こんにちは新潟CBS整体 木村です。
 
5月のGWはいかがでしたでしょうか。
 
コロナ騒動も少し落ち着きををみせており、出かけた方も多かった気がします。
 
この時期は花粉症やアレルギーがでやすい時期でもあり、やる気が起きない、倦怠感などを感じやすい方もすくなくありません。
 
五月病って言われてみたり。
 
 

 
 
そもそも、五月病ってナニ??
 
なぜ5月にだるくなるの?
 
実は、ここにも自律神経系の働きが関係しています。
 
わたし達が生きていくためには、暑ければ汗をだして体温調節、寒ければ、震えて体温を上げようとしますね。
 
これも自律神経系が調節してくれるお陰で、意識しなくても勝手に汗がでます。
 
前回のブログでも何事もバランスとタイミングということ書きました。
 
 
自律神経系も同じことが言えます。
 
「頑張る係の交感神経」 と 「リラックス係の副交感神経」
 
この二つが季節の変わり目で上手にバトンタッチしながら調節しています。
 
春はリラックス係の副交感神経の出番で、冬の蕾から花が咲き、ポカポカ陽気に癒される時期です。
 
でも・・・リラックスし過ぎたらどうでしょうか?
 
ダラダラ・・・グダグダ・・・やる気なし。。。
 
なんもしたくない!そんな気分になったことありませんか? わたしはあります。笑
 
各々の生まれ持った気質や感性があり、全員が上手に切り替えて調節ができる訳でじゃありません。
 
この時期に副交感神経が過剰に働き過ぎタイプの方は、偏頭痛、やる気がでない、倦怠感などの不調を感じることが多いようです。
 
また、よくあるケースとして偏った食事、ジャンクフードなど加工食品の取りすぎは、腸内環境の悪化を起こします。
 
細かいことは書きませんが、人は食べたもので出来ていると言われるように、腸内環境の悪化は自律神経系の不調とダイレクトに直結します。
 
わたし達の業界でも数年前から「分子栄養学」という質的な栄養をみる考えが、少しずつ認知され始めました。
 
今までの1日ご飯○○g・肉○○g…のような量的な栄養では、必要最小限の栄養しか取れていないと言われいます。
 
牛乳で下す人、下さない人がいるように栄養の吸収も個人差がある。
 
そういった部分でも不調の原因を見逃さないよう、サポートしてまいります。
 
栄養面でも気になること、ございましたらお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
ちなみに、、、
 
ご相談者さまから見ると、わたしの職業イメージもあるんでしょうか。
 
私の食も含めて規律正しくパーフェクトな生活をしているようにみえるようで、、、
 
毎日欠かさずお酒は365日、飲んでいることを胸を張って伝えると安心されますw
 
先日、ご相談者さまから富山のお酒をいただきました。本当に美味しかったです!!!
 
 

 
 
受けたご恩はわすれません(笑)
 
お気遣いくださった方に何らかの形でお返しするのが「恩返し」です。
 
わたし自身が受け取った優しさ、思いやりを次のご相談者さまにも渡していければと思います。

customer review

こんにちは木村です!
 
 
Hot Pepperbeauty上で、いままで沢山のご相談様から口コミを頂きました。
 
 
本当に感謝の想いしかありません。
 
 
しかし、残念なことに掲載から2年経過すると自動的に消されてしまうシステムなんです。。。
 
 
今現在で掲載されている口コミを残したいなぁと思いまして、ブログに掲載してみました。
 
 
※NET上では全てお返事を書いており、ここでは私の拙い…お返事はカットしています(笑)
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 
customer review
 
 

customer review
 
 
customer review
 
 
customer review

Googleの秀逸な思惑で終わった前回。
 
 
Googleは、地図データをゼンリンから買っていたので、莫大なコストが計上されていましたので、コスト削減という側面も。
 
 
でも、それを自分たちで作り上げる技術力があり、短期間で修正する自信がある。
 
 
それと同時にこれまで構築してきたローカルガイドの存在。
 
 
※ローカルガイドは、Google マップでクチコミを投稿したり、写真を共有、質問に回答、場所の追加や編集、情報を確認したりするユーザーの世界的なコミュニティ。
 
 
おそらく、ローカルガイドが大活躍して一気に修正が進むでしょう。
 
 
ゼンリンのように社員が実際に足で回って調べるのではなく、ローカルガイドの一般ユーザーが修正しながら皆で地図を作り上げていく感じ。
 
 
 
 

 
 
 
 
これってすごくないですか?最新のAI技術とローカルガイドを軸にしたSNS時代のコミュニティが見事に融合されている。
 
 
今って何でも発売された時点で完璧を求める人は多い。
 
 
でも、完璧じゃないものを作り上げていく楽しさが今、注目されつつあります。
 
 
どうしますか?使い勝手が…と嘆くのか?今回の変更にはどんな意図があるのだろう?
 
 
そう考えることで未来を予測する習慣も悪くない。モノの見方や考え方を変えると行動が変わり、行動が変われば結果が変わる。
 
腰痛に例えるなら…
 
 
腰痛=腰の筋肉が悪いと思い込む人は多い。
 
 
その痛いはずなの腰を「押しても・揉んでも・触っても」痛くない人が多いのはなぜでしょう? でも、動くと痛い。
 
 
人の感覚は意外と曖昧で当てにならず、脳はよく勘違いと誤作動を起こします。
 
 
間違った道路MAPの修正するように、脳と筋肉の意思の疎通ではありませんが、トラブルをを脳に認識させる必要がある。
 
 
そこに神経の働きは重要になります。
 
 
新潟CBS整体ではその神経伝達を回復させることで不調を改善しています。
 
 

 
 
少し難しい内容になりましたが、身体って筋肉や骨格、神経系、内臓、皮膚の感覚、すべてが複雑に入り組み一言で言うと複雑です。
 
 
不調の改善も地図を作るように一歩ずつ前進あるのみ、改めて思う今日このごろ。