《腰痛と感情とストレス》
 
 
先日、腰痛の方を2回目の施術
 
 
腰痛歴が長いのにスパッと改善しましたっ!
 
 
と言いたいところだが、不調期間が長い場合、脳に「痛い」という情報にプラスして「喜怒哀楽の感情」も刷り込まれることが多い。
 
 
脳~神経系~内臓機能~筋肉の交通渋滞みたいなもので、人の脳だって勘違いする時も多々ある。
 
 
僕らの仕事って、脳による勘違いを訂正したり、筋肉~神経系の交通渋滞をスムーズにするスイッチを見つけたり、押すことだったりする。
 
 
 
 

 
 
 
 
今回も椅子からの立ち上がり腰痛、ふともも裏の痺れが僕のメインディッシュ。
 
 
ひとまず痛い動作をしてもらい、腰痛を再現させる。※別にSではありません
 
 
どの症状でも、痛み・不快感に関係するであろう筋肉を特定させるため、僕はMMTを行う。
 
 
MMT(マニュアル・マッスル・テスト) 名前を書くと横文字でカッコいい響き。
 
 
なうでヤングなセラピストは「つうか、マジでMMTやってないとヤバイっしょ?」などの使用法が望ましい。
 
 
日本語だと「徒手筋力検査」と呼び、とてつもなく言いずらく、ダサいと感じるのは僕だけではないはず…
 
 
 
 

 
 
 
 
このテストもお客様には、何のエクササイズ?どんな意味があるの?頭の中に???が浮かぶらしい。
 
 
あえて言えば、医師、理学療法士、作業療法士、カイロプラクター、オステオパシー医師などが実施する筋力検査であり、アレンジされているが怪しい検査ではない。
 
 
トラブルを抱えている筋肉は「弱い」ことが多く、まともにテスト出来ないことも。
 
 
大多数の整体屋さんが、検査・筋力テストで調べないから…使わないから…
 
 
wat51、、、意味不明と言われる現実…
 
 
どう捉えるべきか迷う…
 
 
滝好きな43歳の春…
 
 
 
 

 
 

先日、マイナスイオンを浴びる&アーシングしたくて山形へ
 
 
車で約3時間…遠いようで近く、近いようで遠い
 
 
日帰りでは少し遠く、泊まりの距離でもない
 
 
まるで中学生が片思いしているような、絶妙な距離感
 
 
やるね、玉簾の滝。
 
 
駐車場から滝壺までは、徒歩10分
 
 
ダッシュなら3分で到着するビギナーにも優しい場所
 
 
駐車場から滝壺までの道中には神社があり、なんだか良い雰囲気。
 
 
 
 

 
 
 
 
樹齢50歳は、超えているであろう大木が目に入り…
 
 
まずは、きっと宿っているだろう木の精霊と会話を試みる
 
 
 
 

 
 
 
 
無の境地ともいうべき、心を水面に広がる波紋のように…ゆっくりと…ゆっくりと…問いかける…
 
 
先ずは樹齢、そして性別、極めつけにスリーサイズ…
 
 
………………………………
 
 
………………………………
 
 
待つこと30秒………
 
 
全ての質問に無言を貫き、滝壺から水が落ちてくる轟音だけが聞こえる…
 
 
諦めるかけた、その時…
 
 
かすかな振動を肌で感じ、心拍数が高まる
 
 
母からのLINEでした。
 
 
滅多にないLINEに胸騒ぎしながら、画面をスワイプすると…
 
 
「明日、筍掘りにいってくる」
 
 
なんというタイミングで傍若無人なメッセージ
 
 
知らんがなっ!!と心の中でツッコミながら木の精霊と会話を諦める。
 
 
気を取り直し、いざ滝壺へ
 
 
 
 

 
 
 
 
最高でんがな。
 
 
関西人でもないのに、関西弁風になってしまうほどのマイナスイオンに…
 
 
 
 

 
 
 
 
5分ほどマイナスイオンを浴びまくった結果…
 
 
五感は研ぎ澄まされ、みなぎるパワー、そして生命エネルギーはMAXまで上昇…
 
 
だけど、なんだか寒いし着ている服はバシャバシャ
 
 
皆さん、滝壺はご注意ください。