こんばんは木村です。   この出だし…   お久しブリーフで、毎日メデイアでも熱中症が騒がれてますね。         最近、施術のの中で非常に多くかんじること…   「砂糖の反応と水分不足」   なんだか馴染み深いフレーズなのに、まだまだ世間に浸透していないんですよね。   水分不足になると、カラダに対してどんな影響が出るんでしょうか。   人間のカラダは60~70%は水分と言われるほど・・・   みずみずしい。笑         ですが水分不足になれば、当然ですがシワシワになっちゃいます。   そして大切なサイクルの「循環と排泄」が滞る。   先日のterakoyaセミナーでも伝えたんですが、水分不足の方の多くは腎臓や大腸の動きが悪くなり、砂糖は膵臓に関係もする。         これが頭に入ってると、その内臓と関係する筋肉や症状と関係性が読めるから効果も出る。   人のカラダは全てつながってるので局所(痛い部分)で施術したって、効果なんて微々たるもの。   特にこの時期は水分補給を怠らず、補給はお水・白湯・麦茶か好ましいく、コーヒー、紅茶、緑茶、その他のお茶類は嗜好品としてなら、良いと思いますね。       砂糖といえば、この時期はやっぱり…アイスクリーム   美味しい時期ですが食べ過ぎはお腹も冷えるし、内臓に炎症がおこりますから、ほどほどに。