去る6月24日は楽しみにいしていた、横浜CBSセミナーでした。
 
今回のテーマは「十二指腸~小腸~腸内細菌バランス」
 
腸内細菌においては2~3年後くらいに一般的に広まるであろう、SIBO(シーボ)小腸内細菌増殖症の内容もあり、目からウロコ。
 
 

 
 
かなり先進的な内容に、ご満悦のワシでした。
 
この辺を学ぶと、不調改善というカテゴリーの中で、点と点だと理解しにくい症状でも、線につながる事が多いんですよね。
 
セミナーの中で、少し面白い観点のお話がありました。
 
現代医学の中で人の技術って、そこまで進歩していないっていう話…
 
進歩しているのは医療の機材みたいで、大腸癌のカメラetc
 
昔は全てを診れなかったみたいですね。 
 
家電や車、様々な機械はすごい速さで進歩していることを考えれば、当然なのかなぁと。
 
人間の肉体は間違いなく、ここ50年…進化していませんよね、逆にアトピーやアレルギー体質のお子さんが増えている現状もあり、免疫に関係する腸にスポットがあたってますよね。
 
NHKためしてガッテンでも腸内フローラ特集が放映されたり、メディア腸内環境が話題になったのも、ここ最近です。
 
ちまたでも美腸○○コース、腸活ダイエット、免疫力アップとか色々と目に入ります…効果は別として。
 
本来は炎症など複雑に絡み合うので、腸に限らず内臓は色々な不調に関係するんですが、多くの人は筋肉・骨格などの目に見える部分にとらわれる傾向…
 
だから目に見えない内臓は症状に関係するなんて、一般的に考えないわけです。
 
クライアントと同じレベルの考えや視点、情報量ならセラピストじゃないし、痛い部分を揉めば何とかなる、姿勢が悪いから不調になる…そんなの日本昔ばなしレベルです。笑
 
ちまたに一般アルアルですが、腸に良いと思い、発酵食品やヨーグルト、納豆を食べるけど…
 
なんら効果は感じず、下痢するし、お腹の調子がよくならない、そして過敏性腸症候群である…
 
などの85%がSIBO(シーボ) 小腸内細菌増殖症が関係すると現在は言われてます。
 
安易に腸内細菌を増やすのではなく増殖を疑う余地あり、ですね。
 
何事もバランスとタイミングが大切で、カラダの中から元気になりたい方、生き急いる方もお気軽にご相談ください。
 
ちなみに人生相談は有料です。
 
 

 
 
僕も生き急いるので。笑

こんばんは木村です。
 
みなさん、花粉症やアレルギーをどのように考えてますか。
 
 

 
 
免疫は身体の中に入ってきた異物を排除するシステムで、アレルギー反応って侵入した異物を排除するシステムが過剰に反応しているんですよね。
 
免疫も全てが解明されてるわけではないですが、免疫システムは15歳までに出来上がり、20歳を超えると、免疫力は落ちていくと言われてます。
 
僕も常々お客様にはお伝えしてますが、免疫細胞の70%は腸にあり、いかに内臓が大切か何となくですが、伝わったら嬉しいです。
 
でまぁ免疫力が下がると…
 
・ウィルス・感染症(インフルエンザ)などにかかりやすくなる
・肌が荒れる
・アレルギー症状(花粉症・アトピーなど)が生じやすくなる
・下痢をしやすくなる
・疲れやすくなる
 
じゃー免疫力を上げれば良いじゃん!と考えます。
 
「上げる」という事はカラダに良いモノ・事をしよう的に考えます普通…
 
まぁ花粉症の場合、薬で対処とかね…
 
 

 
 
大切なのはどんなに腸に良いとされる食事や運動をするよりも、まずナゼ免疫力が下がっているのか?を調べることじゃないですかね。
 
腸に悪いことをしながら、腸に良いモノを食べる…効果半減…むしろそれ以下…というとこでしょうかねw
 
ここポイントで間違えないで欲しいとこです。
 
美味しそう・キレイ・可愛い・素敵・良い香りetc…これは脳で判断しますよね。
 
 

 
 
カラダに対して、良し悪しを認識するのは脳ではなく「腸」なんでね。
 
自分で良いと思い込んでたモノでも、実は合ってない…よくあり、それが不調としてあらわれたりね。
 
アロマオイル、水晶ブレスレット、サプリ、柔軟剤から食べ物まで全て相性があります。
 
相性を判断して欲しい場合、ご持参くださいませ。5秒でわかります。
 
横浜で学ぶようになり、アレルギーや花粉症の改善もお手伝いできるようになりましたん。
 
カラダの中からメンテしたい方、お気軽にご相談ください