どーも木村です!

 

先日、なかなかユーモアと愛情たっぷりの口コミいただきました♪

 

 

 

右手を軽く叩いて、右手に独り言をブツブツ話して…

 

 

はい終わり…楽だっっ!!

 

よほど衝撃的だったんでしょうけど、全てがそうなると限りませんし、1回で治りました~なんて絶対にないw

 

擦り傷が次の日に全部治ります…? 数日は必要ですよね。

 

体調が優れない方は治りも遅く、化膿したりするかも知れませんし。

 

自然治癒力も20代と50代では、差が生じるって自然の原理です。

 

そこで慢性的だったりすると、余計にこじれてるのいるので時間も必要になる。

 

そこにあらがって早く回復させるためは、専門的な知識と技術が必要になります。

 

私は、日常生活に支障が出てど~にもならない!「藁にも縋る思い」でなんて方、語弊を恐れず言えば大好きです。

 

 

そういう方、結果が全て。

 

その専門的な技術と知識をさらに深めることで、一般的な不調改善のほかに何かできないだろうか??

 

今年に入り、発達凸凹やHSPの子供たちのために役立てたいと、想い始め今にいたります。

 

その子供たちが0~10で出来ることが3ならば4にしてあげてたい。

 

でも一瞬じゃ出来ません。きっと何回も何回も色々な方法を試行錯誤しながら…

 

感性が強いお子様のことでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

気にしてる方が多い話題のお話

「骨盤が歪んでいるみたいなんですけど…」

実際にカウンセリングで相談されることが多い。

見た目で「腰の高さ、左右差」など気になる方もいるでしょう…

本当の事を言えば、、、骨盤の歪みって実は、見た目じゃ判断できません。

ビフォーアフターは当てにならないし、Wat51がビフォーアフターを掲載しない理由もあります。

「違法」なんでやりません。

骨盤の歪みは、いくつかのパターンがある。

1、靭帯や筋肉のトラブルで歪むタイプ

2、生まれつき背骨や骨盤が「変形・奇形」のタイプ

 

3、お腹が弱い人も骨盤の筋肉が弱りやすい

変形・奇形の方も実は、意外と多かったりする。

生まれつき変形・奇形の方に検査もせず、矯正を行うと悪化、または症状がひどくなるケースもあり細心の注意が必要です。

骨盤の歪みを矯正したいけど…

大切な身体ですから不安な方は、事前確認も「アリ」と思います。

骨盤って立っても座っても使う人の中心的な部分。

だから骨盤のテストも「立って行うテスト・座って行うテスト」この2種類のテストが必須。

この2つのテストを行って、初めて100%正確な診断が可能になる。

でも大切なのは、歪んで体が悲鳴を上げる前にメンテナンスすることが一番。

車の運転もぶつかってからハンドル回しません。

「歪むから痛くなる」 ×

「痛いから歪んでくる」 〇

この違いは、理解してほしいと思います。

職業病

先日パティシエの方を2回目の施術終了。

日常生活に困るほどの症状ではないが、年中無休で身体の一部に違和感がある。

マッサージ、カイロ、整体etc…色々試したが改善が見られず白羽の矢。

他所で改善しなかった方は、身体の真実に気付いて欲しいのいでウェルカムです。

身体の真実って何?そう思われた方もいるでしょう。

人間の身体は筋肉と骨格だけで生きているわではない。この辺は皆さんご存知の通り。

プロテイン(蛋白質)を飲み、ジムに通いムキムキに鍛えてる方、最近多いですよね。

蛋白質を多く摂取→筋トレ→筋肉肥大・・・身体に良いことしてるので、この図式が成り立ちます。

筋肉は肥大すると当然「代謝」は上がります。

という事は、蛋白質という栄養が内臓に吸収され筋肉に作用する事実を確認。

では、身体に悪い栄養素(アルコール・砂糖・添加物)を多く取り込んでも筋肉に対して影響は、出ないんでしょうか?

