久しぶりのブログなので、濃いめに仕上げで。     なにせ私たちの協会は、「ミクロからマクロ」まで人の身体を診るという考えです。     ミクロ=細胞  マクロ=筋肉と骨     基礎医学の分野から細胞まで鬼のように叩き込まれる虎の穴で人を診る視点が変わってきます。     だから理解されずらいんですけどね(笑)     ちまたの免疫系ブログに比べると、今回は難しく感じるかも知れません。     本来、免疫も一回にまとめ切れる内容では無いので、かいつまんで。     免疫って大昔からの飢えや感染症など、人が命を繋げていく上で得た身体を守るシステム     免疫力を上げる方法として3つ考えました。     代謝、自律神経、腸内細菌     今回は、代謝をメインテーマとして酵素まで掘り下げます。     代謝は、食べた栄養を分解、吸収した栄養を身体に必要な物質に再合成することです。     代謝UPのフレーズとか、好きな人は多いんじゃないでしょうか(笑)     基礎代謝や新陳代謝、エネルギー代謝などありますが収拾がつかなくなるので今回は省略。     代謝(体内で栄養素を分解・合成)が円滑に進むには、酵素が恋人のように深く関わります。                 体内でつくられるは酵素は、大きく分けて「消化酵素と代謝酵素」     病気で身体を修復する時は、代謝酵素が優先となり消化酵素の働きが弱くなります。     風邪の時に食欲がなくなるのは、自然な反応と言えますね。     ここで本題です。     酵素の働きをサポートして、分解・合成を円滑に進めるには「補酵素」といわれるビタミン・ミネラル類が必要。     ドライバーと車のような関係で補酵素が不足すると代謝が滞り、体内の機能を十分に発揮できない状態に。                 そこで今回は、補酵素である亜鉛に注目     亜鉛は400くらいの酵素と結びつきがあり、ミネラルは200くらい。     たくさんの酵素と仲良くなるので、魚介類、海藻類を食べてください(笑)                 実はこれって深い問題で、食生活の変化や環境ストレス(広い意味)は大きく関係していると思います。     昔に比べて魚介類、海藻類を食べる量って減少している背景もあると感じています。     代謝力が上がれば上がるほど、補酵素の必要量は上がるので補給量を増やす必要もでてきますね。     ちなみに他店では無いサービスとして、血液検査表があれば「どの補酵素が足りてないのか?」判断が可能ですので、気になる方はお気軽にご相談ください。
善玉菌をを斜めから見てみる   カラダに良いと言う理由で、日課のようにヨーグルトや甘酒、麹類、納豆、乳製品など何かしらの発酵食品をとられている方は多いと思います。   TVからSNS、雑誌、NET広告などもよく見かけるし、「腸が関係する記事」見ない日は無いくらい。         今、まさに腸活ムーブメントブーム。   僕ですら錯覚してしまいそう。。。   多くは「善玉菌」を増やして悪玉菌を減らし、カラダの中から健康にと考えておられる方が大半と思います。   おとぎ話で例えれば、善玉菌はヒーローでいわゆる「桃太郎」、悪玉菌は必然的に「悪事を働く鬼」         悪い鬼を成敗しなければ物語は成立しません。     一般に腸内環境は菌の花畑にたとえられ「腸内フローラ」と呼ばれており、この言葉だけを聞くとメルヘン全開。         毎日、ヨーグルトや甘酒、麹類、納豆、キムチ、乳製品など食べているから善玉菌が増え、体調万全のハズ・・・   しかし、実際はアレルギー症状が出るor止まらい、お腹がゆるい、腹部の膨満感、身体の倦怠感なんかは意外と多いんじゃないでしょうか。   こんな場合は「シーボ」も疑う必要があり。   ※善玉菌を取り込み過ぎて、腸内細菌バランスが崩れることを「シーボ=腸内細菌増殖症」と呼び、簡単に言えば腸内に炎症が起こっている状態。   うちのクライアント様でも「腰痛・股関節の違和感・太モモ裏の歩行痛」etc…   シーボに関係した症例がたくさんあり、そこをセラピストが理解してないと症状の改善は難しいでしょうね。   善玉菌と悪玉菌に限らず、「食事もバランス」が重要で取り過ぎも良くないし、カラダには悪玉菌も最低限は必要。   腸内環境って少し勉強したくらいだと、逆に悪影響を与える場合が多く、原因も調べず安易に腸セラピー等を行っても腸内の炎症は治まりませんので、自己判断のセルフケアもお薦めしません。   闇雲に痛い部分をモミモミ・ゴリゴリするのではなく、セラピストなら何が原因?なのかを調べて、施術することが大切ですよね。         お腹の調子が気になる方、ご相談くださいませ。       《業務連絡》 うちの生徒へ・・・小腸に関係する筋肉を明日、セミナーで質問しますので「秒で」お答えください
久しぶりに書きます。   つい先日も無事に終わった9月のterakoyaセミナー         ここ3ヶ月は内臓やホルモンの働きから関連性なんかを、少し掘り下げて伝えてました。   何事も「基礎」が大切ですし眠くなるけど、いずれ必ず役に立つ         資料を作りながら、僕自身も忘れていた部分を再発見できたり、まさに成長期です。   わんぱくです。   思春期です。   言い過ぎました。   今が思春期なら…   とっちゃん坊やです。   でもね、生徒さんがお腹いっぱいになるセミナーにしてますので、まぁ良しとて。   整体が溢れかえる現代で、猫も杓子も少し習えば、整体師やセラピストでございます!   と名乗れる今って、ある意味、乱れた腸内環境と似ています。         腰痛でも首肩コリや背中のハリ、違和感etc…   どこ行っても効果が感じれない、すぐに痛みがぶり返す、病院で検査してるけど、何もでない!でも調子が悪い…   なんて方は間違いなく、腸内環境も怪しいですね。   少なくみても6割は上記の症状に、腸内環境も関係しています。   それは何故、腸内環境と筋肉(症状)が関係するのか?     カラダに悪いモノをたくさん取る     ↓ 腸で栄養を吸収する     ↓ その栄養を筋肉に送る     ↓ 毒素が筋肉に回る     ↓ 筋肉は疲れやすくなる、回復出来なくなる     ↓  トラブル発生           「内臓と筋肉の関係性」 何となく、ご理解いただければ幸いです。   セラピストでは当たり前だのクラッカー的な知識ですが、お客様は専門家ではないので、わからない。   だからこそ、しっかりお伝えする必要があります。   wat51のお客様は僕が責任をもって対応しますが、かかりつけがあれば一度、聞いてみるの良いかと。   筋肉や骨ばっかり追いかけても、回復の兆しが見えない方は「実際数」多いですからね。   次回は最近、担当させていただいた症例を書こうと思います。
最近、あんまりブログを書いてないですね…   そんな、ご指摘をいただきましたので。笑   読んでいただけるだけ、幸せですね本当に。   最近はあまり書いて無かった、カラダのことについて。   自分のカラダにちゃんと向き合いたい方に向けた内容です。   整体なんて揉んでナンボ…とお考えの方には時間の無駄となりますので、画面を閉じてください。笑   ふと、思いました。整体ってカレーと同じなんじゃないか?   ほぐし専門整体から、うちみたいに不調改善専門まで、さまざま   カレーも同じでインド、タイ、ミャンマー、スリランカ、シンガポール、イギリス、ドイツまで多国籍にカレーが存在する。   インド、タイカレー辺りがベタな線でウチ…さしずめドイツカレーくらい、一般的じゃないかも知れませんね。笑   で、話に戻りますが世間でカラダに良いとされる発酵食品。   