今日は、3大栄養素の「糖質・脂質・タンパク質」の糖質と血糖値、そして身体との関係性を少し。
 
 
世の中で糖質OFF、糖質制限、ダイエットなど健康ブームもあり、悪者扱いされている糖質
 
 
自分自身が糖質ジャンキーだった経験を踏まえてお伝えします。
 
 
糖質って身体の中で少しだけ蓄えれるエネルギー源であり、人間の脳や筋肉にも大切なエネルギーとして使われてます。
 
 
男性に比べ筋肉量が少ない女性が、極端に糖質制限するとエネルギーが不足して、代わりにタンパク質がエネルギーとして使わるため、結果として代謝の問題がおこる場合も多い。
 
 
よくある事例として、デスクワークで頭を使う作業していると脳がフル回転、しかし疲れてくるとボーッとして集中力が切れる。
 
 
お腹もペコリで血糖値も下降…
 
 
身体は、糖質を「欲いぃ・欲いぃ・欲いぃ~」と連呼します。
 
 
デスクの引き出しを開けると…
 
 
一面に広がるお菓子…
 
 
美しい彩り、光輝くパッケージ…
 
 
愛おしいデリシャスな糖質たち…
 
 
今日は、どんな出会いが…
 
 
なんて経験の方もいるのか?わかりませんがデリシャスよりも「デンジャラス」が適切。
 
 
例えばチョコレートを食べる→血糖値が素早くあがる→気分が高揚し”元気ですかぁー!”と叫ぶ。
 
 
しかし実際は、お菓子を食べても直接エネルギーにはならず、他の栄養の力を借りてひと手間かかり、ようやくエネルギーに変換されて使えるようになり脳のエネルギーとして使える仕組み。
 
 
よく、空腹に食事代わりのお菓子…経験済。危険。
 
 
日常的にお菓子などを食べて血糖値が急上昇しても、インスリンが血糖値を下げてくれます。
 
 
そう、大丈夫…ある程度までは。。。
 
 
しかし、それを繰り返すとインスリンを分泌する膵臓が疲れる。
 
 
今度は、膵臓と関係する筋肉が弱くなり、痛みというクレーム信号をコールセンターの脳に送ります。
 
 
その間も、他の筋肉と助けてもらいながら何とか動作は可能で、この時点では痛みがあるが動ける状態。
 
 
日を追うにつれて弱った筋肉の限界が近づき、最後は肩も痛い・腰も痛いような状態でマッサージに行く。
 
 
少し楽になる→2日くらいでまた痛む→以後は立派なリピーター様へ
 
 
簡潔に書いてますが身体の中では、こんな事が当たり前のように起こってるんですね。
 
 
と、いう内容をセミナーで教えてます。笑
 
 
何事もバランスとタイミング、大切
 
 
ちなみに血糖値を上げるホルモンは多数ありますが、下げるホルモンはインスリンだけであり、このことから膵臓の負担が大きくなるにつれて、数カ所の関係が深い筋肉は簡単に過緊張をお越します。

こんにちは木村です。
 
皆さまは、夜グッスリと寝れていますか?朝スッキリと起きていますか?
 
「寝ても眠たい」「疲れが取れない」「途中で目がさめる」「眠いのに夜になると寝付けない」
 
それはなぜ・・・
 
・枕があっていない
・布団があっていないorマットレスが
・湯船にゆっくりと浸かってない
 
考えられる理由は色々あると思いますが今日は視点変えて・・・
 
 
【食】
 
 
特に糖質です。
実は糖質の摂り過ぎは意外かも知れませんが睡眠の質にも影響します。
 
お腹いっぱいのランチ後に眠くなったこと、ありませんか?
なぜに眠いのか…
 
 
【低血糖】と言われる症状ですね。
 
 
本来、糖値はゆるやかに上がったり下がったりするのですが糖質を多く食べているとアップダウンが激しくなります。
 
低血糖が起きてしまうと寝ていても下がった血糖値を上げるためにノルアドレナリンという成分が分泌され、身体が無意識に緊張状態になり変に力が入り、噛みしめや歯ぎしりも併発する質の悪い睡眠になるようです。
 
長時間寝ても疲れが取れない時は睡眠中の低血糖の可能性もあるでしょう。
 

 

まあ体質も関係するみたいですね。
体質について詳しくはまた