HSP

こんにちは新潟CBS整体 木村です。
 
頭痛が辛いと相談される方もたくさんいます。
 

 
頭痛には、脳卒中や脳腫瘍などの病気で起こるものと、MRIなどの検査をしても問題ない、原因のわからない頭痛があります。
 
片頭痛や緊張性頭痛はよく知られていますね。
 
疲れ・ストレスで筋肉が硬くなって頭が締め付けられるように感じたり、こめかみや目の奥が痛いなど…
 
一般的な整体では、肩こり、眼性疲労、姿勢、骨の問題などが原因と言われることが多い。
 
しかし、ある日いきなり姿勢が悪くなったり、骨が歪むでしょうか?
 
急にお腹が痛くなれば背中が丸まり姿勢が悪くなります。
 
悩み・ストレスが長く続くと元気がなくなり、ふさぎ込んで猫背になることは想像しやすいですよね。
 

 
新潟CBS整体では「ストレス」というキーワードを重要視しています。※本当は調べる項目がたくさんあるけど、まとまらないので…
 
そもそも、ストレスって「どこで感じてる」と思いますか??
 
脳エクササイズになるので考えてください。
 
 
………………………………………………………………………
 
 
………………………………………………………………………
 
 
答え…………………………………
 
 
♡マークのココロの臓器、心臓
 
ではありません。
 
 
 
 
実は、ストレスって脳で感じています。
 
 
では脳はどこからストレスの情報を受け取るの?
 
人のストレスは、目と耳からの情報が80%以上といわれており、五感のなかでも視覚と聴覚はキーポイント。
 

 
HSPではない人がまぶしくない光、気にならない音でも私たちHSPは、感受性が強いためストレスとして認識してしまうことがよくあり、音や光に過敏に反応…HSPあるあるです。
 
そのほか家族や恋人、会社の上司など人間関係のストレスも見逃せません。
 
私たち人間は、日々なにかしら人から感情を受けとり、自分も感情を表現しながら生きています。
 
心地良い=快 と 嫌な気持ち=不快 
 
この間を行ったり来たり生きています。
 
美味しいモノを食べたときや、ふかふかのベッドは心地良いですよね?
 
苦手な人が傍にいると緊張したり、怒られたりすると不快な気持ちになります。
 
ここで頭痛に戻ります。
 
なぜ人間関係のストレスで頭痛が起こるのでしょうか?
 
私たちの感情は脳で感じています。
 
前回のブログでも自律神経について少し書きましたので、ご覧ください。↓↓


 
幸せな気分なときは、セロトニンなど(幸せホルモン)出て心地良い気分で過ごせます。
 
不快や恐怖を感じたときは、アドレナリン(闘争・逃走ホルモン)が出て交感神経の働きを強め、運動・仕事の覚醒モードのスイッチが入ります。
 
戦うにしても、、、
 
battle
 
 
逃げるにしても全力です。笑
 

 
アドレナリンは、心臓に血液を集めるために血管を収縮させて危険に備えるため、首~肩の筋肉の血流が減って筋肉の老廃物を外へ出せなくなり筋肉が固まってしまう。
 
これが慢性的な首肩こり、緊張性頭痛といわれる正体だったりします。
 
ストレスが続けば、誰だって緊張が抜けにくくなり、疲れやすくなります。
 
私の経験上、HSPの人は無意識の緊張が強く、痛みや違和感に過敏な人が多い。
 
無意識の緊張を下げてあげると、あら不思議…頭痛や違和感がスッと消えたりします。
 
痛い部分を揉んだり、ほぐしたりすると一時的には改善したように感じるが、くり返す。
 
頭痛でもHSPでも外側の皮(筋肉や歪み)ではなく、本質的な「実の部分」を見て感じることを今後も大切にして結果につなげていきたいですね。
 
音や光に敏感、ストレスに過敏、いつも疲労感が抜けないetc…
 
HSPについてのご相談・お問合せはトークするボタンからご利用ください。
 
 

前回は、自律神経と外部ストレスに対するアンテナの感度ということを書きました。
 
 
外部ストレスにが追いつかない時、自律神経系にエラーが起こり「ダルさ、やる気が出ない、眠くなる、頭痛」などの不調が現れると…
 
 
30年前に比べたら温暖化により気温や気候、湿度等も変化、食生活や環境ストレス(電磁波を出すスマホ、PC)働き方の変化によるストレス増加、そして電化製品も目覚しく進化していますが、わたし達の肉体は進化していません。
 