答えはNO、何を食べても内臓は吸収し筋肉に影響します。

ということは、栄養素を抜きにしても内臓が疲れちゃば筋肉に影響が出ることご理解いただけると幸いです。

そして各臓器には必ず結びつけが深い筋肉も存在します。

絶対ではありませんが胃がつかれてる方は左首~肩~腰に出やすい傾向。

左首だけよく寝違える方は怪しい。

人間の身体、精神も含めて食べたモノで出来ていると言われます。

お菓子ばっかり食べてると鬱っぽくなってふさぎ込んだり、普通にありますから。。。

これを判断すには、先ず知識が必要。

セラピストは知識・技術・根性が必要です。

常に学び、治療で結果が出なくてもチャレンジ&トライの折れない心は必要だし、優しい言葉で寄り添うだけでは、患者さんは救えない。

パティシエの方は日常的に嫌でも砂糖の摂取量がふえるので、不調の方が多い。

テストで導き出した結果を受け入れられるか?そこで変わると思います。

僕自身はクライアントと深く関わりたいと常に思ってます。

その人の人生を変えるくらい。

そしてセミナーで伝えることも全力で走る。

時間は有限。

毎月行っているアドバンスセミナー

9月も無事に終了。

今回は、アプライドキネシオロジーのPRYTテクニックを中心に、原始反射を抑制するスイッチングテクニック、徒手筋力検査法など、てんこ盛りの内容に伝える僕も学ぶ生徒も充実した内容だったと。

原始反射については、また別で書きたいと思います。

毎月、資料を作りながら思うこと・・・

理解しにくく、習得に苦労する技術とこれでもかっ!ってくらいの知識を理解しやすく噛み砕いて伝えること。

ここは、いつも悩みながら何度も資料を作り変えたりなんて当たり前で、3歩進んで2歩下がる的な。。。

でも、苦労しながら少しずつ前進して行く生徒を見ていると、たまらなく応援したくなる。

生徒が本当に苦労しているのは、セミナー終了後の疲労感が溢れた表情からも伝わります。

仕方ない、お手当て勉強してる訳じゃないんだから。

でも、その苦労に見合う価値ある内容を伝えているつもりです。

患者さんの施術が終わってから「いや~理解できない」そんな会話もよくあります。

でも最近は、理解できなくて当然なのかな?という考えに変わりました。

車の整備士に例えると「ガソリンスタンド」と「ディーラーのメカニック」くらい違うと思います。

患者さん目線で言えば、オイル交換くらいは作業を理解できるかもしれません。

いざエンジン内部の整備となったら、何をどうしているのか?全く理解できないと思います。

専門職になるほど一般の方が思いもつかない角度、知識、技術があるからこそ「プロフェッショナル」という言葉がる。

僕は、この仕事を専門職と捉えています。

 

しかし、整体業界はアマチュアからプロフェッショナルまで様々な人が一つの鍋に入ってます。

傍から見れば、同じ鍋でごった煮。

いざ食べると、見た目は似ていても味が違う。

旨いとっ!唸らせる知識と技術が詰まった出汁を取るには、ひと手間もふた手間も必要なんです。

唸る出汁を取りたい方、お気軽にご相談くださいませ。

※日本海間瀬サーキットを走るために草レーシングカーをエンジンから作った経験あり。

車のご相談もお気軽に。笑

つい先日・・・
 
 
初めてのお客様でした。
 
 
半年以上も続く、痛みと違和感があり改善を希望されており、カウンセリングでも細かく説明し、問題なく施術へ移行。
 
 
開始から30分ほど過ぎた時・・・
 
 
思いがけない言葉が・・・
 
 
「指圧系と思っていたので、もう大丈夫です」 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・はい、かしこまりました。
 
 
 
 

 
 
 
 
後ろ髪を引かれる思いでしたが、そこはお客様が決めること。
 
 
最後は、お詫びをお伝えしながらのお見送り。
 
 
捉え方、考え方の相違があったにしろ、お客様にとっても大切な時間を使わせてしまったことに反省と自戒をこめて。
 
 
NET社会となり、情報量が多すぎて何を信じてよいのか判らない、そんな声も多く聞いてきました。
 
 
今後、整体を探すお客様が失敗しないためのガイドライン的な指標になればと思い、あえて書きます。
 
 
そこでポイントになる事が「どうなりたいのか?」
 
 
揉みほぐされてスッキリしたい人と、身体の中から原因を調べて不調を改善したい人、良いコンディションをキープしたい人…
 
 
求めるモノ同じではないはずです。
 
 
改善や痛みの緩和という「結果」が必要なのか?
 
