脳は最後の言葉を強く認識するそうです。
 
 
コンチクショーで終わらず、最後はポジティブな言葉でしめるのが良し。
 
 
「ま・・・いっか」そんなくらいが、程よいらしい。
 
 
イライラすると、交感神経が優位になり、アドレナリンという神経伝達物質が分泌され心臓はコレでもか!
 
 
ってくらい血液を送り込み、血圧上昇と共に目が小さい僕でも大きくなり、一時的な幸福感を味うことが可能に。
 
 
アイプチより凄いけど、身体には悪い。
 
 
そう・・・
 
 
忘れもしない中3の夏休み・・・
 
 
気になるクラスメートの子とばったり・・・
 
 
3秒間だけ、視線が合っただけなのに・・・
 
 
脈拍数が増え、ドキドキした記憶あり。
 
 
いわゆる交感神経スイッチON。
 
 
今では皆無、、、スレたな俺。
 
 
 
 

 
 
 
 
今では・・・職業病とも言える解剖学的な目線で考えてしまうアンチクショウに成り下がる。
 
 
それでも・・恋は・・・恋  そんなオジサンの歌もありましたね。
 
 
交感神経が常に優位に働くと当然ながら眠れなかったり、消化不良や便秘になりやすかったり、様々な弊害がおこる。
 
 
実際は、優位に働くのが悪いのではなく「上手く切り替わらない」ことが問題。
 
 
交感神経が優位のまま生活していると、間違いなく「胃の不調」に出くわす。
 
 

 
 
なんせ副交感神経がしっかり働いてこそ、消化液がしっかりと出て消化を助けるのでね。
 
 
よく咀嚼(かむ)することが前提の内容になりますけど。
 
 
だから食事中はイライラする事は考えないほうがよい。笑
 
 
昔から食事中にケンカしたり、問題が起こると「食事が不味くなる」なんて言葉もあるのは、あながち的を獲ているのかも知れませんね。
 
 
何でもかんでも自律神経を犯人に仕立てる人も多い業界ですから、そこは負のループに巻き込まれないようお客様自身もある程度は学ぶって必要かなと。
 
 
不確定な情報があふれる時代ですから。
 
 
ちなみに胃の不調をみるなら、入口(噴門)なのか全体の(胃体)?それとも出口(幽門)なのか?
 
 
全て部位を個別に交感神経が優位なのか?副交感神経が優位なのか? 
 
 
手のひら一つ、30秒あれば確認できるので胃の不調を感じる方、お気軽にご相談くださいませ。

明けましておめでとうございます。
 
お正月…
 
飲みすぎ、食べ過ぎた模様…
 
顔が丸くなった木村です。
 

 
いいんです。それが人間です。そんな完璧な人間なんていない…と信じたい今日この頃。
 
本年もセラピストして邁進するしょぞん!どうぞ宜しくお願いいたします。 
 
いきなりですが「病は気から」一度は聞いたことがあるフレーズです。
 
過去の例でもメンタルが落ち込むと病気もしくは不調になると言われてますよね。
 
まぁ、ひと昔前は根性で何とかなる…的なことも言われてましたが、実際はならない場合が多いように思います。
 
レントゲンやMRIではストレスはわかりません。まぁコルチゾールの数値で多少は判断できるかもしれませんが数値にでるくらいだとかなり重度なんじゃないでしょうか。
 
そして栄養学や生理学も含め、僕らの世界(アプロイドキネシオロジー・オステオパシー・東洋医学)でもストレスによる病態変化は解明されつつありますが、まだまだ全てに対応出来るわけではありません。
 
いつの時代も情報弱者は後手後手にまわってしまうんですよね色んな意味で。
 

 
その前に身体は痛み・違和感など、何らかの「サイン」を出してると思いますし、脳にはずっとシグナルが届いてるはず。
 
当然ですが脳と筋肉や内臓もつながっており、全ては相関関係。
 
最近では腸活とか、腸から健康にとか…やたら色々な媒体で目にしますが上辺の情報に踊らされないよう祈るばかりですw
 
発生学で言えば「腸が先で脳が後」なんですよね。腸をフル活動させるために脳ができたといわれてます。
 
健康ブームも手伝って、身体に良いモノを取り入れよう的なこともメディアでよく取り上げられますが、現状で取り入れたモノが「消化・吸収・排泄」がしっかりと出来ていないと意味がない。
 
