善玉菌をを斜めから見てみる
 
カラダに良いと言う理由で、日課のようにヨーグルトや甘酒、麹類、納豆、乳製品など何かしらの発酵食品をとられている方は多いと思います。
 
TVからSNS、雑誌、NET広告などもよく見かけるし、「腸が関係する記事」見ない日は無いくらい。
 
 

 
 
今、まさに腸活ムーブメントブーム。
 
僕ですら錯覚してしまいそう。。。
 
多くは「善玉菌」を増やして悪玉菌を減らし、カラダの中から健康にと考えておられる方が大半と思います。
 
おとぎ話で例えれば、善玉菌はヒーローでいわゆる「桃太郎」、悪玉菌は必然的に「悪事を働く鬼」
 
 

 
 
悪い鬼を成敗しなければ物語は成立しません。
 
 
一般に腸内環境は菌の花畑にたとえられ「腸内フローラ」と呼ばれており、この言葉だけを聞くとメルヘン全開。
 
 

 
 
毎日、ヨーグルトや甘酒、麹類、納豆、キムチ、乳製品など食べているから善玉菌が増え、体調万全のハズ・・・
 
しかし、実際はアレルギー症状が出るor止まらい、お腹がゆるい、腹部の膨満感、身体の倦怠感なんかは意外と多いんじゃないでしょうか。
 
こんな場合は「シーボ」も疑う必要があり。
 
※善玉菌を取り込み過ぎて、腸内細菌バランスが崩れることを「シーボ=腸内細菌増殖症」と呼び、簡単に言えば腸内に炎症が起こっている状態。
 
うちのクライアント様でも「腰痛・股関節の違和感・太モモ裏の歩行痛」etc…
 
シーボに関係した症例がたくさんあり、そこをセラピストが理解してないと症状の改善は難しいでしょうね。
 
善玉菌と悪玉菌に限らず、「食事もバランス」が重要で取り過ぎも良くないし、カラダには悪玉菌も最低限は必要。
 
腸内環境って少し勉強したくらいだと、逆に悪影響を与える場合が多く、原因も調べず安易に腸セラピー等を行っても腸内の炎症は治まりませんので、自己判断のセルフケアもお薦めしません。
 
闇雲に痛い部分をモミモミ・ゴリゴリするのではなく、セラピストなら何が原因?なのかを調べて、施術することが大切ですよね。
 
 

 
 
お腹の調子が気になる方、ご相談くださいませ。
 
 
 
《業務連絡》
うちの生徒へ・・・小腸に関係する筋肉を明日、セミナーで質問しますので「秒で」お答えください

久しぶりに書きます。
 
つい先日も無事に終わった9月のterakoyaセミナー
 
 

 
 
ここ3ヶ月は内臓やホルモンの働きから関連性なんかを、少し掘り下げて伝えてました。
 
何事も「基礎」が大切ですし眠くなるけど、いずれ必ず役に立つ
 
 

 
 
資料を作りながら、僕自身も忘れていた部分を再発見できたり、まさに成長期です。
 
わんぱくです。
 
思春期です。
 
言い過ぎました。
 
今が思春期なら…
 
とっちゃん坊やです。
 
でもね、生徒さんがお腹いっぱいになるセミナーにしてますので、まぁ良しとて。
 
整体が溢れかえる現代で、猫も杓子も少し習えば、整体師やセラピストでございます!
 
と名乗れる今って、ある意味、乱れた腸内環境と似ています。
 
 

 
 
腰痛でも首肩コリや背中のハリ、違和感etc…
 
どこ行っても効果が感じれない、すぐに痛みがぶり返す、病院で検査してるけど、何もでない!でも調子が悪い…
 
なんて方は間違いなく、腸内環境も怪しいですね。
 
少なくみても6割は上記の症状に、腸内環境も関係しています。
 
それは何故、腸内環境と筋肉(症状)が関係するのか?
 
 
カラダに悪いモノをたくさん取る
    ↓
腸で栄養を吸収する
    ↓
その栄養を筋肉に送る
    ↓
毒素が筋肉に回る
    ↓
筋肉は疲れやすくなる、回復出来なくなる
    ↓
 トラブル発生
 
 
 
 
 
