昨日は、楽しみにしていた横浜CBSセミナー     内容的には、全体の総復習や血液検査から見える症状と栄養学的な関係     そして歩行における筋肉のアンバラス修正etc…                 バラエティーにとんだ内容に、ご満悦。     血液検査って基準値から少しくらい数値オーバーしたって、さほど問題ない…そう考える方も多いハズ                 セミナーには獣医さんも参加しており、現役の獣医師の意見なども聞けたり。     人間の体内では、消化・吸収・循環・代謝・排泄などが当たり前のように起こっています。     消化ってどんなことが起こる?食べた栄養はどこが吸収する?水分はどこで吸収される?     腰が痛かったり、怪我をすればカラダの中で炎症がおこります。     単純に筋肉や骨格、歪みが悪いとかの次元ではなく、炎症が起こってる原因て何?     そもそも炎症ってどんなこと?代謝って何?ホルモンとは?     ストレスを感じると脳や内臓にどんな変化があり、どんなホルモンが放出される?という理詰めな世界を事を学んでます。                 ウチのお客様で言い表せない不快感や他人に説明しても理解されずらい症状の方まで、多岐にわたる症状があり、パズルのように考えながら進めることあります。     人間は全てつながっており、たとえ単なるセラピストでも体内で起きていることを学ぶ必要はあるのではなかろうかと。     そしてお客様の不調を改善しますって言いふらしてる訳ですから、織田信長の言葉を借りれば「是非に及ばず…」     ※是非に及ばずの本当の意味は、論ずる必要はない!それよりも即刻戦え!のようです。     俺はドMか・はたまた変態か…         時より自問自答します。笑     知らないから逃げるのは簡単です。     逃げないセラピスト目指してるし、育てます。     そして4月からは、チームCBS新潟としてセミナー開催が決定し、身の引き締まる思いです。     お客様と真摯に向き愛たいセラピストの方、これからセラピストを目指す方にも実りある学びと強烈にビックリするデモを是非♪     あと2名まで参加可能、お気軽にお問い合わせください。
25日は楽しみの一つ、横浜セミナーでした。     しまし、難点は朝が早いこと…。     4時30分に起床が辛いww     眠い目をこすりながら午前の講義は始まり、意気揚々と楽しくスタート     今回は未来の鍼灸師の彼とバディー、いやペアか?もしくはアベック…                 意外と顎関節症の方って、お客様でも多い気がするし、目からウロコと思いきや…     毎度、内容の濃さに!!!!!     おどろ木・ももの木・さんしょの木・この木なんの木・八代亜紀     ここまで細かく、顎関節に関する正確な情報を出すセミナーは聞いたこともありません。                 学問に王道なし、情報が多過ぎてインプットに時間が。。。     実技にてオペ用の手袋を装着し、若いバディーにワイルド&エレガントに触診中…                 お客様の口に手を入れるのは抵抗もあり、お客様も嫌でしょうし、悩む部分です。。。     医療や手技療法で先進国の海外では、当たり前に行われている顎関節アプローチですが、詳しい解剖生理学を必要としない昭和の整体が多い日本では、残念ながら今後も普及はしないでしょうね。。。     普及すれば、顎関節が原因で不調に悩む方のスマイルという最高の対価をいただけるのに…。     はい!気を取り直して。     横浜仕込みのセルフケア目指せ小顔!なんてねバージョンをお伝えしようかと。     歯磨きの時やお風呂で簡単にできます。     好奇の目にさらされたい場合は、どこでもOKです。     用意するモノ ストレッチアイテム、もしくオペ用手袋…はたまた素手(清潔な状態で行ってください)                 【画像はNETより引用】     自分の人差し指or小指を口に入れ、片側ずついろいろな方向に優しく、ゆっくり、左右のはほっぺたの硬さを確認しながら伸ばすようにストレッチ。     ※1分~2分程度で十分で、ビフォーアフターも確認してくださいね。     前側の首の緊張も少しは軽減されるし、適当にフェイシャルやるよりは時短でお顔スッキリ。IKKOビックリどんだけ。     さらに効果を高めたい!って方は、説明が大変なので直接、お伝えします。     お気軽に、よろしく哀愁でございます。
