こんにちは新潟CBS整体wat51です🌱
 
 
先日、Npoはぐハグさんが主催するワークショップの講師をつとめさせていただきました。
 
 

 
 
内容として・・・
 
・五感の刺激で身体が変化する
・緊張しやすい人は神経の誤作動が起こりやすい!?
・心身を整えるエクササイズ
・質問コーナー
・栄養のお話
 
 
心と身体つながりをテーマに少しだけ本質的なお話をお伝えさせていただきました。
 
私たち人間の心と身体も本質的な部分に切り込むほど「面から点」になり、研究に近づきます。
 
複雑で分かりにくくなり、理解してもらうための工夫が必要になるので、伝える側の私たちもトライ&エラーのくり返しです。笑
 
 
 
話は戻りまして・・・
 
私たちは日々、五感を使い生きています。
 
視界からはいる映像や音を聞き、色々なものに触り、食事などで匂いや味を感じています。
 
「刺激的な味や匂い」などと言われるように、私たちは五感で様々な情報という刺激を受け取っています。
 
いわゆる五感がテレビアンテナのようなものです。
 
凸凹があったり過敏なケースは、受け取るアンテナが大きいがゆえに刺激を必要以上に感じてしまうことが少なくありません。
 
たとえ小さな音でも、受け取る側がうるさく感じれば「騒音」に感じてストレスになるでしょう。
 
生きづらさを感じる方々が、今よりもっと楽に歩んでいくために様々な方々と連携しながら、教育・療育に関わる方々に認知していただけるように、歩み続けたいと思います。
 
 
質問コーナーでは、主催者様、そして参加者さまから疑問や要望、ご相談など、貴重なお話を伺いました。
 
私たちにとっても良い学びの日となり、感謝いたします。

こんにちはスタッフの岩本です。
 
 
ぜひ岩ちゃんと呼んでください^^
 
今回はわたしのことです。
 
最近、ひんぱんにお腹が痛くなる・便秘・お尻の痛みなどが続いておりました…
 
最初は、甘いモノ大好きなので、、、食事が原因かな?とも考えていました。
 
不調が続くため、先生に施術をお願いしてみました。
 
もちろん福利厚生です(笑)
 
結果は、予想外の感情ストレスが関係する不調。
 
「心配」そして「親」という言葉がキーワードでした。
 
実は、少し前から親が体調をくずして入院しています。
 
自分では意識しているつもりはなかったのですが、無意識に身体が反応していたみたいです。
 
親のこと、想いすぎていたようで身体って素直ですね。
 
無意識なので感情コントロールができるわけもなく、、、
 
個人差はあると思いますが、心配する気持ちが大きくなりすぎると身体が痛くなること、改めて心と身体のつながりを感じました。
 
 
おかげさまで今はお腹も通常モード、お尻の痛みも消えました。
 
これで安心して食べたいものを気にせず食べれます😊
 
小麦や砂糖に耐性がなくて、お腹が痛くなったり頭が重たくなったりを繰り返していた私ですが、施術を重ねていくうちに、食べても不調になりにくい身体になってきました✨
 
まだまだ知られていませんが、食べ物でも感情ストレスも一人ひとり耐性が違います。
 
たくさん食べても平気な人、少し食べても心身に違和感がでる人、みんなバラバラ。お酒と同じですね。
 
なにごともいい塩梅で過ごしたいと思います。
 
 
 
 
先日もご相談者さまから米粉パンとお菓子を頂きました。
 

 
いつも優しいお心遣いをありがとうございます✨
 
卵/乳製品/小麦/ナッツ 不使用で保存料も入っていない無添加の米粉パン。
 
お米のもちもちした触感と素材の甘みがとても美味しかったです。
 
お店の場所も、院から徒歩5分。
 
他のご相談者さまからも聞いているで、ぜひ伺いたいと思います。

6月のお休み🐈
 

 
 
6月 6日(月)
6月13日(月)
6月20日(月)
6月27日(月)
 
 
毎週月曜日がお休みとなります。
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

こんにちは新潟CBS整体 木村です。
 
5月のGWはいかがでしたでしょうか。
 
コロナ騒動も少し落ち着きををみせており、出かけた方も多かった気がします。
 
この時期は花粉症やアレルギーがでやすい時期でもあり、やる気が起きない、倦怠感などを感じやすい方もすくなくありません。
 
五月病って言われてみたり。
 
 

 
 
そもそも、五月病ってナニ??
 
なぜ5月にだるくなるの?
 
実は、ここにも自律神経系の働きが関係しています。
 
わたし達が生きていくためには、暑ければ汗をだして体温調節、寒ければ、震えて体温を上げようとしますね。
 
これも自律神経系が調節してくれるお陰で、意識しなくても勝手に汗がでます。
 
前回のブログでも何事もバランスとタイミングということ書きました。
 
 
自律神経系も同じことが言えます。
 
「頑張る係の交感神経」 と 「リラックス係の副交感神経」
 
この二つが季節の変わり目で上手にバトンタッチしながら調節しています。
 
春はリラックス係の副交感神経の出番で、冬の蕾から花が咲き、ポカポカ陽気に癒される時期です。
 
でも・・・リラックスし過ぎたらどうでしょうか?
 