「内臓と筋肉の関係性」 何となく、ご理解いただければ幸いです。
 
セラピストでは当たり前だのクラッカー的な知識ですが、お客様は専門家ではないので、わからない。
 
だからこそ、しっかりお伝えする必要があります。
 
wat51のお客様は僕が責任をもって対応しますが、かかりつけがあれば一度、聞いてみるの良いかと。
 
筋肉や骨ばっかり追いかけても、回復の兆しが見えない方は「実際数」多いですからね。
 
次回は最近、担当させていただいた症例を書こうと思います。

去る6月24日は楽しみにいしていた、横浜CBSセミナーでした。
 
今回のテーマは「十二指腸~小腸~腸内細菌バランス」
 
腸内細菌においては2~3年後くらいに一般的に広まるであろう、SIBO(シーボ)小腸内細菌増殖症の内容もあり、目からウロコ。
 
 

 
 
かなり先進的な内容に、ご満悦のワシでした。
 
この辺を学ぶと、不調改善というカテゴリーの中で、点と点だと理解しにくい症状でも、線につながる事が多いんですよね。
 
セミナーの中で、少し面白い観点のお話がありました。
 
現代医学の中で人の技術って、そこまで進歩していないっていう話…
 
進歩しているのは医療の機材みたいで、大腸癌のカメラetc
 
昔は全てを診れなかったみたいですね。 
 
家電や車、様々な機械はすごい速さで進歩していることを考えれば、当然なのかなぁと。
 
人間の肉体は間違いなく、ここ50年…進化していませんよね、逆にアトピーやアレルギー体質のお子さんが増えている現状もあり、免疫に関係する腸にスポットがあたってますよね。
 
NHKためしてガッテンでも腸内フローラ特集が放映されたり、メディア腸内環境が話題になったのも、ここ最近です。
 
ちまたでも美腸○○コース、腸活ダイエット、免疫力アップとか色々と目に入ります…効果は別として。
 
本来は炎症など複雑に絡み合うので、腸に限らず内臓は色々な不調に関係するんですが、多くの人は筋肉・骨格などの目に見える部分にとらわれる傾向…
 
だから目に見えない内臓は症状に関係するなんて、一般的に考えないわけです。
 
クライアントと同じレベルの考えや視点、情報量ならセラピストじゃないし、痛い部分を揉めば何とかなる、姿勢が悪いから不調になる…そんなの日本昔ばなしレベルです。笑
 
ちまたに一般アルアルですが、腸に良いと思い、発酵食品やヨーグルト、納豆を食べるけど…
 
なんら効果は感じず、下痢するし、お腹の調子がよくならない、そして過敏性腸症候群である…
 
などの85%がSIBO(シーボ) 小腸内細菌増殖症が関係すると現在は言われてます。
 
安易に腸内細菌を増やすのではなく増殖を疑う余地あり、ですね。
 
何事もバランスとタイミングが大切で、カラダの中から元気になりたい方、生き急いる方もお気軽にご相談ください。
 
ちなみに人生相談は有料です。
 
 

 
 
僕も生き急いるので。笑

こんばんはきむらです。
 
昨日の腸活にも重要な役割をもつ、タンパク質…
 
僕はプロテインで補給も心がけてますが、朝食には卵を必ず食べます。
 
どんだけタンパク質が好きなん?と突っ込まれそうでうですねw
 
で、今日は栄養学的な話は抜いて、ピュアに「卵の黄身」について。
 
スーパーで販売されている卵の黄身の色は、オレンジ色から朱色が一般的ですよね。
 
普通に考えれば、黄色い身だから黄身、白い身だから白身。
 
しかし、、、オレンジ身とか朱身になってることに疑問はないですか?
 
スーパー等で販売されている卵は、この卵の定義から外れてしまっている。
 
意外と気づいていない方が多いと思います。
 
鶏の口にしている物で卵の黄身はどんな色でもコントロール出来るそうです。
 
極論、黒い絵の具を食べさせれば黒身になり、青い絵の具を食べさせれば、青身になる…
 
………………………………
 
………………………………
 
君…いや黄身じゃないですね。
 
色を濃くする事によって、味や栄養が濃いように思わせる手法で、色の濃淡で味や栄養が変わる訳ではありません。
 
この情報は個人の養鶏場を営む方?うーむ定かではありませんがSNSの記事が元ネタで核心についてると思います。
 
まぁ基本、大企業は流通量が重要で個人の健康なんて関係ないですからね。
 
カラダにピース…原液で飲めませんよね?あきらか身体に良くない。
 
水で薄めると味覚的に程良くなり、美味しいので、そこまで不健康ではないと勘違いする。
 
よく、生きた菌が腸まで…そんなフレーズは誰もが一度は耳にしたことがありますが、生きた菌が腸まで届いて、そこで増殖するということは普通はないそうです。
 
それは実験でも検証済。
 
https://bit.ly/2fCgeRI
 
今後もこのブログを読んだ方が情報弱者にならないよう、発信出来ればと思います。

こんばんは木村です。
 
木村流…腸活…
 
僕が言うと物凄く、ストイックそうに聞こえますよね。笑
 
世間一般でセラピストは身体に良い事しかしないんじゃないか?
 
