…副腎疲労は電磁波の影響も受けやすいため、時にはスマホを変えてみて良いかも知れません。                 オール電化で不調になった、なんて事例もありますからね。     副腎疲労に関しては、栄養素チェックシート、電磁波も含めた体の筋肉テストをしっかり行い、いかに体に影響が出ているのか?ハッキリ結果を体感していただき、副腎疲労の原因から調べます。     「心と体は繋がっている」      使い古された言葉ですが、実際は副腎疲労が原因で、不調になるケースも多く、やけに疲労感が抜けないと感じる方は副腎疲労も疑ってください。     過去の常識は今の非常識という言葉があるように、人工呼吸といえば、マウストゥマウスを想像する人は多いはず…     今は感染症など理由に禁止されてます。     ※写真は僕ではありませんっ!(笑)                 情報弱者が損する時代     自分なりに正確な情報を、発信していきたいですね。