ダラダラ・・・グダグダ・・・やる気なし。。。
 
なんもしたくない!そんな気分になったことありませんか? わたしはあります。笑
 
各々の生まれ持った気質や感性があり、全員が上手に切り替えて調節ができる訳でじゃありません。
 
この時期に副交感神経が過剰に働き過ぎタイプの方は、偏頭痛、やる気がでない、倦怠感などの不調を感じることが多いようです。
 
また、よくあるケースとして偏った食事、ジャンクフードなど加工食品の取りすぎは、腸内環境の悪化を起こします。
 
細かいことは書きませんが、人は食べたもので出来ていると言われるように、腸内環境の悪化は自律神経系の不調とダイレクトに直結します。
 
わたし達の業界でも数年前から「分子栄養学」という質的な栄養をみる考えが、少しずつ認知され始めました。
 
今までの1日ご飯○○g・肉○○g…のような量的な栄養では、必要最小限の栄養しか取れていないと言われいます。
 
牛乳で下す人、下さない人がいるように栄養の吸収も個人差がある。
 
そういった部分でも不調の原因を見逃さないよう、サポートしてまいります。
 
栄養面でも気になること、ございましたらお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
ちなみに、、、
 
ご相談者さまから見ると、わたしの職業イメージもあるんでしょうか。
 
私の食も含めて規律正しくパーフェクトな生活をしているようにみえるようで、、、
 
毎日欠かさずお酒は365日、飲んでいることを胸を張って伝えると安心されますw
 
先日、ご相談者さまから富山のお酒をいただきました。本当に美味しかったです!!!
 
 

 
 
受けたご恩はわすれません(笑)
 
お気遣いくださった方に何らかの形でお返しするのが「恩返し」です。
 
わたし自身が受け取った優しさ、思いやりを次のご相談者さまにも渡していければと思います。

2021年5月11日に亀田へ移転。
 
早いもので1年が経ちました。
 
以前の女池から変わらずご来院くださるご相談者さま、新しいご縁も沢山ありました。
 
日々皆さまに支えられていることに感謝しています。
 
 
当日、お花を届けてくださったご相談者さまや友人
 
ワンちゃんのお散歩の前に、わざわざ院に立寄ってくださった方、
 
私たちを気にかけ、旅行のお土産をくださる方、
 
たくさんのお祝いやサプライズまで本当にありがとうございました。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
今後も、ご相談者さまとの信頼関係を大切に、周りから理解されづらいお悩み・生きづらさを抱える大人から子どもまで、おひとり一人としっかり向き合いながら歩んでまいります。
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

こんにちは新潟CBS整体wat51 スタッフの岩です。
 
 
ご相談者さまから「岩ちゃん」と呼ばれることが増え、ペンネーム岩ちゃんで歩むことに決めました。
 
 
その第一段として・・・
 
 
いつも木村先生が大切にしている神棚。
 
 
スーパーの榊ではなく、もっと美しい榊(さかき)は無いのだろうか?
 
 
よくボヤいていた矢先・・・
 
 
先日、ご相談者さまから「榊」をおすそ分けして頂きました。
 
 
 
 
榊の種類や育て方についても、優しく教えてくださいました。
 
 
先日も施術後にお話していたところ「先生、こんど榊の苗を持ってくるわねぇ」と・・・・
 
 
なんと!!!ご自身で育てている本榊の木を分けていただきました。
 
 

 
 
150センチ以上もあり、もはや苗というレベルではありません(笑)
 
 
大切に育ていきます✨
 
 
 
 
 
そして後日・・・
 
 
お昼の休憩中に入口から、聞き覚えのある声がしました。
 
 
 
 
「先生~~」
 
 

 
 
「今日山に行ってきたから少しだけど持ってきたよ」
 
 
たくさんの山菜を届けに寄ってくださいました!
 
 
私たちのことをいつも気遣ってくださり、その気持ちがとても嬉しい。
 
 
皆さまに愛され、これからもご縁ある方にとって、安心できる場所であり続けたい。
 
 
この笑顔のために頑張ります。
 
 
 
当院の施術は、刺激の少ない優しい施術のため、シルバー世代の方も安心してご利用いただけます。
 
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

こんにちは新潟CBS整体です!
 
 
5月の休業日をお知らせいたします。
 
 
毎週月曜日に加え、5月2日~5月4日の三日間、お休みとなります。
 
 

 
 
GWを楽しく笑顔で過ごすために、忙しい時こそ身体の声に耳を傾ける時間と心身のリセットを大切にしてください。
 
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

こんにちは新潟CBS整体です😊
 
卒業・入学やご家族の行事、職場の環境が変わるなど、変化も多い時期ですが、皆さまいかがお過ごしですか?
 