そう思われてる方も多いと思います。
 
はい。確かにそういう方も存在します。
 
一直線にカラダに向き合う。
 
世の中、コンパスなんていらねーよ。三角定規だけで十分足りるぜ。尖って行こうぜぇ的なね。
 
 

 
 
セラピストに限らずパーソナルトレーナーの方も多いんじゃないでしょうか。
 
しかーし!僕はそのグループにそぐわない人間です。笑
 
お酒大好きですしww
 
実際、ぼくも常にバランスの取れた食事をしている訳でなないので、必要最低限はサプリで補ってます。
 
飲んでるサプリ
 
1、オメガ3(体内の炎症を抑えます)
 
2、ビタミンA・B・C・E(最低、Cは摂取したいですね)
 
ちなみにビタミンAとEは脂溶性なので毎日摂取すると内臓に負担がかかるので調整しながら。水溶性ビタミンの場合、半分はすぐに体外に排出されるのでかなり摂取します。
 
3、なるべくお菓子は控える(いただき物は有り難く食べます笑)
 
4、お水をこまめに飲む(体液循環の助けに)
 
5、プロテインをおやつ代わりに飲む(タンパク質の摂取)
 
6、寝る前は糖質(お菓子・ご飯・めん類・パン類)を取らない
 
寝る前に糖質を摂取すると睡眠の質が確実に悪くなります。何度も何度も、これでもか!ってくらい実験済。笑
 
あれダメ、これダメって言うのは簡単で、誰にでも言える。
 
合わないモノに耐性をつけていく事が一番ですよね。
 
あ…ストレス因子も腸に悪いので定期的に自分自身で調整(施術)して相殺します。
 
ストレス溜まる→内臓疲労する→筋肉が固まる→痛くなる…まぁこんな順序です。
 
 

 
 
ストレスって目にみえないモノで、調整できないって思ってる方も多いし、その場のスッキリ感に惑わされる場合が多いですが、ホントの不調改善って見えない部分の調整なんでね。
 
いつの間にか楽になった的な。
 
そんな事も含め今月の17日から始まるwat51セミナーで伝えていきたいと思います。
 
 

 
 
残席2名分あり、ゼロから勉強したい方、お気軽にご連絡くださいませ。

こんばんは木村です。
 
みなさん、花粉症やアレルギーをどのように考えてますか。
 
 

 
 
免疫は身体の中に入ってきた異物を排除するシステムで、アレルギー反応って侵入した異物を排除するシステムが過剰に反応しているんですよね。
 
免疫も全てが解明されてるわけではないですが、免疫システムは15歳までに出来上がり、20歳を超えると、免疫力は落ちていくと言われてます。
 
僕も常々お客様にはお伝えしてますが、免疫細胞の70%は腸にあり、いかに内臓が大切か何となくですが、伝わったら嬉しいです。
 
でまぁ免疫力が下がると…
 
・ウィルス・感染症(インフルエンザ)などにかかりやすくなる
・肌が荒れる
・アレルギー症状(花粉症・アトピーなど)が生じやすくなる
・下痢をしやすくなる
・疲れやすくなる
 
じゃー免疫力を上げれば良いじゃん!と考えます。
 
「上げる」という事はカラダに良いモノ・事をしよう的に考えます普通…
 
まぁ花粉症の場合、薬で対処とかね…
 
 

 
 
大切なのはどんなに腸に良いとされる食事や運動をするよりも、まずナゼ免疫力が下がっているのか?を調べることじゃないですかね。
 
腸に悪いことをしながら、腸に良いモノを食べる…効果半減…むしろそれ以下…というとこでしょうかねw
 
ここポイントで間違えないで欲しいとこです。
 
美味しそう・キレイ・可愛い・素敵・良い香りetc…これは脳で判断しますよね。
 
 

 
 
カラダに対して、良し悪しを認識するのは脳ではなく「腸」なんでね。
 
自分で良いと思い込んでたモノでも、実は合ってない…よくあり、それが不調としてあらわれたりね。
 
アロマオイル、水晶ブレスレット、サプリ、柔軟剤から食べ物まで全て相性があります。
 
相性を判断して欲しい場合、ご持参くださいませ。5秒でわかります。
 
横浜で学ぶようになり、アレルギーや花粉症の改善もお手伝いできるようになりましたん。
 
カラダの中からメンテしたい方、お気軽にご相談ください