免疫力
 
身体の60~70%くらいが水分といわれてます。
 
 

 
 
水は、生きるために欠かせないモノ
 
災害時でも真っ先に水を確保するくらい大切なライフライン
 
寒い時期は、乾燥肌や静電気でバチッと指が痛かったり、風邪も引きやすくなり、ギックリ腰、腰痛の悪化もよく耳にします。
 
 
なぜでしょうか・・・
 
 
夏は、気温と発汗もあり水分補給を心がけてる人は多い。
 
 
寒い時期になると「喉も渇かない」ので水分摂取をおろそかにする方って意外と多い。
 
 
寒い時期に足、、、浮腫やすくなりませんか??
 
 
尚も言いますが、身体って60~70%くらいが水分。
 
 
例えば、激しいスポーツで脱水症状になった場合、疲労と脱水で筋肉が痙攣をおこします。
 
 
もちろん足がつれば激痛です。
 
免疫に例えると、水分が足りていない身体は、血液だってドロドロで循環がうまく行かなくなる。
 
 
①血液循環がうまく行かない
②老廃物流れにくい
③免疫力が下がる
④風邪をひく
 
 
免疫力を上げるには、身体に良いとされる食事も大切ですが、基本のキである「お水」も大切ですよ!
 
「免疫力を上げる・美腸・代謝UP」溢れている情報を鵜呑みにせず、小さいことからコツコツと叶えて行きましょう!
 
 
ちなみに最近は、自閉症スペクトラムの回復を栄養療法をもとに行った医師の本が愛読書です。
 
遺伝子・免疫力・代謝・・・
 
頑張って読んでおりますが・・・
 
辛い、、、(笑)
 
 
 
 

 
 
 
 

こんにちは wat51 木村です。
 
 
今日から3月がスタートしましました。
 
 
コロナウイルスの話題で持ち切りですが、こまめな手洗い、うがい、マスクの着用、不用意に顔を触らない、外出時は手袋なども予防に有効ですね。
 
 
もう一点、大切なことは【免疫力の低下】を防ぐ!
 
 
慢性的な疲労や感情ストレスは、免疫力を低下させます。
 
 
免疫力を上げると言い視点も大切ですが、まずは下がっている「自然治癒力=免疫力」を取りもどす事が大切と感じています。
 
 
免疫力や回復力にご興味がある方に向けて、近日中にブログに書きたいと思います。
 
 
さぁ3月も頑張りましょう!
 
 
◆◇◆3月のお休み◆◇◆
1日(日曜日)
2日(月曜日)
10日(火曜日)
17日(火曜日)
24日(火曜日)
31日(火曜日)
 
 
臨時休業などございましたら、随時 お知らせいたします。

友人がSNSで見つけた鮪丼・・・
 
 
普段は、海鮮丼系はあまり食べませんが・・・
 
 
なぜか、無性に食べたい気持ちになり、いざ出陣。
 
 
突撃となりの晩御飯でお馴染みの、ヨネスケさんほどの「勢い」もない。
 
 
「海の宝石箱や~」でおなじみの彦麻呂さんほどの表現力ももない。
 
 
そんな葛藤しつつ入り口のドアを開け、すぐさま着席。
 
 
カウンター席を含めて20席、あるかないかくらいでしょうか。
 
 
女性スタッフが「お好きな席にどうぞ~」優しい声でご案内。
 
 
これぞジャパンのこころいき
 
 
私も2億4千万のエキゾチックな笑顔で会釈をお返し。
 
 
一直線に端っこのテーブル席に着陸。
 
 
なぜか、端っこや隅の席が落ち着く自分に、偏ってんな~と改めて思う。
 
 
メニューを見渡すと・・・
 
 
ん・・・
 
 
 
 

 
 
 
 
一本勝負・・・
 
 
サムライの心意気を感じます。
 
 
武士道精神ともいうべきなのでしょうか。
 
 
待つこと数分・・・
 
 
 
 

 
 
 
 
きたきたきたーっ!
 
 
ものの数分で完食、美味しゅうございました。
 
 
皆さんは、ゆっくり良く噛み食べましょうね。
 
 
噛むって大切なことで脳に刺激を与え、消化液を出す準備をさせる→胃の負担減◎
 
 
ゆっくり食べることで急激な血糖値の上昇を抑える→内臓の負担減→肥満防止◎
 
 
何気ない行動と内臓×筋肉×不調
 
 
意外と関係があるんですね~
 
 
人間は食べたモノで作られます。
 
 
「本鮪丼 なかばやし」 ランチにおすすめ♪
 
 
新潟市江南区砂岡5丁目8-62
 
 

骨盤の歪み

足の長さのウソと本当
 
 
〇〇さん、左右足の長さが違うので調整しますね。
 
 

 
 