 
先日はご相談者さまから手作りの置物をいただきました。
 
 

 
 
旗には「刀」が書かれています。
 
 
細部までのこだわりをかんじますね。
 
 
ちなみにこの刀は、木村先生をイメージしたそうです🎵
 
 
昭和のサムライに見えたんでしょうね(笑)
 
 

 
 
心のこもった力強い作品をありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
別の日には、ご相談さまから初めて見る明太子のお土産たち。
 
 

 
 
ワインで漬けた明太子が気になる・・・
 
日本酒にピッタリで晩酌が増えそうです(笑)
 
 
 
 
 
 
また別の日には、おまんじゅうを頂きました!
 
 

 
 
弥彦の黄味まんじゅう。
 
 
黄味の餡子が、甘さ控えめで美味しくて午後のティータイムにピッタリでした🎵
 
 
 
 
もうすぐ5月。暖かい日が増えましたが、今後もご相談者さまが毎日を楽に、笑顔で過ごせるよう、全力でサポートいたします!
 
 
 
どこへ行っても改善しない不調、身体のお悩み、繊細・過敏、生きづらさを抱えているお子さま、HSP、お気軽にご相談ください✨
 
 
ご予約・お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
 
 

2022年 4月のセミナー
 
 

こんにちは新潟CBS整体です。
 
 
先日、4月のセミナーを行いました。
 
 
今回のテーマは「愛着障害」について。
 
 
 
 

 
 
 
 
十人十色という言葉があるように、人によって感じるストレスも様々です。
 
 
ショッキングな出来事、人からの罵声などの人間関係
 
 
大きな音、強い光、など環境
 
 
このストレスを感じたとき・・・
 
 
・慌てる人
 
・固まる人
 
・冷静に落ちついてる人
 
 
まわりからは、冷静に見えても実は、固まっているということもあります。
 
 
いつも余裕をもって冷静に対処できたら理想的ですが、大人になっても上手に対処できないことも少なくありません。
 
 
 
 
何故でしょうか?
 
 
 
 
私たちのストレス耐性って、実は3歳までの経験で決まるといわれています。
 
 
これには愛着システムというものが関係します。
 
 
赤ちゃんが産まれてから、脳が順調に発達するためには、養育者の育児などの関わり方が大切になります。
 
 
※本当はオキシトシンシステムも関係しますが今回は割愛。。。
 
 
生まれたばかりの赤ちゃん、目もよく見えない、言葉もわからない、何となくお母さんを感じるくらいで不安でいっぱいです。
 
 
安心することで、赤ちゃんの不安という感情が安定して脳が発達するシステムを、愛着システムとよびます。
 
 
脳の成長は右脳から始まります。
 
 
 
 

 
 
 
 
《右脳の仕事:共感と不快な感情の処理》
 
 
不快なこと
 
・びちゃびちゃのオムツ
 
・お腹が空いたとき
 
・大きな音でビックリetc…
 
 
赤ちゃんが不快なことを感じて泣いたとき、養育者が気づいて対応していくことで共感が生まれ、不快なことが起きても大丈夫なんだと感じて成長していきます。
 
 
※私たち人間は、「安心」できる状態が非常に重要になります。
 
 
この段階を経て、左脳で《快や思考》に対応するように成長していきます。
 
 
養育者が子どもに、「これはやって良い、これはダメだよ」と教えることで、子どもの思考が作られていきます。
 
 
子どもの「イヤイヤ」は、不快の処理がうまく行ってないんじゃない?という見方もできますね。
 
 
も一歩進んで生理学的な視点(自律神経系・ホルモン等)も加わえてみると「発達や様々な行動」の理解につながります。
 
 
実際にストレスを感じたとき、身体の中でどんなことが起こっているのか?
 
 
今回も内容も盛りだくさんで、お伝えしました。
 
 
 
 
生徒たち今回も、脳疲労です(笑)

こんにちは新潟CBS整体です😊
 
 
今日はこの本から「脳・身体・障害」をひとつの考え方を学びました。
 
 

 
 
身体の中で起こっていること、いろいろな視点で考えることで可能性が広がる✨
 
 
なにごとも諦めない、そして決めつけない。
 
 
 
 
「できないことをさせようとしない」
 
 
 
 
たとえば、字を書くのが苦手な子がいて、何度もチャレンジするがミミズのような字、、、
 
 
親子や先生の目線だと「社会に出たときに心配」という気持ちが少なからず働くと思います。
 
 
まわりの子を基準にしていませんか?
 
 
本人の意思ではない字の練習。
 
 
字は「それなり」に書けるようになるかもしれません。
 
 
でも嫌な想い、たくさん失敗した経験が記憶に残ってしまいます。
 
 
トラウマって意外と残りやすく、いま抱えている悩みが、実は幼少期のトラウマが関係していたり、、
 
 
子どもは今どんな気持ちでいるのかな、相手の立場になってみると、見える景色が変わるかもしれませんね😊
 
 
 
 
脳も、
 
 
身体も、
 
 
感覚も、
 
 
感情も、
 
 
やっぱり、すべては繋がっていることを改めて感じました😊