最近、嬉しいことがありました。   こういう事って連鎖するんでしょうかね、ありがたや。   まぁ…あの…その…   今更感マンサイですが、9月の横浜セミナーで・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ディプロマをいただきました!!!!!           まさかの展開に冷静を装ってましたが、内心は本気と書いて「マジ」と読むくらい、テンパってました。 CBSベーシックコースとはいえ、如何せんヒヨッコな自分。 修了書を頂ける日は遠いと思い、期待してませんでした。 同期の先生もふくめ、なんせ周りが半端ない先生方ばっかりで負けてないのは変顔とノリの良さくらい・・・   もしかすると、今回の修了書は神様のイタズラかも知れませんね。   まぁ、欲しがりさんの僕にずっと刺激を与えてくださる方々との出会いで、自分の進むべき道の視界がクリアになりました。         友情・愛情・義理・人情、これからも欠くことなく、大切にしていきたい部分。   やはり僕は単純な揉みほぐしより、治療が好きです。   僕が行ってる施術(CBS)は整体という、ありきたりの言葉で言えば「変わってる・不思議」系なジャンルなんでしょうね。   実際は複雑で面倒くさいけど、痛い部分に触れず、刺激も与えず、オイオイちゃんと施術しろよっ!って視線を感じながら…   患部に触れずに痛み消失…   決まったときは心の中でドヤ顔です。   あ・・・昨日、お客様にドヤ顔してるーーーっっ!!って笑われました。   今後もクリニカル・バイオグラフィック・システム=CBS施術に人生を捧げたいと思う今日この頃。   全く、どこも悪く無い方は苦手でして、どこへ行ってもダメだった…みたいな複雑系の方が好きです。笑   そして、もう一つの嬉しかった事、このシーサーは大切な友人であり、尊敬する方からのお土産。         全てひっくるめて・・・「一生恩返し」   サムライじゃけのう
こんばんは木村です。   明日は横浜CBSセミナーのため、お休みとさせていただきます。   ご理解のほど、お願いいたします。   しっかりと学び、クライアント様、そしてウチの可愛い生徒にもフィードバックという使命を胸に、初老の身体に鞭をうち、手技療法では日本のTOPではないか?いやいやTOPでしょ!と言われるセミナーに突撃するしょぞん。         ま…新潟では調子コイてる僕ですが横浜CBSセミナーで「カス」の部類。   みんなと仲良くして、ゴマすって、笑顔を振りまいて、すり寄って、いろんな情報を盗んでます。笑   いわゆるハニートラップ…   お色気ムンムン…   みんな虜に…         ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・   なりませんねww   現状維持は衰退なり。   あ…昨日、ブログの最後に、生徒に宿題だしたんですよね。   速攻で回答がくるって、嬉しいですよね。   うん…   マニアだな。笑   より一層、僕も負けじとマニアなんですけどねw   25日、月曜は6月のフォローアップセミナーも控えてるので頑張んべ。   それでは良い週末をお過ごしくださいませ。  
セラピストを目指し、右往左往しながら、もうすぐ10年   最初の3年くらいはタイ古式の施術をする人、そんなレベルで、首肩こり・腰痛に疑いもなく、きっと楽になる!信じて揉んでました。   でも現実、そんな甘いわけではなく、施術が終わっても痛そうな顔をしている方をみると、切なくなりましたね。         多数いらっしゃったと思うし、当時はワタシ・ニホンゴワカラナイ的な感じで流していたんでしょうね。笑   何故、揉んでも楽にならないのか?変化が乏しいのか?そこからが痛くなる原因って何だろう・・・   そう考え、調べて調べて、そこでトリガーポイントの存在に興味をもち、茨城県へセミナーに参加したことをよく覚えてます。   5年も前ですが福岡から講師を招き、新潟でトリガーポイントセミナーも開催しました。   自分の成長とともに壁にブチ当たるもの、人生ってよく出来てるなぁと。   不調改善の世界って「ドツボ」なんで終わりがなく、常に悩み、考え、調べて聞くの繰り返しで、いわば僕も難民ですww   引き寄せの法則って信じてます。だから横浜CBSセミナーに参加することができた。         これセラピスト人生の分岐点だった気がするし、ものすごい情報量で押し潰されそうな時もありますが、不調改善というジャンルにおいて日本のトップなのではないかと感じてます。   だから・・・半分は難し過ぎて今は理解に苦しいけど楽しい。         Mな部分が顔をだします。笑   そのCBSのお陰で今日、嬉しいご連絡をいただきました。   先月に群馬出張したんです。脊柱管狭窄で背骨をワイヤー固定手術を受けたけど、足のシビレとムクミが酷くて、ふくらはぎパンパンが治らない方の施術でした。   「足のシビレが無くなり、リリカを止めれました!」   このメッセージ、いやー本当に嬉しいですよね。セラピストってええ商売やなぁーと思う瞬間。   実際、僕にどこまで出来るのか、不安も大きかったのは事実ですが、当たって砕けろ精神は大切。   現状維持は衰退ですし、結果が出なかった時の言い訳練習したくない。   今後もインプットとアウトプットを大切にしながらウチの生徒と共に成長していければ幸い。   んんーー今日はいい酒が飲めそうです。         ちなみに横浜セミナーでは自分・・・みそっカスの部類です本当にw   ウチの可愛い生徒に・・・シビレは小殿筋トラブルが多いよー   きっと読んでると信じて。笑