この業界では、当たり前のように使われている「フレーズ」です。
 
 
今後、多くの方が大切な時間とお金を使い、悲しい気持ちにならないように、足の長さについてお伝えします。
 
 
1、ベッドに寝る
2、足首(くるぶし)を見比べる。
3、足の長さが違います。
よくあるパターンです。
 
足の長さって「見かけだけ長い」人も実は多いんです。
 
足の長さ、骨盤、背骨の歪みを見るには、専門的な検査(複数のテスト)が絶対条件。
 
過去に骨折されている場合も 足の長さは変わります。
 
骨って足~骨盤~背骨~頭までつながっており、どこかの骨が歪むと、どこかでバランスを取ります。
 
足の長さが変わったように見えるケースが多い。
 
 
 
経験から言うと順番として・・・
 
1、何らかの不調がある
 
2、筋肉が緊張する
 
3、結果として骨盤が歪み、足の長さ変わるパターンは多いと感じてます。
 
次に足につながる骨盤です。
 
 
 
 

 
 
 
 
車の運転は、ぶつかってからハンドル回しません。
 
歪むから痛くなる? いやいや「痛いから」姿勢が変わり歪むんです。
 
この違いは、大きい。
 
今は、良いも悪いも本当に情報が溢れており、情報弱者にならないためには、自分で識別する知識も必要になると思います。
 
心配な方いつでもご相談くださいませ。

人のイメージから考えてみる。
 
 
初めて会う人に対して、15秒で第一印象が決まると言われています。
 
 
人の印象は声、表情、動作など目と耳からの情報が大半を占めます。
 
 
五感のうちの2つです。
 
 
 
 

 
 
 
 
私自身も職業柄、お酒もホドホド、常に健康的でバランスの取れた食事、お菓子なんて食べなさそう・・・
 
 
そう見られることも少なくありません。
 
 
お客様のお心遣いで、「おやつにどうぞ」とお土産をいただく事があります。
 
 
先日もお客様が、申し訳なさそうに・・・
 
 
 
 

 
 
 
 
もちろん有難く頂戴しましたが、職業の印象って、改めて脳内イメージとして残ると感じた次第。
 
 
今回は良い例ですが、人って良くも悪くも脳内イメージが残ります。
 
 
悪い例でいうと、過去の衝撃的な光景、怒鳴られたりすると、脳の奥底にポートレート(写真)のように残り、実は継続的なストレス反応を起こしています。
 
 
例えばイラク戦争から帰還したアメリカ兵が多数のPTSD(ストレス障害)が発症し、日常生活にも支障をきたしている人も多い。
 
 
もう戦争は終わってるいるのに、今戦場にいるわけでもないのに・・・
 
 
凄惨な光景が脳内イメージに残ること、想像に難しくありません。
 
 
しかし、戦争から帰還した兵士全員がストレス障害を発症するわけではありません。
 
 
なぜか?
 
 
それは、ストレスを受けやすい人、受けにくい人がおり、調べることが可能でして、話が広がり過ぎるので折を見て。
 
 
ところで私たちは、どこでストレスを感じると思いますか?
 
 
五感の中でも目と耳から入ってくる情報は、とても重要と冒頭で書きました。
 
 
悲しい映画を見て、切なくて涙が流れたとします。
 
 
無音では、臨場感を感じずらいのではないでしょうか。
 
 
シーンに合わせたBGMがあってこそ、私たちは映画の世界観に浸ります。
 
 
そして結果として、感情に変化が起こり涙します。
 
 
「目からの映像、耳から音」ほとんどの情報を得て、脳が認識して涙がでる。
 
 
身体の不調も同じで、目や耳からの情報が「主なストレス源」であり、ここから始まるといってもよいくらい。
 
 
 
 

 
 
 
 
自律神経系を過敏にさせたり不安定になり、筋肉がトラブルを起こすことは珍しくありません。
 
 
当たり前ですが目や耳も神経を通じて、脳~筋肉すべてにつながっています。
 
 
次回は、なぜ私が施術で目や耳を使うのか?書きたいと思います。

こんにちは wat51 木村です。
 
 
今日から2月がスタートします!
 
 
まったく雪が降らない異常気象。
 
 
嬉しい反面、ドカ雪が降らないこと願うばかりですね。
 
 
色々とコロナウイルスで毎日騒がしいですが未然に防ぐには、
 
 
こまめな手洗い、うがい、マスクの着用意外に・・・
 
 
【疲労やストレスやをため過ぎない】意外と大切です。
 
 
疲労を感じる方は、メンテナンス時期かも知れませんね。
 
 
さぁ2月も頑張りましょう!
 