取り入れる前に土台作りと現状の把握、大切ですよね何事も。
 

 
迷ったり悩んでいる方、お待ちしております。
 
あ…結果重視の方も。

こんばんは木村です。
 
 
PUFFYのデビュー曲で「アジアの純真」…
 
 
ミリオンを記録し、昔はカラオケなんかでもよく耳にしました。
 
 
でも、まぁ歌えませんでしたよね…
 
 
ヒロシ寄りなんでねw
 
 
その大貫亜美さんが12日に突然の腹部激痛にみまわれ病院で診察を受けた結果、肝障害と言われるほどの肝臓の悪化した数値を叩き出し、絶対安静なそう…。
 
 
実はお酒をあまり飲まないそうで、数値に出るってかなり悪いですからねぇ…
 
 

 
 
いくら有名アーティストが右肩が痛いって言ってるくらいじゃ、ニュースになりませんしね。
 
 
自分的には兆候はあったと思うし、わりと数値だけにスポットを当て正常値の範囲だから大丈夫とお考えの方、意外に多いのが現実。
 
 
内臓疲労ってほぼ、皮膚や筋肉に何らかのSOSを出すんですよね、それが首肩コリなのか、腰痛や頭痛なのか様々です。
 
 
※肝臓が疲労すると身体の右側の首~肩~背中~腰に「痛みやコリ」なんかが、出やすい傾向
 
 

 
 
僕もカウンセリング時に内臓疲労の「ある・無し」はお伝えしますが、普通に考えて肩コリと内蔵疲労が関係するなんて、ほとんどのお客様が頭の中で???が点灯する言葉。
 
 
肝臓が疲労してますねぇ、なんてお伝えすると半数以上が、そんなにお酒飲んでないんだけどなぁ…
 
 
そんな答えが返ってきます。笑
 
 
人間て今までの経験と知識を頼りに話したり、行動したりするもの。
 
 
大半は施術が終わると理解してもらえるんですけど、大事なのは論より証拠で結果が全てなんじゃないでしょうかね。
 
 
今回の大貫さんを例にすると、お酒をあまり飲まないのに肝臓疲労になるのか?
 
 
結論、お酒以外に「ストレス・食事・長期間の投薬」なんかで皆さんが考えてる以上に疲労しますし、当然ですが年齢も関係します。
 
 
筋肉も内臓も年齢を重ねるほど回復力が落ちて、弾力性を失い機能低下を起こすのは20代より40代の方が多いのは周知の事実。
 
 
自分に何かしら気になる症状が続いたり、繰り返してる場合は「内蔵疲労」の場合が多いんですよね。
 
 
気になる方は信頼するサロンに内蔵疲労しているのか、どうかを是非、聞いてみてください。
 
 
でもセラピストとして聞かれる前に伝えるのが「ベスト」ですよね。
 
 

こんばんは木村です。
 
 
最近、予約時に事前メッセージをいただく機会が増えており、ここが痛いとか、こんな感じですetc…的なね。
 
 
非常に嬉しいですよねセラピスト的に。
 
 
昨日も「整体が全く初めて」極たまに日帰り温泉で足つぼくらいは…という男性のお客様がご相談コースでのご来店。
 
 
症状は色々ありましたが施術が終わり、身体の感覚の違いに驚かれていました。
 
 
今回も内臓疲労があり、そこから起因するケースでしたが、1回の施術でも確かに変化はでますが1年かけて疲労した筋肉や内臓を1回の施術で全て回復させることは実は難しい。。。
 
 
虫歯になって1回の治療で終わらないの同じ原理ですし、皆さんが考える以上に、現代人の内臓疲労は多い。
 
 
時間が経過してるほど、トラブルは広がってるし根が深くなる。
 
 
とは言え、踏み出しやすいのは低価格、揉みほぐし系の整体?と呼べるのかわかりませんが、その辺りw
 
 
基本的に用途が違いますよね。しっかり身体をメンテナンスして欲しい方と、とりあえずスッキリしたい方。
 
 
美味しい目玉焼きを食べるのにレンジでチンするか?手間ひまかけて油を引いてフライパンで焼くか?くらいの差はあるんじゃないでしょうかね。
 
 
確かにサービスも大切ですが技術と愛情なくしてセラピストは務まりません。
 
 
何事も「愛と気づき」が大切なんでね…
 
 
 
 
もちろんBGMは http://bit.ly/2Am6pQ6 

こんばんは木村です。
 
 
なぜ、首肩コリが治らないのか?続くのか?単純に使いすぎで疲労して凝ってるならマッサージやセルフケア程度で十分なわけで身体を動かす運動とか、ジムでもヨガでもなんでも良いんですけどね…
 