 
それとも、揉みほぐす「方法」が必要なのか?
 
 
上記の2点と、症状や悩みなど考慮しながら探すと、きっと自分に合う店に出会える確率は、上がるかと。
 
 
 
 

 
 
 
 
大概は得意分野があったり、広告とブログ等で書いてることが一致しているのか?とか確認しても良いかもしれません。
 
 
例えばWEBでは不調改善ゆうてるけど、ブログで薄い内容しか書いてなかったりってよーくありますので、目を凝らして読んでみてくださいね。
 
 
身体って複雑ですから専門的な知識や技術を学ぶほど、様々な不調に対応できるプラス面がある。
 
 
しかし、施術を受ける側は何をやられているのか?理解しずらいマイナス面も同時に産まれる。
 
 
身体に限れば「筋肉・骨の歪み・リンパ・内臓」どれか一つやれば改善するなんて事は、ほとんど無い。
 
 
だから言葉にして表現するって、難しいと日々感じています。
 
 
僕自身は、お一人ひとりのお客様が自分らしい健康と笑顔で日常を送るためのサポートという軸を大切にしていまする。
 
 
最後に僕の施術は、揉みほぐしやマッサージと混同しないでくださいね。

お水、ルイボスティー、緑茶、紅茶、ジャスミン茶etc…
 
 
牛乳、コーヒー、カフェオレから清涼飲料水、味噌汁、赤マムシドリンクまで…
 
 
いや現代人はレッドブルかモンスター・エナジーなんでしょうかね。
 
 
皆さんが「水分」と認識しているモノは何種類でしょうか。
 
 
身体に対しての良し悪しではなく、答えは1種類です。
 
 
耳にしそうな会話で…
 
 
ノンカフェインで身体に良いので、毎日ルイボスティーを持参してしっかり水分補給しています♪と言われる方も少なからずいるはずです。
 
 
不正解でないですが、嗜好品として飲むなら何でもあり。
 
 
解剖学的な話をすれば、身体の70%が水分と言われる人間なので水分の大切さが理解できます。
 
 
 
 

 
 
 
 
あとは膜と脂です。「水と膜と脂」で出来ています。
 
 
皆さんがよくご存知の「筋膜」リリースから横隔膜・骨盤隔膜、目の角膜、ボクサー病と言われてる「網膜」剥離まで…
 
 
とにかく人間は膜構造
 
 
あ…内臓にも膜が存在し、内臓同士が擦れても大丈夫なように間膜が存在します。
 
 
当然、膜には脂が付着しているから破れない構造がある。
 
 
そして膜にも水分は必要。
 
 
詳しいことは割愛しますが、水分不足は筋肉トラブルの元凶となることを忘れないでください。
 
 
非常に多い初歩的な筋膜トラブルで、特に女性に多い。
 
 
例えると寒い時期は、喉の渇きを感じづらく、トイレも近くなる等の理由で「お水」を積極的に飲まない方が多い。
 
 
特に女性は、尿意を我慢する方が多いので、膀胱炎の罹患率が非常に高いく4人に一人の女性が一生に1回は経験すると言われてます。
 
 
膀胱炎は男女差が大きく、発症率は圧倒的に女性。
 
 
女性のほうが男性より尿道が短く、膀胱炎の原因菌が尿道口付近に常在化したり、原因菌が逆行したりして膀胱に侵入しやすい。
 
 
女性は尿意があっても我慢することが多いため膀胱がのびやすくなり、膀胱内の血流量が減少し、感染を防ぐ機能が低下し結果として細菌が増殖して膀胱炎を発症しやすくなる。
 
 
まぁ構造的な男女差もあるんですけど…
 
 
ギックリ腰が多発する時期って寒い時期が多く感じてるのは僕だけではないと思います。
 
 
結論、水分は「お水と白湯」がベスト。
 
 
 
 

 
 
 
 
その他は嗜好品とお召し上がりください。

昨日は7月terakoyaセミナーでした。
 
お題は「内臓」
 
 

 
 
