セラピストを目指し、右往左往しながら、もうすぐ10年   最初の3年くらいはタイ古式の施術をする人、そんなレベルで、首肩こり・腰痛に疑いもなく、きっと楽になる!信じて揉んでました。   でも現実、そんな甘いわけではなく、施術が終わっても痛そうな顔をしている方をみると、切なくなりましたね。         多数いらっしゃったと思うし、当時はワタシ・ニホンゴワカラナイ的な感じで流していたんでしょうね。笑   何故、揉んでも楽にならないのか?変化が乏しいのか?そこからが痛くなる原因って何だろう・・・   そう考え、調べて調べて、そこでトリガーポイントの存在に興味をもち、茨城県へセミナーに参加したことをよく覚えてます。   5年も前ですが福岡から講師を招き、新潟でトリガーポイントセミナーも開催しました。   自分の成長とともに壁にブチ当たるもの、人生ってよく出来てるなぁと。   不調改善の世界って「ドツボ」なんで終わりがなく、常に悩み、考え、調べて聞くの繰り返しで、いわば僕も難民ですww   引き寄せの法則って信じてます。だから横浜CBSセミナーに参加することができた。         これセラピスト人生の分岐点だった気がするし、ものすごい情報量で押し潰されそうな時もありますが、不調改善というジャンルにおいて日本のトップなのではないかと感じてます。   だから・・・半分は難し過ぎて今は理解に苦しいけど楽しい。         Mな部分が顔をだします。笑   そのCBSのお陰で今日、嬉しいご連絡をいただきました。   先月に群馬出張したんです。脊柱管狭窄で背骨をワイヤー固定手術を受けたけど、足のシビレとムクミが酷くて、ふくらはぎパンパンが治らない方の施術でした。   「足のシビレが無くなり、リリカを止めれました!」   このメッセージ、いやー本当に嬉しいですよね。セラピストってええ商売やなぁーと思う瞬間。   実際、僕にどこまで出来るのか、不安も大きかったのは事実ですが、当たって砕けろ精神は大切。   現状維持は衰退ですし、結果が出なかった時の言い訳練習したくない。   今後もインプットとアウトプットを大切にしながらウチの生徒と共に成長していければ幸い。   んんーー今日はいい酒が飲めそうです。         ちなみに横浜セミナーでは自分・・・みそっカスの部類です本当にw   ウチの可愛い生徒に・・・シビレは小殿筋トラブルが多いよー   きっと読んでると信じて。笑
最近、マジ卍な投稿が続いてる木村です。   去る17日の夜、群馬県の高崎市に乗り込みました。         そして高崎ナイト(お酒)を満喫しつつ、気づけば深夜2時を過ぎ…   あ…飲み過ぎたね。我に帰るの巻。   楽しく呑んだ記憶が、走馬灯のように過ぎ行く…         いわゆるヒムロック流の刹那ですね。     で何を目的に群馬で行ったのか、恋にもにた感覚…   もはや、恋がどんなモノなのか理解できなくなりそうな、お年頃ですがw   本気こいて、会いにいきました。   脊柱管狭窄症と診断され、背骨(胸椎=仙椎まで)をワイヤー固定の手術を受けられた御婦人に。   術後の背中と腰の痛み、パンパンになる足のムクミ、すんなり寝返りも打てない、服用薬も多めな感じ…   当然ですが、ワイヤー固定手術を受けたため、腰椎の動きは制限され、足元のモノを自分の手でつかめないくらい、日常生活に支障をきたしています。   そんな方に新潟に来てください、なんて言えませんよねセラピストとして。   自分の母を診て欲しいと、ご家族の方にご相談いただき、実現した群馬に遠征。   で、問診と検査を終え、体のアチコチ痛いし、ふくらはぎなんてパンパンな訳わけです。   昨日、リハ行ってマッサージしてもらったんだけどねぇ…なんて会話しつつ…   ご家族の方2名に見守られながら、いざ…     え?大丈夫なの?何してんのこの人?的な眼差し…が、しかーし!いつもの事なんで、慣れてます自分。笑   病歴期間や症状を考えると、張り切ってやり過ぎると好転反応がキツくなる予感がしたので、30分ほどで切り上げました。   施術後の腰は少し楽になり、ふくらはぎはフニャフニャを確認して御婦人にウインクして終了。   とりあえず今の自分で出来る範囲は行なえたかと。   肌にターンオーバーがあるように、内臓や筋肉もその場で楽になる人もいれば、2~3日かけて変わっていく人も多い。   ご家族の方にセルフケアなどお伝えして、無事終了し、ちょうどお昼だったんですね。   群馬名物の「鳥めし」をいただきました。         厚かましいと思ったんですけど…お茶と味噌汁までお出してもらい、食しました。笑   鳥めし美味いし、群馬いいとこですね。   感謝されて、最後のお見送りまでしていただき、行って良かったと思います。   笑顔を見れる、そこ大切にしていきたいし、お呼びが掛かれば、また行きたいですね。
「焼きまんじゅう」   ご存知の方、多いんじゃないでしょうか。   群馬県ではとてもポピュラーで上州の名物として知られている「おやつ」なんだそうです。         競馬で例えると、実力があるのに意外と評価されない馬、的な感じでしょうか…   理解しずらいですね。はい。ゴメンナサイ・ワタシニホンゴワカラナイ。。。   きっと秘密のケンミンSHOWにも紹介されていたかも知れない…   でもオッサンなので…   ニュースくらいしかTVを見ないので、世間知らずな僕は全くのノーマーク。   いざ!参らん!実際に食す……   ………………………………………………………………   ………………………………………………………………   前にレンジで温めました。         フカフカの生地に甘くしょっぱくて、素朴な味わいで美味しい。   なんででしょうか、このジーンと込み上げてくる感じ…   家庭環境が複雑だった時期もあり、鍵っ子も経験してるからでしょうか…   小さい頃から親は共働きだったので、小学校から帰るとお婆ちゃんが家で待ってるのが楽しみでした。   いわゆる「じじっこ・ばばっこ」って奴ですね。   当時はコンビニスイーツなんて無いし、ケーキなんてクリスマスと誕生日しか食べれないような時代。   おやつはお婆ちゃんがよく、揚げパンとか、干し芋など色々と作ってくれた事を、不思議なことに思い出しました。   現代において、隠し味、秘伝の味、味の深み、奥行きとか色々と言われますが、結局シンプルが一番なのかなぁ。   思い出とリンクすることでシンプルな美味しさに感情というスパイスが効いて、心も身体も大満足。   大脳皮質(脳の一部)が喜んでます。   この、お土産をくださった方ってお客様でもあり、同じセラピストでもある。   他県から遠路、カラダの調整に通っていただいてるのに、お土産までいただいて…   ご縁に感謝ですね。