 
で、終わりました昨夜未明。
 
 
仮にマッサージを受けに行き、次の日にまた辛くなる方は基本、筋肉の問題ではありません。
 
 
少なく見て8割は内臓疲労が関係してますね経験上。すぐに辛い状況に戻るのに、マッサージはいきませんよね一般的に。
 
 
痛いからロキソニンや湿布を貼ると同じ行為ですし、スマホと油揚げの選別が出来ないと同じです。
 
 
 
 

 
 
 
 
まぁ百歩譲って、ドクターが大好き、または看護師さんに恋してる…
 
 
そんな想いを抱いてる方は、是非かかりつけの病院へGO♪
 
 
センチメンタル・ジャーニー爆発してください。
 
 
 
 

 
 
 
 
ボク個人の考えですが、短期の疼痛コントロールとして薬を飲むことは有効ですよね。
 
 
話が脱線しましたので、首肩コリに話を戻します。
 
 
例えば育児という観点でみたとき、小さいお子さん(特に2~3才)がいる方の多くは左の首肩コリがあります。
 
 
な~ぜ~巡りあうのかを~♪名曲ですね中島みゆきさんの糸という曲。
 
 
縦の糸と横の糸という歌詞があり…
 
 
人の身体でも筋肉は縦の糸。
 
 
内臓は横の糸、そんな風に考えます自分。
 
 
しか~も、、、
 
 
ややこしい事に筋肉と筋肉もつながってるんでね。
 
 
内臓が疲れると筋肉に「疲れてんだよオイ!」気づけよコラ…
 
 
 
 

 
 
 
 
そんな信号を筋肉~皮膚を通じて痛み・という形で伝える。
 
 
結論「胃の疲労」です。
 
 
子供から目が離せないので早食いの方が多い。早食い=固形物が胃に入る=胃は短時間で頑張って消化する=胃は疲労する
 
 
そして胃が悪くないですか?と聞いても全然、悪くないです!と返答が大半です笑。
 
 
この経緯をすぐに推測→検査→施術するから効果もでるし、的確にセルフケアにも生きてくる。
 
 
一般的に年齢を重ねるごとに筋肉そして内臓機能も低下します。
 
 
単に痛いところだけ施術してOKではなく、自分自身が気付かなかった不調の芽をみつける、摘み取る意味でも日々のメンテナンスの必要性を感じますし、僕らは常に学ぶ姿勢、大切にしたいですね。
 
 
迷ってる方、お待ちしております。

こんばんは木村です。
 
 
ここ数日で胃の不調からくる首肩・肩甲骨周囲の痛みetc…を数名いらっしゃいました。
 
 
まぁ季節の変わり目も少なからず影響してるんじゃないかな?なんて考えます。
 
 
いわゆるホメオスタシス(恒常性)ってやつで、このバランスが取れないと不調に傾きやすくなりますね。
 
 
細かく書くと長くなるので書きませんし、皆さんもそんな興味がないと思います笑。
 
 
話を戻し、ご本人である皆さんは、なんでこんなに「しつこい」首肩痛なんだろ?くらいにしか、捉えて無い方が多いようですね。
 
 
で、僕が「胃からきてますね」とお伝えすると…
 
 
え?もしくは…
 
 
は?って表情…
 
 
意外と好きです笑。
 
 
全く、胃なんて不調じゃないし、胃薬も飲んでないし、健康診断も引っかかってません的な方が多いですよね。
 
 
病院も検査で数値として出たら、OUT領域と僕は考えますし、症状もけっこう辛いんじゃないかなと。
 
 
若い時と食事も食べ方も変わってない…
 
 
でも今は不調…
 
 
そんな方は実際は多いわけで、内臓も筋肉と同じで老化し、20代はなんとか処理できたことでも30代になると徐々に処理機能が追いつかず、痛みとしてサインが現れ、40代んでは治りにくく頻繁に現れやすいんです。
 
 
電気で例えるなら、ここ50年くらいで白熱球→蛍光灯→LEDと文明は進化してますが、人間の身体は進化してませんからね。
 
 
むしろ、便利過ぎる環境で退化してる人もいると感じてます。
 
 
数値に現れない不調を読み取ること、未然に防ぐこと、僕らの仕事ですよね。
 
 
まぁ不調の原因を掘り下げて対処するって、僕らの存在意義なですよね。
 
 
色々なサロンを周り、改善されなかった方、お待ちしてます。
 
 
あ…もちろん結果は出しますよ。あたり前田のクラッカー