27日はお休みしてCBS横浜セミナーに参加してました。   25期のスタート。   今季のテーマは「消化器」マニアにはたまらない。   いわゆる、そそるってやつでドラゴンボールで言えば戦闘力UPの修行。         うちの生徒には伝えてますが、「鼻は呼吸器、口は消化器」と言われてますね。   感覚論ですが年中、鼻が詰まってたり、鼻炎や喘息の方は首・肩がコッてる人が多い気がします。   アレルギーや免疫系が関係すれば内臓疲労を抜きに話は進みませんけどね。炎症なんですよね。   まぁこの辺の話って、セラピストなら知って当たり前のことですが、お客様は同じではない。   業界の常識は一般の非常識なんて言葉もあるように、ブログでも専門用語は使いません。   業界アルアルなんですが、誰に向けて、何を伝えたいのか?どんな想いでブログを書いているのか?わからないブログが多い。   だから施術も迷走する。だからお客様も何軒も回る。   うちは不調改善専門で「質」にこだわってます。   いままで何軒も回ったけど楽にならない、数年間も辛い思いで生活している、日常生活がままならない、そんな方ウェルカムです。   言葉に語弊があるかも知れませんが、「やり甲斐」という意味で、喜んで施術させていただきます。   仮に、そこまで症状が酷くなくとも、筋肉・骨格・栄養素・リンパ・ストレス因子の解放etc…を含めて、ちゃんと体をメンテしたい方が今、ご利用いただいてるのかなと。   かと言って当然ですが、100%のお客様に満足していただける訳ではありません。   内臓疲労が大きい場合、甲状腺の問題、栄養素の問題がある場合も、その場でスカッと!一発逆転!なーんて上手くは行かないこともあります。   たまにポカもします。笑   嘘は言いたくないし、僕らの技術や知識が1日で飛躍的に向上することは無いように、一撃必殺をお求めの場合は是非、他店をおすすめします。   横浜セミナーも楽しかったですが、明日はうちの5月のフォローアップセミナー。         またあらたにメンバーも増え、楽しくなりそうです。   インプットも必要ですが、アウトプットしないと成長もない。   明日もしっかりと伝えたいと思いつつ…   これから資料の手直し…   あぁ…横浜セミナーの懇親会を思い出しながらガンバ…         おれ。
昨日25日は横浜にてCBSベーシックセミナーに参加。   テンセグリティという概念。         姿勢や重心チェック、体幹や胸郭、そして脚長差の検査法など、深く学びました。         端っこに、かろうじて写るの巻、、、     業界用語で「脚長差」という、言葉があります。   平たく言えば「脚の長さの差」のことで左右の脚(下肢)の長さが違う状態ってことですね。   人間は工場で作られている訳ではないので、左右が違うなんて、よくあることで脚の長さを測っても、まったく同じという人の方が少ないと思います。   足を骨折した場合なんかでも、骨の長さは変わるし、生まれつきや成長不全で左右の大きさ、長さも違ったりするもの。   整体やマッサージで「足の長さが違うので調整しますね」そんな経験アルアルーーな方も多いはず…         脚長差がある場合、本当に施術が必要なのか?   本当に・本当に・本当に・本当に必要なのか?5回言いました。     広末涼子さんのとっても大好きダーリン6回には叶いませんが、、、   結論、、、   施術が必要になるのは、「不快感を伴う・5ミリ以上の」脚長差です。   日常生活に支障がない程度であれば、神経質になることなんてないし、問題なし。   足の長さが違う→骨盤の歪み→そこから不調に直結する訳ではない。   仮に脚長差や骨盤の歪みがあっても、ナゼ長さが違うのか?歪みが起こるのか?原因のほうが重要ですよね。   パッと見で、足首をちょこっと引っ張って「脚の長さの差」違いますね…   そんなん誰でも言えるわぁぁーーーー!と思われないよう、しっかり検査・施術することが大切ですね。     ボーダー柄から名字までカブってるミラクルww           今後もCBSセミナーで学んだ内容をしっかりとお客様にフィードバックできればと思います。