 
そう言った意味で現代って、自律神経系にエラーや内臓疲労が関わる不調が起こりやすい環境なんだと思います。
 
 
食事だって、いつでも・どこでも美味しいモノが食べれる時代です。
 
 
ファミレス、コンビニ弁当、カップ麺など美味しいモノ、好きな食べ物が体に良いとは限りません。
 
 
かと言ってゼロにする必要もないし、要はいい塩梅(あんばい)にしておく。
 
 
食べたモノが体を作ると言われるように、ジャンク食ばかりたべていれば内臓だって疲労する。
 
 
特にマ〇クのポテトとか塩加減が絶妙によい塩梅…(笑)
 
 
内臓が疲労すれば、筋肉に栄養を送れなくなる。
 
 
筋肉が栄養不足になれば、そりゃあ痛みだって起こる。
 
 
痛い部分だけクローズアップで見つめてしまうと、周りが見えなくなります。
 
 
 
 

 
 
 
 
この画像だと何だかわかりません。
 
 
俯瞰して離れて見ると、全体像がなんとなく見えてくる。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして点と点をつなげると一つの形になる。
 
 
 
 

 
 
 
 
私は、いつもこんな感じで見ています…
 
 
だから患者さん?マークがつく(笑)
 
 
筋肉だけ一点見つめると筋肉しか見えません。
 
 
人って骨を筋肉が支え、内臓が筋肉に栄養を送り、自律神経が消化・吸収させて生きています。
 
 
すべては、どこかでつながる。

最近は、季節の変わり目ということもあり「ダルさ、やる気が出ない、眠くなる、頭痛」など起こりやすい時期でもあります。
 
 
なぜ、季節の変わり目で体調が変化するのでしょうか?
 
 
・寒ければ震えて体温を上げ、暑ければ汗をかき体温を下げる。
 
 
・寝る前に食べても勝手に消化して、う〇こになる。
 
 
・悲しい時は、涙を流して感情をコントロールする。
 
 
これら全て自律神経が心と体を全自動でコントロール。
 
 
感情ストレスが免疫力や不調に関係する理由がここにあります。
 
 
複雑にできている人間の心体をフルオートで調整する優れた機能ですが、実は個体差がある。
 
 
だからこそ、季節の変わり目でも何にも不調がでない人もいる。
 
 
自律神経の個体差って簡単に言えばストレス感度を計測するアンテナ
 
 
 
 

 
 
 
 
「音・光・寒暖差・対人ストレス」などの外部ストレスに敏感な人ほど、色々な情報を拾いやすく影響が出やすいと私は認識しています。
 
 
そんな方は、外部ストレスに対するアンテナが敏感なんです。
 
 
花粉症などアレルギーも自律神経が関係してますからね。
 
 
とまぁ…今日はここまで!

こんばんは木村です。
 
今日、慢性的な頭痛で週4回くらい頭痛薬を飲まれてた方。
 
 
 
 

 
 
※画像はあくまでもイメージです。
 
 
 
 
3回目の施術が終了後…
 
 
慢性的な頭痛は収まり、薬いらずで違和感くらいに変化しましたと言っていただきました。
 
 
そこにやり甲斐を感じますし嬉しいですね。
 
 
 
 
しかし、薬の服用回数、それも1ヶ月や2ヶ月ではない。
 
 
当然ですが初めて触診した時は足・腕・顔・首…どの部分も触れるだけで顔をしかめるくらい、痛みがありました。
 
 
市販の頭痛薬でも服用期間が長いと肝臓が疲労して内臓疲労→リンパ液の停滞→筋肉の栄養不足や→不快な症状がおこる。
 
 
不調改善に一撃必殺はありません。
 
 
ちなみに薬って毒をもって毒を制す的な部分もあると思います。
 
 
慢性的に不調の方って自分で色々と調べ施術を受けるけど、改善されない…
 
 
そんな中でジレンマや葛藤が生まれ、しだいにどれが真実なのか?情報難民みたいになるんでしょうね。
 
 
今後も正確な情報と的確な施術を提供して行きたいと思います。