 
 
 
◆◇◆2月前半のお休み◆◇◆
4日(火曜日)
9日(日曜日)横浜研修のお休み
10日(月曜日)セミナー開催の為お休み
16日(日曜日)セミナー開催の為お休み
臨時休業などございましたら、随時 お知らせいたします。
 
★11日(建国記念の日)は営業しております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明けましておめでとうございます。
 
 
昨年も多くのお客様に支えていただき、無事に終えることが出来まして感謝申し上げます。
 
 
令和元年 11月25日をもちまして、9年目という節目を迎え令和2年も、おひとり一人の健康と笑顔を作るため、より一層邁進いたします。
 
 
どこへ行っても改善しない不調、慢性的な腰痛の8割は感情ストレス影響が大きいことも判明し、学びました。
 
 
また、理解しやすいようにお伝えしていければと思います。
 
 
 
 
《お知らせ》
 
 
※本年より毎週火曜日が定休日になります。
 
 
※1月と8月を除く毎月、第二日曜日は「脳科学、頭蓋骨調整セミナー」参加の為、お休みとなります。
 
 
お間違えの無いようご理解の程、お願い申し上げるともに本年もどうぞよろしくお願い致します。

ヨガの世界ではトラウマは横隔膜や大腰筋(重要なインナーマッスル)に溜まると言われています。
 
 

 
 
悩んだり、塞ぎこむほど辛い出来事があると腰が痛くなる事は多い気がしますがそんな経験ありますか?
 
 

 
 
それとも単純に腰の筋肉が悪い、ヘルニア、坐骨神経痛などが原因と局所的な考えですか?
 
 
「木を見て森を見ず」という有名な言葉があります。
 
 
決して悪いわけではありませんが、腰にクローズアップし過ぎているかもしれませし、腰ばかりクローズアップして目を凝らすと身体全体が見えません。
 
 
心身一如と言われるように、心と肉体はつながっています。
 
 
何か辛い悩みを抱え込む姿は、腰痛とよくにています。
 
 
ではストレスを抱え込むと人の身体では、どんな事が起こるでしょう?
 
 
 
1、交感神経のスイッチが入る(戦闘モードです)
 
2、戦闘モードの時間が長いと免疫力が低下します。
 
3、免疫力が低下すると体内に炎症が起こります。
 
4、炎症が起こると痛みを感じ、また交感神経のスイッチを入れる悪循環がおこります。
 
 

 
 
一見、無関係にもみえる感情ストレスですが、様々な不調に関係することが少なくはありません。
 
 
もし、腰の筋肉やヘルニア、坐骨神経痛を犯人にしていたら永遠に負のスパイラルに陥るかもしれません。
 
 
私たちは日々、感情のもとに生きています。
 
 
お腹がすけば食事をとり、日々の生活を豊かにするために働き、疲れを取るために眠る。
 
 
美味しいの食べたい、○○が欲しいな、今週は残業が多かったかたゆっくり寝たいetc
 
 
そこには全て感情があります。
 
 
筋肉や骨の歪み、神経だけでなくココロという角度からも、お一人ひとりの問題の解決につなげたいと考えてます。

こんにちは木村です。
 
 
初夏と梅雨を同時に感じるこの季節…
 
 
ジメジメして、少し苦手です。
 
 
日中に限らず就寝中も汗を出し、人は体温調節をおこなっています。
 
 
こまめな水分補給が必要な時期になりましたので、ご留意くださいませ。
 
 
お茶類、コーヒー、清涼飲料水は、水分補給にカウントしません。
 
 
また飲み過ぎも、ミネラルバランスを崩すため何事もバランスとタイミングですね。
 
 
◆◇◆◇◆7月のお休み◇◆◇◆◇◆
1日(月)
8日(月)
14日(日)研修のためお休み
22日(月)
29日(月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

先日、嬉しい口コミをいただきました。
 
 
真面目に生きていると、良いこともあるもんだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
「この技術、知識にお任せしたい」
 
 
あらゆる角度から掘り下げ過ぎてマニアック
 
 
4年ほど前から定期メンテにご利用くださってる方も 「先生は信頼してるけど、この方法は信じてない」と笑いながら言われる。
 
 
シンプルな方法(揉むほぐす)が理解しやすいのは、重々に承知してます。
 
 
しかし、逆を返せば誰が見てもすぐに理解、実践できるような方法で完結できるなら、専門職とは呼べない気がする。
 
 
他の職業でも、突き詰めるほど奥が深い。
 
 
専門を名乗るには、裏打ちされた知識と技術があるからこそ、世間から職人と呼ばれるのであり、僕は職人でありたい。
 
 
人は、身長体重、職業、好みや考え方が違えば「日常のくせ、体の使い方、食事」全て変わり、マニュアルなんて意味がない。
 
 
「頭痛の時は、このツボ〇〇を押してください」なんて記事は、一生書きません。
 
 
 
 

 
 
 
 
頭痛や腰痛の理由なんて十人十色、それぞれ違う理由があり、感受性が豊かな方ほど繊細になります。
 
 
今後もオーダーメイドを心がけ、自分自身を高めて生きたいなと。
 
 
「とにかく痛い部分の筋肉を緩める」方法が多いようですが、これはイチかバチかの方法でおすすめしません。
 
 
お手当ではなく、生理学的に見る、神経学的に見る、解剖学的にも見なければなりませんね。
 
 
今日もブログをお読みいただき有難うございました。