内臓の解剖~働き~仕組み~ホルモンまでの基礎的な内容だけではなく、もちろん木村流のスパイスも加えて。
 
こんなマニアックなセミナーはきっと新潟ではウチだけなんでしょうねw
 
今日は座学が中心でしたので、新潟弁で言えば…
 
よっぱらなった=もうたくさんです感オーラを、醸し出してた生徒もおりました。笑
 
足を伸ばしてみたり、カラダを左右に動かしてみたり、落ち着きがない…笑
 
でも、聞いたらウチの生徒は座学好きが、意外と多くて安心でした。
 
 

 
 
身体つかって、この筋肉は!こんな感じでユルめます的な、施術のテクニックばっかり追いかける、中身のないセミナーにはしたくない。
 
基礎がなけりゃ、テクニックなんて糞の役にも立ちませんし、まず正常な状態がわからないですからね。
 
施術は頭とカラダ、どちらも駆使して行うもので、バランスが大切。
 
正常な状態を理解するには基礎が大切。
 
スポーツでも基礎練習ってつまらない。でも自分がレベルUPしていった時、必ず必要になるし段階を踏んでね。
 
車の運転免許取り立てで、レーシングカーは乗れません。
 
経験則から、僕はそう感じてるので「つまらない基礎」こそ大切に伝えたいですよね。
 
 

 
 
セラピストとして大切なこと、それは口頭派にならないこと。
 
大切な自分の「時間とお金」を使うからこそ、得れる経験。
 
10人同じ施術したって、10人が同じ効果ではない、だからこそ経験が必要なんです何事も。
 
口では勉強したいと言う、でも実際は理由を作って行動しない人が多い世界だからこそ、僕も頑張って生徒には伝えたいですね。
 
8月は内臓の応用編で、内臓の動く方向、位置、自律神経との関係まで幅広く伝える予定。
 
生徒が楽しみにしてるようなので、気合はいりますね。
 
ヒーヒー言わしたる。笑

なぜカードを使うのか…
 
周波数って聞いたことありませんか?
 
TVやラジオのチャンネルも)周波数(ヘルツ・Hz)で分別されていますよね。
 
僕が20代の時に大型クレーン車のオペレーターの時は「新潟79.0MHz FMポート」をよく聞きながら鼻歌交じりで、仕事してました。
 
いわゆる強面ガテン系の仕事です。
 
 

 
 
周波数って1分間の振動や音をヘルツで表してるだで、水や観葉植物、全て個別の周波数があり、人の身体にも同じことが言える。
 
自然界にある音は1ヘルツから数百万ヘルツまで広い帯域に存在し、僕らは20Hz~2万Hzまでの限られた帯域の振動しか「音」として感じ取ることができません。
 
20Hz(高周波)以下の音は耳では聞こえませんが、皮膚で感じ、その高周波は体表(皮膚)から情報を受け取り、脳への刺激として送られる。
 
少し、話がややこしくなりましたが大丈夫でしょうか?笑
 
バイルと言われる僕が使用するカードは乱れた周波数を確認するためのツール。
 
乱れた周波数をチェックすることでどこが悪いのか?原因なのか?を調べるためのカードであり、あくまで判断ツールの一つとして使用しています。
 
整体というカテゴリーの常識からすれば、痛い部分を「揉む・ほぐす・伸ばす、ボキボキ系、経絡(ツボ)エネルギーの流れを調整的なモノが一般的。
 
世の中は単純明快で理解しやすいモノが認知されやすい、だから揉みほぐし系の整体院が沢山あり…むしろ揉みほぐしばっかり。笑
 
複雑なモノ、聞いたこともない施術(一言で説明できない)は認知されづらいw
 
 

 
 
例えがキツいですが、癌だけを取り除いて欲しいのか?
 