こんばんは木村です。   25日の日曜は楽しみだった横浜セミナー   身体に対する世界観なんて言うと、オーバーに聞こえるかも知れませんが…   いやまぁ…世界観なんて言葉を使うと、コイツ…自己陶酔か?と感じる方もいるでしょう。   強いて言えば「二日酔い」くらいでしょうか。         今まで色々なセミナーに参加してきましたが、これほどまでに圧倒的な情報量と経験から裏打ちされたセミナーは経験ないです本当に。         栄養学・生理学・解剖学・経絡理論などの基礎医学を踏まえながらアプライド・キネシオロジー( AK)を軸に、カイロプラクティック、オステオパシー、軟部組織モビリゼーション、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)、筋膜の解放、東洋医学etc…     ヒーハーってくらい情報が詰め込まれるので、毎回こんな感じに…       一言で表わせば「苦しくもあり、楽しくもある」脳内麻薬みたいな環境なんで参加しちゃう。   その先にはお客様と「笑顔の共有」する到達点。   ご縁に感謝しつつ、ひたすら前を向きトライ・アンド・エラーを繰り返しながら邁進するしょぞん。   一緒に学んでる生徒のレベル…   柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、歯科医…   野球で言えば、読売ジャイアンツの1軍でしょうねw   講師はMrジャイアンツ長島と世界の王って感じで、ちなみにボクは3軍で、懇親会だけは1軍です。笑     セミナーで「膝関節の検査」の一枚でボクモデル         やってる検査はハイレベル。   写った格好ハズカシイ。   セミナー終わって、おセンチに。   いわゆる「恥ずかし固め」?プロレス技みたいな一枚に…   これも思い出。何事もバランスとタイミング。笑
こんばんはwat51 木村です。   「ヒステリー」   感情を抑えきれず、激しく興奮したり、怒る人を表します。   浮気もしかり…         このヒステリーと言う言葉を聞くと、男性よりも女性のイメージが強いかも知れませんね。   何故、ヒステリーと聞くと女性をイメージするのか。   僕も少し前までは知りませんし、考えた事もありませんでした。   強いて言えば、どうでも良いと考えてました。笑   歴史を辿るとギリシャ語から由来した言葉のようで「ヒステリー=子宮」   古代ギリシャでは子宮の機能障害の影響でヒステリーが引き起こされると考えられていたようです。         現在は研究が進み女性特有の脳の構造によりヒステリーを引き起こす人が多いと言われています。   あくまで経験則ですが女性の場合、ストレスが子宮系のトラブルに繋がり、そこから派生する様々な痛みや違和感は多いんですよね。   もちろん腰痛や首肩コリ、背中の張りなんて往々にして、ある訳でテストするとすぐわかります。   ちなみに、アレルギーや食べるモノ、服用してるお薬から使用してる柔軟剤まで、全て相性を判断できますので気になる方はご持参くださいませ。   色んな意味で相性も判断可能です。笑   明日は楽しみにしてる横浜セミナーで早起きなんで今日はこの辺で。
こんばんは木村です。     文字数の関係で…     お客様を見てると、首肩コリも確かに多いんですけど、やはり「足のムクミ」って多いんですよねぇ。     足のムクミは流すのが効果的という認識されている方は多いと思います。     で終わった前回…     現場目線で本音を言えば、足のリンパを「流す・揉む」だけでは効果は不十分で、筋膜リリースでムクミ解消…とかもイマイチ。     マッサージ系は確かに「やられた感」はありますし、スッキリ感もある…     でも、その場の感覚だけが全て結果につながるわけではないんですよね。     肌のターンオーバーがあるよう身体も同じで血液を送るポンプ(血液は心臓がポンプ)を持たないリンパ液が老廃物を拾い集めながら身体を循環するスピードって、血液に比べても実は遅いんです。     だからこそ効果をみるには時間が必要で、それが施術した次の日なのか、2日後なのか個人差後があるので一概に同じではありませんね。     ムクミって9割、内臓が関係しますし、ナゼ繰り返してムクミが起こるのかを僕らは深掘りして追わねばなりません。     自分の身体って今どんな状態なのか?ちゃんと調整したい方は筋肉・骨格・内臓・栄養学までのトータルでサポートしてくれるサロンがベスト。     新潟では少ないかもしれませんけどww     炎上は上等ですし、セラピストとして覚悟をもって挑んでますし、それくらい横浜で鍛えられてます。笑     でも、とりあえずスッキリしたい方はマッサージが◎     ちなみに僕が将来、お金持ちになったら、ほろ酔いの中、毎晩マッサージされつつ爆睡することが夢です。         痛キモじゃなくて、少しソフト目な感じでね。笑     余談ですが腎不全の人を実際見たことがある方は解ると思いますがハンパなく浮腫んでます。     自分の祖母が腎不全になり、セラピスト目線で見てる自分が嫌になったことは忘れません。