先日、お客様からお酒の量を飲んでないのに二日酔い?みたいになりやすい・・・

そんなお話があったので、水の重要性について。

先ず、お酒を飲めば必ず脱水になることを覚えておいてください。

あくまでセラピスト目線の考え方ですが先人の知恵なのか、和らぎ・チェイサーという、お水は何となく腑に落ちる。

日頃から水を殆ど飲まない人は、不調やトラブルを抱えてる人が多い。

たまに遭遇する方で「コーヒー、お酒しか飲まねよ」って方がいますが、死にはしないけど好調には程遠いコンディションで過ごしてるでしょうね・・・

優しさ込めてお大事に

人間の身体は構造的に「水と膜と脂」で構成されている。

そして内臓は間膜という膜で包まれており、筋肉は皆さんご存知の筋膜、骨の周りには骨膜。

その膜と膜は、僕らが日常生活や運動することで擦れ合い、当然ながら摩擦が起きる。

その摩擦をスムーズにするため潤滑油みたいな脂があり、そのお陰で激しい運動しても膜に守られ損傷しない。

でも今日は膜よりも脂質よりも「水分」をフォーカスして。

水は生きていく上で重要なモノ。

人体の55%~65%は水分で血液が脳や内臓、そして筋肉が動くために必要不可欠な成分。

サッカー選手がコート上で足の痙攣して倒れてる姿、見たことありませんか?

いわゆる脱水状態で起こる症状で、脱水が筋肉に影響することが容易に理解できます。

そして体内に入ってくる水が少ない場合、排出するためのデトックス(解毒)も上手くいかない。

そうなれば体内に貯まる訳です老廃物。

身体に良いモノを摂取することも大切ですが、肝心の排出が上手く行ってないと効果はない。

こんな時代ですからTVやSNSに踊らされないように、ご自身も学びながら選定する必要があるのではないかと考えます。

よくスピリチュアル系に間違われますが、人体の生理学や構造を理解していないと結果は伴いません。

 

人は神経伝達により、自由に動き、会話して、生きています。