それとも先を見据えて、癌に関係するであろう部分も調べて処置するのかで変わりますよね。
 
癌の手術をすることになったら料金の高い名医にするか、リーズナブルな町医者にするか、僕らの業界も似ているかも知れませんね。
 
経験上ですがゴットハンドって言われる方って、実際にお会いして話を伺うと、努力の天才が多い。
 
SNSとかの1分で痛みがなくなる広告…あれウソですから。
 
人のカラダってそんな単純ではない。

今日から「浮腫み」について数回にわたり書いていこうかと。
 
ある程度、学んだセラピストであれば、人間の筋肉・内臓の働き・環境の影響など生理学が理解できると、浮腫みでも小顔もそんな難しくないですよね。
 
頭蓋骨を調整したり、筋膜をユルめれば小顔になる。
 
でも僕…小顔に興味ないのでメニューにしてませんが、施術後に顔がシャープに小さくなった♪とかお客様は喜びますが…
 
意識してまでやろうとは思いません。何故この世界に足を踏み入れたのか?を考えると答えは一つ。
 
痛みで困ってる方の役に立つ。顔が大きくなっても痛くないし、生きていく上で支障はない。
 
あくまでトリガーポイント整体の副産物にか過ぎないし、ちゃんとカラダ内部の循環を正常に戻して上げれば、小さくなりますよね。
 
小顔の施術なんて習ってないし、今後も習うこともないですが、軽くで良いからやって欲しい♪の…ような場合はお申し付けくださいませ。
 
トリガーポイント整体に組み込みます。笑
 
話は戻りますが、一般的に多い浮腫み施術って「表皮や浅い筋肉のリンパを流すやり方」が多い気がします。
 
痛気持ちいいけど、すぐに戻っちゃう感じでしょうね。うなずいてる方は少なからず、居るはずw
 
朝から脚が重い、夕方には足パンパンで辛い…靴下履いてゴムの線もくっきり…脚が太いせいで太って見られる…
 
色々なむくみ対策をしてきたけど、効果を感じない、失敗を繰り返してる…
 
根本的な改善を無視して、むくみ対策をしても残念ながらリンパを流すだけでは、ほとんどのむくみは改善しないんです。
 
キリが良いので、今日はここまで。

こんばんは木村です。
 
書きたい事は多いんですが今日はアレルギーや花粉症とか少し。
 
僕自身は花粉症とは無縁で感じませんが、2月ごろから花粉の影響話もチラホラ聞こえてきますね。
 
身内に花粉症がおり、腸と免疫の話もしますが身内がゆえ…聞く耳を持たん的なw
 
かといって生死に関わる訳でもないので、つらい時期だけ薬で対処しているようで。
 
花粉症を含んだアレルギーは現代人の国民病と言われており、最近では子供でも発症して、約4人に1人が花粉症なんていわれてます…
 
右肩上がりは成績で会社の業績で例えれば…毎年、昇進で、家庭ではお小遣いUP&発泡酒→ビールに変更くらいな勢い。
 
バカ殿で例えれば、帰宅と同時に研ナオコ扮する奥様が「貴方」おかえりなさいませ。
 
ご飯にしますか?
 
お風呂にしますか?
 
それともア・タ・シ
 
…………………………………………
 
…………………………………………
 
 

 
 
 
 
はい、という訳でお腹いっぱい。方向修正して。
 
50年前と違い、環境とライフスタイルが大きく変化した現在。
 
家電はここ50年でゴイスー進化してますが人の免疫力は進化してない。
 
体質変化や免疫力低下が関係して、アレルギーが増えたのは皆さまご存知のとおり。
 
 

 
 
花粉症や「一般的なアレルギー」ニキビ・吹き出物は表面的なトラブルじゃなくて身体の中から。
 
じゃ薬で対処すれば何とかなるかと言えば、花粉症なんかは完治しない方が多い。
 
だからこそ、薬いらずな身体になることが大切で本来は同じような成分は体の中で作られてる訳です。
 
身体を整えて、その成分がちゃんと出るようにすることが大切!外部から摂取するよりも、内部から分泌した方が、自分の体が作っている物なんだから副作用もないですよね。
 
僕も飲んでますけど、オメガ3(魚油)のサプリを飲み始めて初めての冬…
 
いつもの乾燥肌…かなり改善されたし、けっこうな抗炎症作用あるのでアレルギーや吹き出物、アトピーの方にも良いかと。
 
※栄養学やサプリに知識ないと効果は薄いと思います。個人差、組み合わせは必ずあるので気になる場合、ご相談くださいませ。
 
今日の格言…内部からの分泌は施術でもある程度は可能です。