例えば…   パン、鰹節、イカの塩辛、チーズ、生ハム、ヨーグルト、キムチ、ザーサイ・メンマ、納豆、味噌、醤油 etc…   カラダに良いからって、食べ過ぎにはご注意くださいませ。   善玉菌が増えすぎて、腸内環境のバランスが崩れて調子が悪くなります。   善玉菌も悪玉菌も要は「バランス」です。   筋肉も骨格や内臓から腸内環境まで全てバランスが大切。   同じ筋肉だけ使ってたらアンバランスになりせんか?ずっと変な姿勢でいると歪みますよね?   毎日コンビニ弁当食ってたら、不調になりませんか?   医療機器の進歩で、今まで過敏性腸症候群などと言われてきた症状…   「シーボ=腸内細菌増殖症」という事がわかるようになりました。   今まではストレスで腸が過敏に動いてると言われてきた症状が、実際は菌の増殖が原因だったとか。   今までの非常識が今後の常識となる、良い事例ですね。   それくらい腸内環境は大切で、カラダに酔いとされる発酵食品もほどほどに。   日本でも、まだまだ知られていない「シーボ=腸内細菌増殖症」の方って意外と多いんです。   どうもお腹の調子が優れない、体調が良くならない…   お気軽にご相談ください。原因から調べまっす。   ちなみに栄養吸収のメインは小腸で、吸収した栄養は門脈という血管を通り、肝臓に送られるのでカラダに悪いモノばかり食べてると、酒なんて飲まくても肝臓は疲れます。   肝臓が疲れると右首~右肩のトラブルに…。
去る6月24日は楽しみにいしていた、横浜CBSセミナーでした。   今回のテーマは「十二指腸~小腸~腸内細菌バランス」   腸内細菌においては2~3年後くらいに一般的に広まるであろう、SIBO(シーボ)小腸内細菌増殖症の内容もあり、目からウロコ。         かなり先進的な内容に、ご満悦のワシでした。   この辺を学ぶと、不調改善というカテゴリーの中で、点と点だと理解しにくい症状でも、線につながる事が多いんですよね。   セミナーの中で、少し面白い観点のお話がありました。   現代医学の中で人の技術って、そこまで進歩していないっていう話…   進歩しているのは医療の機材みたいで、大腸癌のカメラetc   昔は全てを診れなかったみたいですね。    家電や車、様々な機械はすごい速さで進歩していることを考えれば、当然なのかなぁと。   人間の肉体は間違いなく、ここ50年…進化していませんよね、逆にアトピーやアレルギー体質のお子さんが増えている現状もあり、免疫に関係する腸にスポットがあたってますよね。   NHKためしてガッテンでも腸内フローラ特集が放映されたり、メディア腸内環境が話題になったのも、ここ最近です。   ちまたでも美腸○○コース、腸活ダイエット、免疫力アップとか色々と目に入ります…効果は別として。   本来は炎症など複雑に絡み合うので、腸に限らず内臓は色々な不調に関係するんですが、多くの人は筋肉・骨格などの目に見える部分にとらわれる傾向…   だから目に見えない内臓は症状に関係するなんて、一般的に考えないわけです。   クライアントと同じレベルの考えや視点、情報量ならセラピストじゃないし、痛い部分を揉めば何とかなる、姿勢が悪いから不調になる…そんなの日本昔ばなしレベルです。笑   ちまたに一般アルアルですが、腸に良いと思い、発酵食品やヨーグルト、納豆を食べるけど…   なんら効果は感じず、下痢するし、お腹の調子がよくならない、そして過敏性腸症候群である…   などの85%がSIBO(シーボ) 小腸内細菌増殖症が関係すると現在は言われてます。   安易に腸内細菌を増やすのではなく増殖を疑う余地あり、ですね。   何事もバランスとタイミングが大切で、カラダの中から元気になりたい方、生き急いる方もお気軽にご相談ください。   ちなみに人生相談は有料です。         僕も生き急いるので。笑